SEMとSEOの違いはわかる?マーケター初心者のための基礎用語解説

まずは基礎から、SEMとSEOの違いは?


インターネット利用が高まるなか、企業はWebマーケティングやデジタルマーケティングを取り入れることが必要となっています。
そんな中、Webの知識などがある方が企業のWebマーケティングを兼務などで担当することもあるでしょう。
しかし、WebとWebマーケティングやデジタルマーケティングは別物で、マーケティング知識を持っていなければ、一体何をしたらよいのかわからないことや、的外れのことをしてしまうこともあるでしょう。
今回は、そんな初心者マーケターの方に向けて、Webマーケティングに欠かせないSEOのことやSEMのことについてご紹介していきます。

SEMってなに?


まずは、Webマーケティングを語る上で欠かせないSEMについて確認していきましょう。
SEMとは、サーチエンジンマーケティングの略で、Webマーケティングの中でも中心的なマーケティング活動となります。
一般的にはSEOという言葉を耳にする方が多いと思いますが、SEOもSEMの一つであり、SEMの目的はサーチエンジン、つまりGoogleやYahoo!、Bingなどの検索エンジンを利用して自社のWebサイトを多くのユーザーに見つけてもらい、そこから自社のサービスや商品の認知度を高めたり、商品やサービスの販売に繋げていったりするという目的を持つものです。
つまり、Webサイトを持つ企業においては、SEMはマーケティング戦略の中で欠かせないものということです。

SEMの種類は2つ

次にSEMの種類について見ていきましょう。
SEMの種類は2つあり、一つはSEO、もう一つはインターネット広告となります。
SEOはよく耳にすると思いますが、オーガニック検索という自然検索によって表示されるGoogleなどの順位に対してマーケティング戦略を行うものですが、インターネット広告を利用したSEMの活用も、現代社会においては必要な戦略と言えます。
ここでは、それぞれを細かく見ていきましょう。

SEO対策

まずは、SEO対策についてですが、SEO対策というのは、サーチエンジンオプティマイゼーションという言葉の略で、日本語にすると検索エンジンの最適化という意味を持ちます。
これは、インターネットを利用するユーザーの多くはGoogleなどの検索エンジンを利用して情報収集をしていますが、その最適化を図ることで、自社のサービスや商品が掲載されているサイトを多くのユーザーの目に留まるようにしようというものです。
SEO対策には多くの対策法がありますが、Googleは200以上のアルゴリズムによって仕組みを作っているため、正しいSEO対策はGoogleから公式に発表されたものをこまめに行っていくことと、一番はユーザーのことだけを考えてWebサイトの運用を行うことと言えます。
この内容については、後述していきたいと思います。

インターネット広告対策

次に、インターネット広告での対策ですが、自然検索では、GoogleがAIなどを利用してユーザーの動向を確認しながら検索しているユーザーの課題や解決したい悩みを考え、それに対して価値のある回答をしているサイトを上位表示するようにしています。
そのため、検索結果の順位は操作できるものではなく、上位表示させたくてもできない企業が多く、ユーザーに見てもらいたくても全く見てもらえないサイトを保有している企業も多いでしょう。
しかし、この自然検索とは別に、Googleには検索結果上で広告表示できる枠を持っており、この枠を利用してユーザーの目に留まるようにできるのがインターネット広告です。
インターネット広告には様々な種類がありますが、この検索エンジンにおける広告利用で代表的なものとしては、Google広告や、Yahoo!プロモーション広告などがあります。

SEO対策で行うべき代表的なこと

次に、SEO対策で行うべき内容として、代表的なものを見ていきましょう。

コンテンツの質を上げる

SEO対策で一番のポイントになるのは、コンテンツの質を上げるということです。
コンテンツの質とはどのようなものかというと、ユーザーの抱える課題や悩みを真摯に受け止め、その悩みに寄り添い、ユーザーが次の行動に移せるような情報を与えるというものです。
そのような情報を与えられたユーザーは、自ら行動し、解決に向かって動き出します。
このような行動をとるユーザーが多いサイトをGoogleは、価値のあるコンテンツを掲載しているサイトとして認識し、そのサイトを検索結果上で上位に表示するようにしています。
つまり、ユーザーの期待に応えられるコンテンツが質の高いコンテンツと言えます。

キーワード解析を行う

次に、キーワード解析を行い、検索キーワードごとに検索するユーザーがどのような悩みを抱え、どのような答えを望んでいるのかの仮説を立て、その課題解決に向けて必要となるコンテンツになるように改善していくことです。
キーワードにはビッグキーワードやミドルキーワード、スモールキーワードがありますが、ビッグキーワードなどは競合が多いため、上位表示させていくことは難しく、至難の業です。
しかし、キーワードによっては上位表示を狙えるものもあり、それぞれのキーワードごとに、検索順位で上位にいるサイトがどのような情報を掲載しているかを見ることも、SEO対策には必要なことと言えるでしょう。

