サテライトサイトはSEOで効果的?Googleの評価について

Googleの評価について


Webサイトを持つ企業はここ数年で多くなってきており、Googleの発表では、5年前までは1兆ページだったWebページも、3年前には3兆ページまで増えるなど1年で1兆ページほど増えているような計算となります。
このように多くの企業や個人がWebサイトを持つようになる中で、企業として1つのホームページだけを持つという形から、サービスごとや目的ごとにWebサイトを持つという流れに代わってきています。
特に、現代においては働き手が枯渇している中で、求人専用のWebサイトを持つ企業も多くなってきているようです。
そのような企業にとって二つ目以降のサイトを持つ方法として、サテライトサイトという手法で保有するケースが多く、サテライトサイトを希望して制作を依頼する企業も多くなっています。
今回は、そんなサテライトサイトとは、どのようなサイトで、特徴やメリット、SEOについての効果などをご紹介していきます。

サテライトサイトについて


まずは、そもそもサテライトサイトとはどのようなサイトを指すのか、特徴などを見ていきましょう。

サテライトサイトとは?

サテライトサイトとは、集客や認知度を高めるために企業のメインとなるサイトとは別にWebサイトを立ち上げるというもので、メインとなるサイトへの誘導や、全く別の目的を持ったサテライトサイトを立ち上げることもあります。
サテライトサイトは企業が持つサービスごとに作られることもあり、それぞれサイトが持つ目的が異なるケースもあります。
サテライトサイトを持つことは、一つのWebサイトを持つよりもそれぞれの目的に合わせて情報発信をすることができるため、ユーザーにとっては見やすく、目的を持ったユーザーが集まりやすいサイトになります。

サテライトサイトの特徴

サテライトサイトの特徴としては、目的が明確であるということと、一つの情報に絞ったサイトであることが多いのが特徴です。
例えば、サービスの紹介をするサテライトサイトであれば、取り扱っている商品やサービスに特化したサイトとなり、その強みや商品の特徴などを表現していることが多く、サテライトサイトを作ることで、商品の魅力を沢山伝えることができます。
サテライトサイトの特徴としては、企業全体のサービスを表現するというよりも、一部に絞って徹底的にそのサービスの良さを伝えるということが特徴と言えるでしょう。

サテライトサイトの目的


サテライトサイトを作る目的についても見ていきましょう。
サテライトサイトを持つ目的は、被リンクを増やすことや、ターゲット層を広げること、ブランド力のアップ、リターゲティングリストの強化などが挙げられます。

被リンク目的

サテライトサイトを持つことで、メインとなるサイトへリンクを貼って、被リンクさせるということもありますが情報を一つのものに絞ることでコンテンツを充実させ、他サイトからの被リンクを獲得するという方法もあります。
専門性が高いサイトになるため、他のサイト制作者から情報提供としてリンクを貼られたり、紹介されたりする可能性もあるでしょう。
そして、自社サイトへの誘導をすることで、サテライトサイトから本サイトへ移行し、そこからコンバージョンするということも考えらます。

ターゲット層の拡大

顕在顧客を獲得することがメインのサイトでは中心になると思いますが、その中でも潜在顧客へのアピールは、様々な商品を取り扱っているサイトであれば、そのサイトの中で啓蒙活動をすることは難しいでしょう。
サテライトサイトのように情報を一つに絞りこんでいくことで、情報発信する内容も顕在顧客から潜在顧客に向けて行うことも可能となり、ホワイトペーパーなどの利用と合わせて潜在顧客へのアプローチもできるようになり、結果的にターゲット層を拡大することができるようになります。

ブランド力アップ

サテライトサイトを持つことで、専門的な情報を発信し、特化したサイトとなるためブランド力は向上するでしょう。
企業が持つ情報や知識は、専門性が高いため、その専門性が高い情報を一つのサイトに絞り、質の高い情報発信をすることでブランド力が増し、サテライトサイトを中心にサイトへのアクセスも増えていくことが期待できるでしょう。

リターゲティングリストの強化

次に、リターゲティングリストの強化にもなります。
リターゲティングとは、ディスプレイ広告などを利用して、広告をクリックしたユーザーを興味のあるユーザーとして、同じユーザーに何度も同じ広告を表示させるという手法です。
一度広告をクリックしたら何度も同じ広告が表示されることを経験したことがある人も多いと思いますが、それがリターゲティング広告であり、サテライトサイトを作ることで、訪問数も多くなり、その分リターゲティングに利用できるリターゲティングリストも強化できるようになります。

サテライトサイトはSEOに効果的?

