Webサイト構築のために必要なプランニングとは?

Webサイト構築のためのプランニング法


企業がWebサイトの構築をする上で、重要なのがプランニングです。
プランニングがうまくいっているかどうかによって、出来上がるWebサイトの質が変わり、Webサイトがどのような目的を果たし、どのような修正を加えていくことで改善されていくのかは、プランニングの段階で指標を持つことが求められています。
そこで、今回はWebサイト構築のために必要とされるプランニングについてご紹介していきます。

Webサイト構築の前の準備


Webサイトを構築しようと思ったとき、目的は様々です。
集客を目的としているサイトや、ブランドイメージをアップしたいという目的のサイト、商品を販売したいという目的のサイトなど、サイトを運営していくにあたって本来目的やゴールというものが存在します。
しかし、多くの企業でその目的が明確になっておらず、せっかく作ったWebサイトが成功なのか失敗なのかわからないままになっているということも少なくないでしょう。
まず、Webサイト構築においての準備段階として、STP分析や、サイト自体のゴール設計をすることが必要です。

STP分析

Webサイト構築において、STP分析をすることは必要と言われており、これはWebサイトのみならず、マーケティングにおいて必要な分析です。
STP分析とは、「セグメンテーション」「ターゲティング」「ポジショニング」という3つの頭文字を取ったもので、マーケティング活動をすることにおいて、どのような市場を狙うのかのセグメントをすること、どのようなターゲットを狙うのかターゲティングすること、そのターゲットに対して市場の中でどのようなポジションで販売していくのかを選定するポジショニングは、マーケティングにおいて必要なことであり、それはデジタルマーケティングにおいても同様です。
このような分析を事前に行った上でWebサイトの設計をしなければ、企業としてSTP分析の元に立てた戦略とは全く異なるWebサイトが出来上がる可能性があります。
具体的には、例えば英会話教室のサイトを展開する際、英会話教室のターゲットをキッズに絞ろうと思ったとき、キッズ向けのサイトではなく、ALLユーザー向けのサイトにしてしまっては、専門性やターゲットの絞り込みが行われていないサイトとして、ターゲットとするユーザーを取りこぼしてしまう可能性があるでしょう。

ゴール設計

次に、ゴール設計することも、プランニングの一つとなります。
ビジネスにおいて、ゴールが見えないものに対しては、計画や目標数値、チェックポイントなどが決めづらく、改善ポイントなども見つかりません。
何事においても、目標数値や目標設定をし、ゴールを明確にすることでそれに向けての改善をしていくことが可能となり、「より良くしていく」ということが可能となります。
このようなゴール設計を持つことは、Webサイトにも同様として言えることで、例えば年間100人の新規顧客を獲得したいという目標であってもそれは構いません。
そのためには何をしなければならないのか、どの程度のアクセス数が無ければならないのかなどを決めていくことができ、目標・計画があって初めてギャップが生まれます。
このギャップを埋めていく作業こそ、改善しより良くしていくための必要な業務と考えられるでしょう。

セグメンテーションをする方法

STP分析におけるセグメンテーションについて、詳しく見ていきましょう。
セグメンテーションとは、市場の中でもどのような市場で戦っていくのか、戦っていく場所を決めることがセグメントするということです。
例えば、セグメントにはさまざまなものがありますが、土地で考えると東京都という大きな括りではなく、東京都の中でも何区で、どの駅から近い地域で戦うかなど、絞り込みをして市場を固めるということが必要です。
また、土地以外でも、セグメントできるものは沢山あり、サービスや商品を販売する上で、戦う場所を決めることは、ビジネスを成功させていくためには必要なことで、それに合わせたWebサイトを作ることも重要です。

ターゲティングをする方法

ターゲティングとは、どのようなターゲットに絞り込んでサービスや商品を販売していくかを検討することです。
ターゲティングを掘り下げていくとペルソナ設定という一人のユーザーに焦点を当てていくことになりますが、ターゲティングではペルソナ設定までのものではなく、どういった層に対して商品やサービスを展開していくかということを考えていくものです。
つまり、誰に販売していくかということを決めるのがターゲティングです。

