コンテンツマーケティングの考え方と手法

現代のWebマーケティングに欠かせない手法

コンテンツマーケティングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
Webマーケティングを学んでいく上で、コンテンツマーケティングという言葉は外せないほど、現在のWebマーケティングには欠かせない手法となっています。
インターネットやスマートフォンの普及により、WebサイトやSNSへの広告出稿数は年々上がっており、Webサイトを除く各販促媒体の利用者数の減少とは裏腹にWeb広告の市場は大きくなっていると言えるでしょう。

また、インターネットやSNSという新たなプラットフォームが確立してきている中で、アフィリエイトというインターネット広告による売り上げ獲得や、インフルエンサーというSNSでの広告塔のような存在を目指す企業や個人も増えてきています。
今や、インターネット上の広告は一つのビジネスとして成り立っており、それらを行う企業もまたコンテンツマーケティングを実施する一つの集団と言えるでしょう。

今回は、そんなWebマーケティングでは欠かすことのできないコンテンツマーケティングについて、目的やメリット・デメリットなどを詳しくご紹介していきます。

 

コンテンツマーケティングとは何か

コンテンツマーケティングとは、一言でいうとユーザーにとって価値あるコンテンツ(記事)を作り、見込み客になりうる潜在顧客を育て、自社の商品購入につなげるマーケティングとなります。

一つずつこの言葉を掘り下げていくと、ユーザーとは、消費者と考えてお話していくと、消費者にとって価値あるコンテンツとは、一人一人のニーズが多様化した現代の中で、商品の宣伝をしてすぐに購入するという消費者は少なく、インターネットからの情報などで「選択して購入」する時代となっています。
そのため、消費者にとって価値あるコンテンツを届けることにより、消費者の購入意欲を上げる他、消費者に信頼を得ていくということが期待できます。

つまり、価値あるコンテンツとは、消費者に商品情報を届けるだけではなく商品を購入すると思われるターゲットがどんな情報を知りたがっているのかを理解し、消費者が欲しいと思っている情報や知りたいと思っている情報を消費者目線で共感が持てるコンテンツを言います。

そして、見込み客になりうる潜在顧客を育てるというのは、今すぐに自社商品を購入することが無い潜在顧客に対して、コンテンツマーケティングを行うことで消費者との接点を持ち、自社商品についての認知度を高めていくほか、購買意欲を上げていくこと、購入時の選択肢の一つにしてもらうことがコンテンツマーケティングを行う目的と言えるでしょう。

 

変化している「求められているもの」

時代は常に変化しており、世の中のニーズも変化しています。
今、話題となっている「働き方改革」も世の中の情勢の変化に合わせて作られた施策のように、時代の変化についていき、合わせていくことがビジネスでも必要です。

一昔前まではテレビコマーシャルや新聞の広告、ラジオや雑誌による広告を出すことで、多くの人の目に留まり、商品やサービスの購入が期待できたかもしれません。
しかし、今ではテレビやラジオなどからの見込み客獲得は昔ほど大きな反響を得ることは難しく、潜在顧客を育てていくということが必要になっています。

また、一人一人のニーズが変化しており、人々が求めているものも多種多様になっています。
「みんなと同じ」ものを求めていた時代から、「一人一人に合わせた商品」が必要となり、それには一人一人に合わせた広告や認知方法が必要となります。
そのような時代や人々が求めるニーズに合わせて企業も変化していかなければ厳しい競争社会には勝っていくことは難しいでしょう。

そこで、我々Webマーケターがやることとしては、Webマーケティングに精通した知識ややり方も知り、企業繁栄に繋げるために実践していくことです。

 

コンテンツマーケティングが求められる理由

変化している時代に求められているものも変わっているということをご紹介してきましたが、その中でコンテンツマーケティングが求められている理由はどのようなところなのでしょうか。
それには複数のポイントがあります。

知りたい情報を即座に、わかりやすく見られる

コンテンツマーケティングの最大のポイントは、知りたい情報を得ることが出来るというところです。
コンテンツマーケティングでは多くの場合、記事の作成によりコンテンツが生成され、そのコンテンツを読み物として利用するユーザーに届けています。

閲覧するユーザーは知りたい情報をその記事だけである程度の情報を得ることができ、ほかのサイトを閲覧しなくても、その知りたい情報に付随する情報も得ることが出来れば、満足いき、ユーザーを解決に導いてくれます。

