AdWords Scripts(アドワーズ スクリプト)の設定方法

効率化を図るために 

広告運用を続けていると、似たような作業が繰り返し発生することに気づかされることがあるかと思います。
たとえば、クライアントがいて運用結果を報告する場合、定期的なレポートの作成は欠かせないタスクとなります。
また、広告運用における、クリエイティブの選定や効果的なキーワードの単価調整なども、ある程度ルールを作ってしまえば、特に思考を挟まなくても実施できることが多いでしょう。
これを手作業でやっていると、よりよいクリエイティブの考案であったり、プロモーション施策を考案したりといった時間がどんどん奪われて行ってしまいます。
そんな時に、自動化するべきところは自動化するという考え方は非常に重要です。
Google adwordsにおいては、そんな自動化を支援するツールのひとつとして、Google adwords Scriptsという機能が用意されています。

Google Adwords Scriptsとは?

Google Adwords Scriptsは、JavaScriptによりGoogle Adwords上で動作するスクリプト(プログラム)です。

Google Adwords独自の書き方というのはもちろん存在しますが、JavaScriptを扱ったことがある方であれば、比較的とっつきやすいでしょう。

JavaScript経由でGoogle Adwordsのキーワードの追加や入札単価を調整することはもちろん、Google Driveのスプレッドシートなどへの出力や、出力結果のメール送信を実現することも可能です。

Google Adwords Scriptsの使い方

Google Adwords Scriptsは、Google Adwordsを利用している方であれば、誰でも利用することが可能です。

スクリプトを実装したいアカウントを選択したのち、右上のツールアイコンをクリックします(①)。
その後、「一括操作」カテゴリから、「スクリプト」を選択してください(②)。


現在設定されているスクリプトの一覧が表示されますので、画面左上の「+」マークをクリックしてください。

中央のテキストボックスにスクリプトを記述します。
記述したスクリプトは、保存して後から編集することも可能ですし、プレビューで動作を確認することもできます。
また、その場で実行することも可能となります。

作成したスクリプトは、スクリプト一覧の画面から頻度の設定をおこなうことで、自動的に実行することが可能です。

定期的に実行したい変更作業や、出力したいレポート作業をスクリプト化しておくと、特に意識しなくてもスクリプトが自動で作業をしてくれます。
このことにより、作業の効率化はもちろんのこと、作業の抜け漏れも減らすことができるでしょう。

Google Adwords Scriptsで利用できる関数や、具体的な書き方は、以下のリファレンスを参照してください。
リファレンス自体は日本語での解説を読むことができます。
また、言語は英語となりますが、サンプルも豊富に用意されていますので、気になるものを実行して使い勝手を覚えていくとよいでしょう。

Adwords Scripts
https://developers.google.com/adwords/scripts/?hl=ja

Google Adwords Scriptsの活用方法

では、Google Adwordsについて、具体的にどのような面で活用するのがよいかを、代表的な例を挙げて考えてみましょう。

もちろん、これ以外にも、Google Adwords Scriptsはアイデア次第でさまざまなことを実現することは可能です。

Google Adwords Scriptsの扱いに慣れてきたら、ぜひ挑戦してみてください。

レポートの自動化

Google Adwords Scriptsの定期実行機能を利用して、常に監視しておきたい値をメール送信したり、クライアントに提出するレポートをスプレッドシートに自動出力したりすることができます。Google Adwordsが保有しているデータであれば基本的に出力可能です。Google Adwordsのレポートを定期的に作成されている方は、最初こそスクリプトを書く手間はあるものの、以降の作業を格段に楽にしてくれることでしょう。

アラートを上げて異常を検知

広告運用をしているとトラブルはつきものです。たとえば、突然リンク先のページが404になってしまい、広告を出しているのにユーザーがリンク先ページを見れない。競合が急激に強くなってしまった結果、トラフィックの大部分を稼いでいたキーワードのパフォーマンスが極端に悪くなった。このような例が挙げられます。こうしたトラブルは、できる限り早期に発見して対処することが望ましいのですが、多くのアカウントを管理していたりすると、問題が大きくなるまで気づけないということは多々あります。こうしたときに、Google Adwordsのアカウント状況をチェックし、問題があるようであればメールで通知するなどのスクリプトを組んでおくことで、トラブルの早期発見につなげることができます。

管理作業の効率化

Google Adwordsの管理作業は、ある程度ルール化することができます。たとえば、平均掲載順位が一定以上のキーワードについては入札単価を高くする、などがその一例として挙げられるでしょう。また、期間ごとに掲載結果をチェックし、大きく変わっているような要素にラベルをつけ、後の確認を楽にするというような使い方も可能です。

JavaScriptの知識がない場合は外注するのもひとつの手

Google Adwords Scriptsについて、いくつか例を挙げながら活用事例をご紹介させていただきました。

基本的な記述方法はJavaScriptですので、経験がある方であれば、リファレンスを読みながら記述していくことで、ある程度の処理を自動化することは容易に可能でしょう。

ただ、JavaScriptはプログラミング言語の中でも比較的簡単な部類に入る言語とはいえ、やはりプログラミングの経験がない方にとってはハードルが高いのも事実です。

もし自身でJavaScriptを記述する自信がない場合は、外注を利用して得意な人にプログラミングしてもらうのもひとつの手段として検討しましょう。