ここからは、サテライトサイトはSEOに効果的なのか?について確認していきましょう。

SEOでの効果

SEOでの効果はあると言えるでしょう。
サテライトサイトの目的を間違えなければ、SEOでの効果は期待でき、その理由としては、サテライトサイトはメインサイトと比べて一つのサービスに特化したサイトとなることが多いため、専門性がありユーザーに価値のあるコンテンツを作ることができれば、サイトとしての価値は上がるでしょう。
サイトとしての価値が上がるということはユーザーからの満足度も上がり、結果的にGoogleからの評価も上がると考えられます。
サテライトサイトと言っても、Googleはサイトの1ページ1ページで評価しているため、ユーザーの満足度を高める専門性のあるページを作ることによって、メインサイトとは異なる評価をGoogleから受けられるようになり、そこでSEO対策を行うことも可能でしょう。

Googleからの評価

一昔前まで、サテライトサイトは被リンク目的としたものが中心となっており、そのような場合、Googleが禁止している衛星サイトと同じ動きとなるため、Googleから評価を下げられてしまうことになるでしょう。
被リンク目的としたサイトは淘汰されているため、基本的にはサテライトサイトを制作する際には被リンクを目的としたものではなく、そのサイトだけで完結できるような設計をすることが望ましいでしょう。
企業がサービスごとにサテライトサイトを作る場合、そのサイトの中でコンバージョンできるようなサイトにすることで、ユーザーも不信感を持たずに離脱を減らすことも可能でしょう。
逆に被リンクばかり多くして、サテライトサイトからメインサイトに移ることを目的とすると、評価を下げられてしまう要因になります。

サテライトサイトのメリット

次に、サテライトサイトのメリットについて見ていきましょう。

メリット1:目的を明確にしたサイトにすることができる

サテライトサイトを持つメリットの一つに、目的を明確にしたサイトを作成することができるという点があります。
これは、メインのサイトでは複数の商品やサービスなどを扱うことで、企業が販売したい商品がぼやけてしまい、ただのカタログ的なサイトになってしまうことが一般的なホームページですが、そのような形ではなく、サテライトサイトを作ることで、一つのサービスや商品に絞ったサイトを立ち上げることができ、ユーザーから見たときに商品の特徴や強みなどがわかりやすいサイトを作ることができます。
例えば、パソコンの販売をしているメインサイトがあった時に、ノートパソコン専用のサテライトサイトを作ることや、デスクトップに特化したサイトを作ること、メーカーごとのサテライトサイトを作ることなどで、ユーザーの購入したいものが決まっている場合、サテライトサイトがあることによってユーザーの満足度は高まるでしょう。

メリット2:見込み客の獲得を増やせる

サテライトサイトを作ることによって、単純に間口が広がるため、見込み客の獲得数を増やせる可能性があります。
サテライトサイトとメインのサイトでは、それぞれGoogleから評価を受けるため、それぞれのサイトがGoogleの検索結果として表示され、それぞれのサイトの強みを活かしたマーケティングが可能です。
そのため、サテライトサイトを作ることで、見込み客を単純に増加させることも可能でしょう。
そして、サテライトサイトに訪れたユーザーは、商品やサービスが特化して表現していることから、そのようなニーズを持っているユーザーである可能性が高く、質の高いリードを獲得することができるでしょう。

メリット3:SEO効果がある

サテライトサイトを持つメリットの一つに、SEO対策になり、SEO効果があるという点があります。
Googleが大切にしていることは、ユーザーに向けてユーザーが価値を感じるコンテンツを届けることです。それがサテライトサイトであってもメインのサイトであっても関係なく、それぞれのサイトがユーザーにとって価値があるかどうかを判断されており、価値があるサイトとは、専門性があり、オリジナルのコンテンツであることが必要です。
企業が運営するサテライトサイトは、商品やサービスに特化したものが多いため、専門性があるサイトとなり、それぞれのサイトは価値の高いサイトになっていることでしょう。
このようなことからサテライトサイトはSEOに強いサイトである可能性が高く、サイトを沢山持つことで、それぞれの対象となるキーワードで上位表示を目指すことも可能でしょう。

サテライトサイトのデメリット

次に、サテライトサイトを持つデメリットについて見ていきましょう。デメリットには「制作に手間が掛かる」「制作費用が掛かる」「運用が煩雑になる可能性がある」という部分があります。

デメリット1:制作に手間が掛かる

サテライトサイトを作る際、制作会社に依頼する場合には制作は別会社が行ってくれるため、手間はそこまでかかりませんが、自前で行う場合には制作をする手間が掛かります。
今では様々なWebサイト制作ツールが出ていますが、サテライトサイトと言ってもデザインやライティング、構成などが必要となるため、制作の手間が掛かることがデメリットに感じることもあるでしょう。