このようなコンテンツを作ることによって、ユーザーからの信頼が得られることはもちろんのこと、Googleが約束している「10の事実」の中にある、ユーザーに視点を当て、ユーザーの満足してもらうことを実現していることになり、結果的にGoogleからの評価が高くなり検索結果の上位表示が実現するようになります。

また、専門的な視点で記事が構成されるため、情報の信頼性や納得できるロジックなどで表現されることで信ぴょう性のある記事として価値が高まるようなものになります。

商品販売を目的としていない

コンテンツマーケティングが求められる一つに、商品販売を目的としていないという部分が挙げられます。
もちろん、最終的には商品販売やサービスの販売、契約獲得などが目的ではありますが、直接そこに結び付けようという表現がないことが多いため、利用するユーザーから信頼を得ていることが考えられます。

例えば、自社の商品を売りたい、宣伝したいというのが一番の目的にはなりますが、多くの商品が存在する現在では、消費者の多くは「売り込み」されることに拒絶反応を起こします。
消費者の心理としては、あくまでも「多くの商品の中から選択したい」という気持ちがある一方で、「多すぎる商品の数では選択できない」という心理が発生しています。

美容系の商品で例えると、ダイエットというキーワードで検索したユーザーに商品を宣伝したいのが企業ですが、それをせずに、ダイエットを自分でやる方法や、リバウンドしない方法、ダイエットに良いと言われる食材や、ダイエットに効果があるとされている食べ方、時間などユーザーが求めているだろう情報を先に伝えてあげることがコンテンツマーケティングとなり、商品の販売を目的としていないためユーザーからの拒絶反応がなく、すんなりと記事を読む体制をとってくれます。

移動時間の暇つぶし

コンテンツマーケティングが求められる理由の一つに、スマートフォンの普及があります。
スマートフォンが普及したことで、いつでもどこでもインターネットを閲覧することができ、移動時間や待ち時間などの暇つぶしの間にインターネットを閲覧し、まとめ記事などの情報記事を読んでいる人が増えています。

今では地下鉄や電車、バスの中でも小説や新聞を読む人よりもスマートフォンやタブレット片手にWebサイトやSNSを閲覧している人をよく見かけるでしょう。

このように、コンテンツマーティングが求められる背景には、スマートフォンの普及や一人一人が求める情報が多岐にわたっていること、商品の販売を目的としていないように表現されていることが世の中の消費者たちに合っていることが理由と言えそうです。

 

コンテンツマーケティングをする目的は

一方、消費者側ではなく、企業側として、コンテンツマーケティングする理由や目的はどのようなところにあるのでしょうか。

企業がコンテンツマーケティングを行う理由は、消費者から求められているというところに繋がっています。
往々にして企業は自分たちが売りたい商品を前面に出して販売をしますが、消費者が求めていることは商品の説明や販売ではなく、自分の希望に合った商品や方法などです。
そのため、多くの情報の中から自分で選択するということを消費者は求めており、その選択肢の中にいかに入るかが企業に求められていることと言えるでしょう。

そういった視点で見たときに、コンテンツマーケティングをする目的としては、以下のような部分があります。

企業が消費者と接点を持つ

Web広告や自社Webサイトへの訪問者は「購入しよう」と検討している前向きな消費者です。
そのようなユーザーの獲得は、自社サイトの見やすさやWeb広告の改善をしていくことで獲得していくことが出来るでしょう。

一方、販売している商品やサービスのことを知らない消費者にはWeb広告や自社Webサイトすら発見されない可能性が高く、世の中の消費者のほとんどはその商品のことや会社のことを知らず、多くの広告費を使うか、よっぽど知名度が高いものでなければ認知度を上げることが出来ないでしょう。
それら、「商品や会社について知らない」消費者を対象に、企業と消費者をつなぐ接点として、コンテンツマーケティングを利用するという目的があります。

繋がった消費者の信頼を得る

また、消費者との接点を持つだけではなく、専門的な情報を発信することで、消費者からの信頼を得ることもコンテンツマーケティングを行う目的の一つとなります。
コンテンツマーケティングでは、ただ記事を量産すればよいということではなく、それぞれの検索されるキーワードに合わせてどのようなコンテンツ(記事)が必要になるのか、ユーザーが求めているものがどのようなもので、それに応えるためにはどのような情報を届ければよいのかを一つ一つ考えて構成していきます。
そのため、読み手であるユーザーは、自分の知りたかった情報を得ることができ、それが続いていくと「この記事を書いている人(企業)は信頼できる」という流れになり信頼関係を構築していくことが出来ます。