ユーザーの動向を確認する

次に、ユーザーの動向を確認することも必要な対策です。
SEO対策ではユーザーがどのような行動を取り、ユーザーが意識・無意識にどのようなことを感じて何を必要としているのか、ユーザーの行動を見ることで仮説を立てることができます。
そのためには、ヒートマップやGoogleアナリティクスなどのツールの存在が不可欠ですが、それらを利用することで、ユーザー像を可視化し、質の高いコンテンツに改善していくことができるでしょう。

インターネット広告対策で行うべき代表的なこと

インターネット広告による対策で行うべき代表的なことも見ていきましょう。
代表的なものにはGoogle広告や、Yahoo!プロモーション広告があります。

Google広告の利用

Google広告は、IT企業の中で大企業と言えるGoogleが提供するもので、検索エンジンではGoogleを利用している方も多いと思いますが、このGoogleの売上のほとんどがGoogle広告によるものです。
このGoogle広告には様々な種類がありますが、検索エンジンを利用した広告として、Googleに広告費を支払うことで、Googleの検索結果の上部と下部にある広告枠に自社サイトのリンクを掲載することができます。
その場合、自然検索での検索結果よりも上位表示されるため、クリックする人は多いでしょう。

Yahoo!プロモーション広告の利用

次に、Yahoo!プロモーション広告の存在があります。
これは、Yahoo!で検索したユーザーに対して、Google広告と同じように検索結果の広告枠にサイトの情報を掲載することで、検索したユーザーからのクリックを期待するものです。
GoogleでもYahoo!でもどちらでも広告を掲載するという企業も少なくありません。

インターネット広告の種類は?


次に、インターネット広告にはどのような種類があるのかを見ていきましょう。

検索連動型広告

インターネット広告には、大きく分けて検索連動型広告・ディスプレイ広告・リターゲティング広告があります。
それ以外にも、デジタルサービスを利用した広告は沢山あります。
この検索連動型広告としては、Google広告や、Yahoo!リスティング広告が挙げられ、これまでご紹介してきた広告のタイプです。
検索連動型という名前の通り、検索した結果のところに自社のサイトを掲載することで、検索しているユーザーを対象に、自社のサービスや商品が掲載しているサイトに訪問させ、そこからのコンバージョンを狙うという目的があります。
この場合、クリックしたときに費用が発生するというものが一般的で、クリックされるということはユーザーに情報が届けられた時ということなので、成果報酬型と言えるでしょう。

ディスプレイ広告

次にディスプレイ広告です。
検索連動型広告がテキスト情報、つまり文字による広告と言うことに比べ、ディスプレイ広告は動画や画像による広告となり、表示されただけでは費用が掛からないものもあります。
クリックされてから初めて課金されるタイプであれば、検索連動型広告よりも、認知度を高めるという効果は高いでしょう。
また、画像や動画による広告となるため、インパクトの強い広告を出すことも可能です。

リターゲティング広告

次に、リターゲティング広告というものがあります。
これは、画像や動画による広告のディスプレイ広告によって利用できるものですが、一度広告をクリックしたユーザーに対して、何度も同じ広告を表示するという手法です。
例えば、自分が気になる商品がサングラスだった時、サングラスのことを調べたら何度もそのサングラスの広告が表示されたという経験はないでしょうか。
これが、リターゲティング広告というもので、興味のあるユーザーに対してアクションを起こすというものです。
このように、インターネット広告には沢山の種類があり、それぞれ効果的に利用することで、企業のビジネスを成功させていくことができるでしょう。
このインターネット広告を運用していくだけでも大変なことですが、マーケターの方々はSEO対策とインターネット広告の運用を行っていかなければ、SEM対策をしっかり行い効果を生み出していくことは難しいでしょう。

効果的なSEM対策は?