ポジショニング戦略をする方法

次に、ポジショニングですが、ポジショニングとは、その名の通りポジションを決めるというものです。
サッカーやラグビーにもポジションがあるように、それぞれ戦う場所を決め、どの立ち位置で戦っていくかを決めることは、ビジネスにおいても同様です。
例えば、ポジショニングの例として良く出てくるものですが、スターバックスは、コーヒーを提供するチェーン店でありながら、提供しているものは「空間」や「時間」という概念を持っています。
つまり、同じコーヒー販売をしている別のチェーン店と比べて、「ゆったり」といったイメージを強め、回転数を上げる他のカフェとくらべて、立ち位置が異なり、ポジショニングができているということになります。
サービス提供する上で、競合がどのような立ち位置で戦っており、我々がどのような立ち位置で戦っていくべきかを検討することが必要です。

Webサイトのプランニングに必要なこと

次に、ここからは、Webサイト構築に必要なプランニングについて、顧客理解・目標や目的設定・コンテンツ戦略・プロモーション戦略・デザイン・システムという点において、どのようなものが必要になるのかを見ていきましょう。

顧客理解

まずは、顧客理解です。
デジタルマーケティングを進める中でも、顧客理解をしているかどうかよって、表現するサイトの情報や、ターゲットとするユーザーへ提供する内容が異なるため、ユーザーを理解することはとても重要なことです。
ユーザーのことを理解するためには、様々な情報収集が必要となります。

現状のサイトがある場合、チェックする

まずは、現状の自社サイトをチェックするところから始まります。
現状のサイトを理解するためには、サイトを絵として見るのではなく、サイトを数値化されたデータを元にして解析することが必要です。
解析をする中で、どのようなユーザーが訪れており、どのようなページが多く閲覧しているかなどを把握することができます。
その解析ができるようになれば、ユーザーがどのようなものに興味を持っており、どのような課題や悩みを抱えているのかの仮説を立てることができ、ビジネスを成功させていくための分析や改善が可能となります。

競合サイトの調査をする

行豪サイトをチェックすることも、必要な業務となります。
競合他社をチェックするポイントとしては、キーワードで検索した際に現れる上位10サイトです。
上位10サイトほどを確認にすることができれば、ユーザーがどのような悩みを抱え、何を解決することを望んでいるのかを確認することができます。
現在、Googleのアルゴリズムは進化しており、上位表示されているサイトがユーザーにとって価値があると判断して設定しています。

営業担当者のヒアリング

次に、営業担当者へのヒアリングも重要です。
WebサイトやWeb上の情報だけを見て、Web上だけのデータだけで判断するのはとても危険で、実際に現場で顧客とやり取りをしている情報なども捉えることで、Web上で数値化できない定性的な情報を得ることができるでしょう。

キーワード調査

キーワード調査も重要なプランニングとなります。
どのようなキーワードで検索しているのか、検索ボリュームは月間どれくらいなのかを把握することで、ユーザーが求めている情報の仮説を立てることができます。

知恵袋の確認

こちらも、キーワードに近いですが、Yahoo!知恵袋などの情報を見ることで、掲載されている悩みや課題などが明確にされており、そのような情報から、ユーザーは何に困っているのか仮説を立てることができます。
検索結果だけを見ていてもユーザーの解決したい悩みは見つからない可能性があり、知恵袋などを利用してリアルのお困りごとを確認することも、重要だと言えるでしょう。

目標・目的設定


次に、Webのプランニングには欠かせない目標設定についても見ていきましょう。

KGIの確認

Webサイトは特別なものという感覚を持っている方も少なくないと思いますが、あくまでWebサイトはビジネスを成功させるための道具の一つに過ぎません。
そのため、Webサイトを構築する前には、ビジネスにおいてどのような目標数値があるのかを決めておかなければ、ビジネス成功におけるWebの役割が明確になりません。
そのビジネスの最中的なゴール、目標値というものがKGIというもので、最終的な利益や売上を表します。

KPIの設定

次にKPIの設定も重要です。
KGIが決まり、ビジネスの目標数値が決まったあと、Webとしての役割がどのようなもので、Webサイトを利用してどのような数値目標を設定するのかを決めることが必要です。
例えば、ビジネスの売上を1,000万円にするとしたときに、1,000万円のうち、どれくらいの売上をWebで稼ぐのか、その売上を到達させるためにはどれくらいのリード顧客が必要なのかを明確にし、そのリード顧客獲得がKPIとなり、Web上の成果として認識することができます。
この数値目標がなければ、Web上でどのような成果が出ているのか、どの部分に課題があるのかがわからず改善することができません。
目標数値を持つことでギャップが生まれ、改善ポイントが見いだせるようになります。

サイトの目的を明確化

Webサイトは数値の目標だけではなく、目的を明確化することも必要です。
サイトの目的は集客なのか、ブランド力アップなのか、目的を明確にすることで構築するサイトの内容も変わってくるでしょう。