専門的な方や企業が書いた記事には信ぴょう性があり、そのような企業が出している商品やサービスに消費者は魅力を持つものです。

最終的には商品の購入につなげる

前述したとおり、消費者は信頼のおける企業からの商品購入に抵抗がありません。
そのような信頼関係を築いていくことにコンテンツマーケティングは利用されており、最終的には商品やサービスの購入に繋げていくのです。

本来であれば、どれくらいのユーザーを抱え、月間どれくらいの閲覧数を目標とし、そこからどれだけの資料請求や無料体験、無料お試しなどに繋げていくかをシミュレートし、目標値に向けて活動することが必要です。

 

コンテンツマーケティングのメリット・デメリット

コンテンツマーケティングを行っていく上でのメリットやデメリットはどのようなところにあるのでしょうか。
それぞれ見ていきましょう。

メリット

コンテンツマーケティングを行うメリットとしては、以下のような点があります。

・コンテンツをどんどん増やしていける
自社コンテンツとなるため、コンテンツをどんどん増やしていくことが出来ます。
そして、そのコンテンツがなくなることはなく、自社の財産として残していけます。
長期的にみると、ニッチなユーザーの確保などもでき、やらないよりは確実に自社のサービスや商品を世に広めていくことが出来ます。

・接点のなかった消費者とつながることが出来る
今まで商品販売や広告だけではつながることが出来なかった「潜在層」の消費者ともつながりを持つことが出来ます。
潜在層とつながることで見込み客を増やしていくことが出来ます。

・数値が明確に見えるため改善しやすい
ポスティングや手配りチラシなどの手法も、商品やサービス、企業を知ってもらうための啓もう活動としては有効です。

ただし、アナログな活動は数字での評価は「何枚配った」しか得られず、そこに対して消費者からのリアクションやフィードバックがないため、効果を測定することが出来ません。
一方で、コンテンツマーケティングでは、Web上での活動となるため、効果を数字で判断し、計測して改善することが可能です。

何事も一回で成功させていくということは難しいことですが、コンテンツマーケティングは日々改善を重ねながら良いよいものに変化させていくことが出来るものとなっています。
数字で明確に判断が出来るため、仮説が立てやすくユーザーからの反応を明確に判断することが出来ます。

デメリット

一方で、コンテンツマーケティングを行うデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

・コストがかかる
コンテンツマーケティングを行うためにはコストが発生します。
企業から外に出ていくコストとしては知れていますが、内部で制作する場合には人件費が発生し、それらの人件費がコストとして蓄積されます。

・長期的に考えなければいけない
コンテンツマーケティングはすぐに結果を生むものではなく、長期的にビジネスを考えなければいけません。
長期的にみて、潜在顧客を獲得していくというビジネスモデルが作れなければ、コンテンツマーケティングは行うべきではないと言えるでしょう。

・質が求められる
コンテンツ(記事)を作るためにはある程度の質が求められます。
ただ量産すればよいという時代から、今はコンテンツの質の方が重要となっており、ユーザーの分析やキーワードの分析、文章の質や情報の整理、つまりまとめる力が必要となります。

コンテンツマーケティングを行うためには

では、コンテンツマーケティングを行うためにはどのようなことが必要なのでしょうか。
コンテンツマーケティングを行うためには、人・もの・金・情報が必要となります。

まずはコンテンツを作る人や、ディレクションをする人などの「人材」の確保、そしてコンテンツを掲載していくためのWeb、制作するためのPCなどの「もの」、人を雇用していくための人件費や制作費、Webのサーバー費用、つまり「お金」が必要です。

そして、最後に「情報」が必要となります。
情報は、専門的な知識という部分が必要となりますが、商品やサービスを提供している企業は専門的な知識を持っていると思いますが、それらを外注してコンテンツを制作する場合には、専門的な知識の情報を外注先にしっかりと伝えることが必要となります。

 

まとめ

ここまで、コンテンツマーケティングについて、求められる理由や目的、コンテンツマーケティングに必要なものなどをご紹介してきました。

コンテンツマーケティングは現代を生きる消費者に合わせたマーケティング手法となっており、現在のWebマーケティングには欠かせない手法の一つです。

今ではSNSやアプリケーション、動画などにより潜在顧客との接点を作ろうとする手法が多くあります。
ここ数年、Webマーケティングはどんどん変化し、進化しており、その時代の流れや技術、知識の多さや変化に耐えていき、活用していく企業こそ、これからの時代を勝ち抜いていく企業と言えるのではないでしょうか。