【Google adwords】広告表示オプション全種を紹介

効果的に配信するために 

Google adwordsの検索連動型広告は、ユーザーが利用したキーワードに合わせて、登録しておいた広告を表示することでお客さまを自社サイトに呼び込むことができる広告ツールです。
この時に、広告の訴求効果をさらに高める方法のひとつとして、広告表示オプションというものがあります。

広告表示オプションとは?

Google adwordsの広告文は、基本的には見出しと説明文で構成されています。

しかし、広告表示オプションを利用することで、広告に対するさまざまな付加情報を加えることができます。

これによって、他の広告との差別化を図ることができますし、お客さまに伝えたい情報を効率よく伝えることができるのです。

広告表示オプションの設定方法

広告3表示オプションの設定方法は、そこまで難しいものではありません。

Google adwordsにログインすると、左サイドメニューに「広告と広告表示オプション」というメニューがあるので、クリックします(①)。
次に、画面上部のタブから、「広告表示オプション」を選択してください(②)。
最後に、画面左上の「+」を選択してください。
すると、現時点で利用可能な広告表示オプションがずらっと一覧表示されますので、利用したいものを選択してください。

広告表示オプションを全種紹介 (2018年2月現在Google adwords)

Google adwordsは、もともと豊富な広告表示オプションが用意されているのですが、近年さらに強化が進んでいるようで、久しぶりに見てみると知らない広告表示オプションが増えているいうのはよくある話となりました。

同じ広告表示オプションでも、今と昔では使い方が変わっていたり、さらに便利な使い方ができるようになっていたりするので、今後も定期的にチェックすることをおすすめします。

それでは、2018年2月現在で利用できるGoogle adwordsの広告表示オプションの紹介をさせていただきます。

サイトリンク表示オプション

広告にリンクできるURLは基本的にはひとつなのですが、サイトリンク表示オプションを利用することで、表示させるリンクを増やすことができます。もちろん、もっともクリックされるのは見出しに設定されているリンクなのですが、それ以外にもリンクを表示させておくことで、自社のサイトに広告で訴求している以外にもページが存在することをアピールすることができます。

コールアウト表示オプション

コールアウト表示オプションは「24時間サポート」「送料無料」といった、サービスの訴求をテキストで付与することができるオプションです。こうした訴求は、広告文に表示させることも可能ですが、文字数が足りないといった場合に便利なオプションです。

構造化スニペット表示オプション

取り扱いサービスや商品のカテゴリを列挙することができる広告表示オプションです。コールアウト表示オプションと同様に、広告文に含めることでも対応可能ですが、サービス名や商品名を列挙し始めるとあっという間に文字数制限に引っかかってしまうため、使用する機会は意外と多いことでしょう。

電話番号表示オプション

広告に電話番号を表示することができます。広告に電話番号が表示されていることで、いつでも電話をかけることができるという安心感をユーザーに与えることにつながります。また、広告に表示された電話番号をクリックして発信されたことをコンバージョンとして計測することも可能です。

メッセージ表示オプション

電話番号表示オプションのSMS版と考えるとよいでしょう。設定しておくことで、広告にリンクが表示され、ユーザーがクリックするとメッセージの送信フォームが現れます。このフォームを経由してユーザーがメッセージを受け取ることができる仕組みとなります。

住所表示オプション

住所を表示することができる広告表示オプションです。電話番号表示オプションと同様に、ユーザーの信頼感を高めることに寄与しますが、あらかじめGoogleマイビジネスに住所を登録しておく必要があることを覚えておきましょう。

アフィリエイト住所表示オプション

自社のものではない商品を紹介しているようなサイトの場合、自社の住所を記載しても意味がありません。こうしたときに利用できるのがこのアフィリエイト住所表示オプションです。サイトで紹介している商品がどこで手に入るのかを明示することができます。

価格表示オプション

サイト内で販売している商品やサービスの価格を表示することができます。価格をメインに訴求しているような場合、効果的な広告表示オプションとなることでしょう。

アプリリンク表示オプション

広告にアプリストアへのリンクを表示させることができます。デバイスの種類によって、必要となるアプリストアは異なりますが、アプリリンク表示オプションを利用することで、iPhoneの場合は「App Store」、Androidの場合は「Google Play」と出しわけしてくれます。

プロモーション表示オプション

プロモーション表示オプションはサイト内でおこなっているキャンペーンやセール情報を表示することができる広告表示オプションです。他の広告表示オプションと比較して、目立つ形で掲載されますのでキャンペーンやセールを展開している時にはとても有効なオプションと言えるでしょう。

Google adwordsのアップデートに合わせて増えた広告表示オプション

つい先日、Google adwordsの大型アップデートがありましたが、これにともない多くの機能が追加されました。

広告表示オプションもそのうちのひとつ。

もしまだ旧バージョンの管理画面を利用されている方は、画面右下に表示されているバナーから新管理画面に遷移できますので、ご希望の広告表示オプションが見当たらないという方は試してみてください。

広告表示オプションはうまくつかうことでクリック率の向上 → 広告の評価の向上 → 広告コストの削減・表示順位の向上と、好循環を生み出すきっかけになりやすい要素です。

新しい広告表示オプションは設定しておくことで、他のサイトと大きく差別化を図れますので、いちはやく導入して先行者利益を享受しましょう。