コンセプト設定

Webサイトを構築するためのプランニングとして、コンセプト設定も重要となります。
コンセプト設定とは、その名の通りWebサイトのコンセプトを決めることにありますが、コンセプトを決めておくことで制作側など関わる方が同じ方向を向いて仕事をすることができるため、良いWebサイトの構築が実現するでしょう。
コンセプトを決めるとは、例えばターゲットが40代女性であるとか、メインカラーは〇〇であるとか、シックよりもゴージャスであるとか、様々なコンセプトの決め方があります。

コンテンツ戦略

次に、コンテンツ戦略も重要です。

どのようなコンテンツを作るか

コンテンツマーケティングという言葉があるように、いまではコンテンツ一つ一つが評価され、一つのコンテンツが高い評価を受けて沢山のユーザーを集めてくることもあります。
このようなコンテンツを作る上では、事前にどのようなコンテンツを作るのかをしっかりと定め、どのようなキーワードで検索したどのようなユーザーに、何を届けたいのかをしっかりと決めることで、ユーザーの満足度を得ることができ、高い評価を受けることができるでしょう。
また、そのようなコンテンツ一つ一つではなく、全体を通してどのようなコンテンツを発信していくかを決めていくことも重要です。

コンテンツをどのように運用するか

Webサイトの構築として、現代ではコンテンツマーケティングのようにコンテンツで勝負をしていきたいという企業が多く、その一つの手法にブログなどがあります。
社内ブログやニュースブログなどを掲載し、運用していく際には、「誰が」「どのタイミングで」「どれくらいの量を」「どんな内容で」発信していくのかをしっかり決めていかなければ、運用はうまくいかず、1年放置してしまうというような状況になるでしょう。

プロモーション戦略

次に、プロモーション戦略です。

SEO対策は

プロモーションを行う際、オーガニック検索によるSEO対策はどのようにするのか、どのようなキーワードで戦うのか、どんなユーザーを獲得していくのかのプロモーション戦略はとても重要です。
これまでご紹介してきたような目標数値を決めて、どのプロモーションでどれだけのユーザーを獲得するかなどの具体的な数値に落とし込むと良いでしょう。

インターネット広告の利用

オーガニック検索だけではなく、Webプロモーションとして、Google広告などの利用も検討してみると良いでしょう。
オーガニック検索の検索順位に捉われない結果を出すことができるでしょう。

SNSの利用

Webだけではなく、今ではSNSなどを利用したプロモーション戦略も必要です。
Webマーケティングからデジタルマーケティングへと変化をしているこの時代では、Webの効果を出すためにもSNSなどの利用も検討すると良いでしょう。

デザイン


次に、デザインです。

デザイン戦略

Webのプランニングを行う際、多くの人が「デザイン」にこだわります。
しかし、デザインとは、機能性のことで、ユーザーにとってどのようなデザインであれば利用しやすいのかを決めることが必要であることと、オーソドックスなデザインなのか、奇抜なデザインなのか、それは目標数値によって変わってくるため、「これが好き」「あれが好き」ではなく、明確な理由を持つことが必要となります。

動線設計やユーザビリティ

デザインを考えるときにポイントになるのは、ユーザビリティを考えた動線の設計です。
ユーザーにとって使いやすさが重要であり、いかにコンバージョンボタンをクリックしてもらうかを考えたときに、どのような動線設計であれば良いのかを確認して進めることが重要です。

システム

最後にシステムです。

システムの有無

Webサイトを構築する上でのプランニングとして重要なのは「システム」を導入するかどうかです。
管理システムや、会員システム、予約システムなど、システムが入るかどうかは費用の面で重要なポイントとなります。
予約システムなどは簡易的に作れるものと、かなりこだわって作るものとあり、「こうした方が良い」ではなく、しっかりとした運用体制や設計をすることが重要です。

運用体制について

もし、システムを導入する場合には、どのような運用体制になるかを決めておくことも必要です。
ユーザーのことを考えたときにシステムを入れた方が良いとなった時、それを運用する体制が無ければ、かえってユーザーに迷惑をかけることになったり、リードを取り逃したりしてしまうことにつながります。
そのようなことにならないように、運用体制を決めて置くことが重要です。

まとめ

ここまで、Webサイトの構築におけるプランニングについて、必要な項目はどのようなものがあるのかをご紹介してきました。
Webサイトがうまく立ち上がり、ビジネスとして成果を出すためには、プランニングをしっかり行うことと、目標設定をKGIからしっかりと組み立てていくことが重要と言えるでしょう。