Google アドワーズ:カスタム インテント オーディエンスの効果・設定方法

Google adwordsの新しい手法

Google adwordsのディスプレイ広告においては、これまでもさまざまな手法でターゲティングをおこない、広告を表示する対象を絞り込むことができました。
つい最近、Google adwordsで大規模なリニューアルがおこなわれましたが、これに伴い、ディスプレイ広告のターゲティング手法も大幅に拡張されました。
この中のひとつに、カスタムインテントオーディエンスというものがあります。今回は、このカスタムインテントオーディエンスについて、ご説明させていただきます。

カスタムインテントオーディエンスとは?

カスタムインテントオーディエンスは、特定のサイトやキーワード、Youtubeの動画などを指定しておくことで、こうしたコンテンツに興味のあるユーザーにターゲティングをおこなうことができるディスプレイ広告のターゲティング機能のひとつです。

一度訪れたユーザーに再訪を促すことができるディスプレイ広告のターゲティング機能のひとつに、リマーケティング広告というものがありますが、これだけではリーチすることができないものの、近しい属性・興味を持つユーザーに訴求をおこなうことができます。

予算に余裕がある、もしくはその他の広告手法がある程度最適化されてきて、新たな販路を開拓したいという場合に有用なターゲティング手法です。

ペルソナがしっかり設定されていると効果が高まる機能

マーケティングをおこなう際に、特定のユーザーを想定してそのユーザーに対して売り込みをおこなうつもりでプロモーションをおこなうというペルソナ手法というものがあります。

今回紹介しているカスタムインテントオーディエンスは、このペルソナがしっかり設定されていると非常に効果が高まるターゲティング手法ということができるでしょう。
例えば、男性で、いつもニュースサイトを見ていて、たまにソーシャルゲームやYoutubeで遊ぶというペルソナがあったとします。

こうしたペルソナがあれば、このペルソナがどんなサイトを閲覧するかを想像し、リストアップするだけで、カスタムインテントオーディエンスが完成してしまいます。

また、自身のサイトに訪れるユーザーがどんなユーザーなのか検討もつかないという場合は、カスタムインテントオーディエンスを自動で作成する手段もあります。

GoogleのAIは近年発展が目覚ましく、ペルソナづくりの参考にもなるカスタムインテントオーディエンスを作成してくれることでしょう。

とはいえ、Googleはあなたのサイトのことを完全に把握しているわけではありませんので、完全にGoogleに任せっぱなしにしてしまうというよりは、最初は自動でカスタムインテントオーディエンスを作成したとしても、掲載結果を見ながら最終的には自身でペルソナを作り、改めてカスタムインテントオーディエンスを設定する流れの方が望ましいでしょう。
(自動でカスタムインテントオーディエンスを作成する機能は現在英語圏でのみ提供されています。英語が得意な方は利用しても問題ありませんが、そうでない場合は日本語版のリリースを待つとよいでしょう。)

カスタムインテントオーディエンスの使い方

それでは、実際にカスタムインテントオーディエンスを利用したキャンペーンを作成してみましょう。
カスタムインテントオーディエンスは、2018年現在2パターンある管理画面のうち、新管理画面でのみ利用できる機能となりますので、旧管理画面を利用されている場合は新管理画面に切り替えておきましょう。



Google adwordsにて、対象のアカウントを開いたら、「ディスプレイネットワーク」(①)→「オーディエンス」(②)という順にメニューをたどり、鉛筆マークをクリックしてください(③)。対象とする広告グループを聞かれますので、カスタムインテントオーディエンスを設定したい広告グループを選択します。


すると、オーディエンスを設定する画面が開きます。
ここで、「インテント」(④)→「新しいカスタムインテントオーディエンス」(⑤)とメニューを辿ってください。


カスタムインテントオーディエンスを設定する画面が開きますので、任意の名前をつけ(⑥)、あらかじめ作成しておいたユーザーがアクセスしそうなURLや検索に利用しそうなキーワードを入力します(⑦)。
ここでは、動画サイトであるYoutubeと、ニュースサイトの代表である日本経済新聞のサイトを登録しています。

最後に、作成(⑧)をクリックすれば、カスタムインテントオーディエンスの作成は完了です。

Google Adwordsリニューアルで追加された機能をうまく活用しよう

冒頭でも触れましたが、近年おこなわれたGoogle adwordsのリニューアルでは、さまざまな機能が追加されました。

こうした機能は、うまい使いこなし方がまだ確立されていません。
これは逆に言うと、競合が少ない状況と読み替えることができます。
数年後よりも今の方が、こうした新しい機能で利益が得やすい状況であると考えられるでしょう。

いち早く自社のサイトにマッチする機能を使いこなせるようになるよう意識することで、Webマーケティングの世界で生き残りやすい体質となれることでしょう。