次に、効果的なSEM対策にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

SEOで長期的な効果を

SEM対策の中でもSEO対策は中長期的な施策として計画していくことが必要です。
SEO対策は、次の日から効果が出るというものではなく、徐々に右肩上がりでアクセス数やコンバージョン数を増やしていくというもので、すぐに効果を期待できるものではありません。
しかし、SEO対策をして、コンテンツをユーザーの魅力的なものに改善していくことで、確実にユーザーを増やしていき、リード獲得をする数も増えていくでしょう。
その中で、注意しなければならないのが、裏技的な小手先のSEO対策はしないということです。
今でこそ少なくなりましたが、ブラックハットSEOという検索エンジンの仕組みの穴を見つけ、それに対して技術的なもので対策をするということは、昔は横行していましたが、今は通用しません。
ホワイトハットSEOという正しいSEO対策をすることが必要です。

インターネット広告で短期的な効果を

SEO対策では、中長期的な目線で施策が必要であることをご紹介してきましたが、インターネット広告はすぐに効果を出せる施策となります。
もちろん、中長期的な目線で施策を作ることも必要ですが、短期的な結果を求める場合には、インターネット広告がおすすめです。
SEO対策のように徐々に効果を出すことをしなくても、広告を上手に出すことで、ユーザーの目にすぐ留まり、すぐに効果を出すことも可能です。
しかし、お金を沢山出せば効果が出るかというと、そうではなく、しっかりとしたコンテンツを作ることや、ユーザーの悩みを解決するようなコンテンツであることが必要となり、それはSEO対策と同じ部分となります。

SEM対策には欠かせないツール


ここからは、SEM対策で欠かせないツールを見ていきましょう。
SEM対策を行っていくためには、自社分析、他社分析、ユーザー分析が必要となり、それぞれのツールをご紹介していきます。

自社分析

まずは、自社分析ですが、自社分析が必要な理由としては、自社のサイトには自分たちが表現したいものを掲載し、自分たちが良いと思うものを中心に情報掲載していますが、その情報を本当にユーザーは求めているのか、ユーザビリティを意識できているか、それらを確認するためには自社分析が必要となります。

Googleアナリティクス

自社分析をするツールの代表格としては、Googleアナリティクスがあります。
Googleアナリティクスでは、ユーザー数やアクセス数、どのページがどれくらいのユーザーに見られており、そこからどのような推移をしてサイトから離脱してしまっているのかなどを見ることができます。
このデータを元に、ユーザーに価値があると思われているコンテンツにスポットを当て、強化をすることや、ユーザーが離脱しているページの原因を探り、ユーザーの考えや満足していない部分に仮説を立てて対策をするということができます。

Googleサーチコンソール

次にGoogleサーチコンソールです。
これは、同じくGoogleから無料提供されているツールですが、キーワードの分析などができるものです。
自社のサイトがどのようなキーワードで検索されて訪問されているのかなどを把握することができるため、自社サイトに何を求めて訪れているのかという対策が出来たり、Google広告などでターゲットとするキーワードの候補が広がったりと、Webマーケティングにおいては欠かせないツールの一つとなります。

ヒートマップツール

ヒートマップツールとは、ユーザーがページの中でどのような場所をクリックしているのか、どのくらいページをスクロールしてみてくれているのかなどを把握することができるツールです。
主に、ランディングページというクロージングページを解析する際に利用されるツールですが、ユーザーの動きを確認することができるため、ユーザーの考えに仮説を立て、より良いページにしていくことができます。
これは、Googleではなくさまざまな企業から出されているサービスです。

他社分析

次に他社分析です。
競合他社を分析することで、自社の立ち位置やターゲットに対して何ができるのかが見えてくることもあるでしょう。

Similar Web

Similar Webは、他社のサイトのアクセス数などを確認することができるサービスで、無料から有料までプランを決めることができます。
有料プランにおいては、かなりのデータを確認することができるため、本格的に競合他社を確認したいときには、利用するべきでしょう。

Google検索結果

Google検索の結果を分析することも競合他社分析となります。
これはユーザー分析にも当てはまりますが、Googleでの検索結果で10位以内のサイトを全て隅々まで確認することで、ユーザーが何を求め、どのようなサイトであれば価値があると感じているかを見ることができます。

ユーザー分析

最後に、ユーザー分析です。
ユーザー分析することは、自社サイトの価値を高めるためにも必要なことであり、ユーザーのことを知るためにも大切なことです。

サジェストワード解析

ユーザー分析の一つに、サジェストワードの解析があります。
これは、検索キーワードと合わせてどんなキーワードで検索しているかを把握することができるもので、これを行うことで、ユーザーがどんなキーワードで検索しているのかが見え、そこからユーザーが解決したい悩みや課題も見えてくるでしょう。

Yahoo!知恵袋

次に、Yahoo!知恵袋の様なサイトを閲覧することも、ユーザーが抱える悩みや課題を確認する手法の一つです。
良く質問されている内容などは、多くのユーザーが抱える悩みとなるため、そのような悩みを抱えているユーザーが多いこと、それを解決するサイトには価値があることがわかります。

まとめ

ここまで、SEMについてご紹介してきましたが、初心者マーケターとしては、まずはSEMのことを理解し、SEO対策だけではなくインターネット広告の利用や、様々な分析から始めてみることで、やるべきことが見えてくるでしょう。