デメリット2:制作費用が掛かる

次に、制作費用が掛かることもデメリットの一つです。
制作会社に依頼する場合はもちろんのこと、自前で制作するにしても人件費コストが掛かっているため、コストが掛かってしまうことがデメリットに感じることもあるでしょう。
サテライトサイトを作ることによって見込客の獲得が増える可能性もあるため、必要なコストにはなりますが、結果が出なかった時にはサテライトサイトを制作するのにかかった費用は無駄なコストと思ってしまうかもしれません。
しかし、コンバージョンとして見込み客を獲得するだけが成果ではないため、間接的な効果が出る場合もあるでしょう。

デメリット3:運用が煩雑になる可能性がある

最後に、運用することが煩雑になるという可能性もあります。
運用する担当者が明確でなかったり、計画的な運用ができなかったりすることで、「あのサイトは今どうなっているのだ」という状況になることもあるでしょう。
しっかりと担当者を決めて、定期的に更新する仕組みを作ったり、情報が古くなったりしないように気を付けることが大切です。
担当者を決めるときには、担当者に運用を任せっきりにするのではなく、会社として運用スケジュールなどをしっかり把握し、計画性を持って運用することが大切です。

サテライトサイト利用の注意点


次に、サテライトサイトを作る上での注意点を見ていきましょう。

注意点1:被リンクを目的だけにしないこと

サテライトを作る上で注意したいのは、被リンクを獲得することだけを目的にしたサイトにすることはやめましょう。
被リンクを集めるという行為はGoogleが良く思っていない行為となり、被リンクを集めて評価を上げようというSEO対策は一昔前の対策です。
勿論、自然と集まる被リンクついては別ですが、無理やり被リンクを集めるという行為はGoogleから評価を下げられるポイントになりますので、被リンク目的だけのサイトにするのはやめるべきでしょう。

注意点2:運用体制をしっかりすること

運用体制をしっかり取っておくことは大切なことで、デメリットの部分でもご紹介してきたように、運用体制がしっかり取れておらず、担当者任せになっている場合には、情報が古くなったり表現内容がメインのサイトと異なっていたり、更新頻度の期間があいてしまったりと、マイナスな要素を作ることになりますので、サテライトサイトの運用体制をしっかり事前に作っておくことが必要です。

注意点3:ユーザーやGoogleをダマさないこと

そして、ユーザーやGoogleをダマすような設計をせずに、まっとうにホワイトハットSEOを心がけることです。被リンクを集めるという行為もそうですが、ユーザーやGoogleをダマすようなやり方でSEO対策を行ったとしても、結果的にコンバージョンにはつながらず、Googleからの評価を下げてしまうだけになります。
そのようなことにならないよう、ユーザーやGoogleにわかりやすく、しっかりとしたサイト作りを心掛けることが必要です。

サテライトサイトの例

次に、サテライトサイトを構築しようと思ったとき、どんなサイトにすればよいのか、具体的な例を見ていきましょう。

・例1:求人に特化したサテライトサイト

一つに、求人の特化したサテライトサイトがあります。
新卒採用専用のページがあるように、求人だけに特化したサテライトサイトを作ることで、人材確保に役立てることができるでしょう。
現在は求職者の方もホームページを見て情報収集を行い、待遇や福利厚生、どんな人が働いているのか、研修体制はあるのかなどを確認しています。
これからの社会においては、特に人材不足が顕著となるため、人材確保をしていくことは大・中・小企業問わず課題となっていくでしょう。
そのような人材確保のためのサテライトサイトというのも一つの手でしょう。

・例2:サービスごとのサテライトサイト

一つの法人が様々なサービスを展開している場合に、コーポレートサイトで紹介するだけではその価値は伝わらない可能性があります。サテライトサイトを作ることで、サービスの情報を知りたいユーザーが集まり、価値のあるコンテンツと評価される可能性があるでしょう。
複数のサービスを抱えている法人は特に、サテライトサイトを作成して運用していくことで、ブランド力もアップし、効果的なWebサイトが作成出来ることでしょう。

まとめ

これまで、サテライトサイトを持つメリットや、SEO効果があるのかなどをご紹介してきました。
サテライトサイトを持つことはSEO対策にもなり自社のサービスや商品に焦点を当て、特化したサイトを作ることでユーザーからの信頼や信用を得ることができるでしょう。
ユーザーのことを考え、ユーザーに分かりやすく表現することで、サテライトサイトを成功させることができるでしょう。