Yahoo!がリリースした「動的ディスプレイ広告」とは

「動的ディスプレイ広告」とは


近年配信されている、Yahoo!がリリースしたばかりの「動的ディスプレイ広告」をご存知でしょうか?すでにYahoo!の検索エンジンやYahoo!の天気、または交通情報などのサイトで、あなたも知らず知らずのうちに目にしているかも知れません。
スマートフォンも5Gの時代を前に、各メディア企業もいろいろな広告戦略を展開してきているのです。特に最近ではディスプレイ広告も陳腐化し、目立つディスプレイ広告でないとクリックされない、コンバージョン率も上がらないという現象が起こっています。とにかく他のディスプレイ広告よりも目立たなければクリックもしてもらえません。
そこで考え出されたのが、Yahoo!の「動的ディスプレイ広告」というわけです。
ここではYahoo!が2019年2月にリリースしたばかりの、「動的ディスプレイ広告」についてご紹介していきたいと思います。

動的ディスプレイ広告とは


Yahoo!ディスプレイ広告は、正式名称を「YDN(Yahoo! Display Network)動的ディスプレイ広告」といい2019年2月に発表されました。これによって、よりダイナミックに動的なディスプレイ広告を配信することができるようになりました。

従来の「リターゲティング広告」との違い

Yahoo!ディスプレイ広告も分類的には「リターゲティング広告」なのですが、動的という名前がついていることからもわかるように、「動いている広告」としての配信となります。
普通のリターゲティング広告であれば、ユーザーのサイトの閲覧履歴や興味や関心をもとに、提供されたタグや商品リストをもとに画像での広告クリエイティブを自動で作成しますが、動的ディスプレイ広告となるとそれが動的な広告となります。
従来からの静的なディスプレイ広告はすでに飽和状態になっており、すこしばかり色が目立つ、デザインが目立つというだけではクリックされなくなってきました。
その点、動的ディスプレイ広告は、広告がスライドしたりフォーカスしたりするため、いっそうユーザーの目に留まります。なおかつその広告が、ユーザーごとに違っていて、いままでのサイトの閲覧履歴や趣味趣向などのCookieをもとに配信されるため、クリック率が従来のものより高くなると考えられているのです。

動的ディスプレイ広告の特徴

それでは、動的ディスプレイ広告の特徴を見ていきましょう。

特徴その1:とにかく目立つ

Yahoo!の動的ディスプレイ広告は動画と言っても従来の画像をスライドさせたり、フォーカスさせたりする形で配信されますので、従来の静止画タイプに比べるとユーザーが閲覧しているサイトのなかでとにかくユーザーの目に止まりやすいのです。
しかもそれがユーザーの閲覧履歴や興味・関心をもとに作成していますので、ユーザーも現在読んでいるものから離脱しながらも、ついついクリックしてしまうほどの影響力を持っています。

特徴その2:クリック率が高まる

ユーザーのいままでのサイト閲覧履歴や興味関心をもとに配信されている、Yahoo!の動的ディスプレイ広告は、Yahoo!JapanのPC版サイトやスマートフォン版のタイムライン、Yahoo!ニュースやYahoo!天気、Yahoo!路線情報など、主要コンテンツで、使う人の割合が多いサイトに掲載されていますので、必然的に目立ちます。
それに加えてスライドしたり、ひとつの商品をフォーカスする形で動いていたりしますので、とてもユーザーの目に触れやすいのです。
その点で動的ディスプレイ広告は、従来のディスプレイ広告に比べて、クリック率がとても高く、スマートフォンでは約2倍、PCサイトでは通常のディスプレイ広告の4~5倍になると言われています。
さらにコンバージョンではスマートフォンでは通常の2~3倍、PC版では3~4倍になると言われています。

特徴その3:データフィードが欠かせない

動的なディスプレイ広告は、データフィード、つまり広告主側がなんらかの広告素材をアップロードしなくてはなりません。フィードの内容にも制限があり、1アカウント1フィードまでの制限、商品リストは10件以上、3万件以内、ファイルの更新は1日に最大5回までという制限が設けられています。
しかもこれは当初はデータフィードツール経由でのアップロードだったのですが、広告管理ツールから直接アップロードできたり、FTPが利用できたりするなどのアップデートも予定されています。
専用のデータフィードツール経由でないとNGなのは使い慣れないツールで大変ですが、使い慣れた広告管理ツール経由でいいとなると、かなり使い勝手がよくなりますね。

動的ディスプレイ広告がもたらす効果とは?


それでは、動的ディスプレイ広告がもたらす効果にはどのようなものがあるのでしょうか?
Yahoo!の動的ディスプレイ広告はYahoo!のポータルサイトはもちろん、スマートフォンのフィード、Yahoo!天気や路線情報などに配信されていますが、従来のディスプレイ広告に比べて動きがあるため、目立ちます。そのため、クリックされやすいという特徴があります。動きがあるだけではなく、ユーザーがついクリックしてしまうのは、個人のいままでのサイト閲覧履歴や、趣味趣向に合わせた広告が配信されているからです。
この動的ディスプレイ広告はユーザーが皆一律ではなく、個々に違いがあり、これまでのサイトの閲覧履歴やユーザー自身の趣味趣向に合わせたものが自動的に表示されるため、よりいっそうクリックしたくなるような広告が表示されるのです。
現在では、個人の趣味も多様化しており、よりオリジナルなものを求める傾向が強いため、このような個別なディスプレイ広告が配信されるようになったという経緯もあります。それが逆に功を奏し、特に難しいタグを打たず、プログラムの知識がそれほどなくても、自動的に広告が配信されるしくみができてきたと言えるかも知れません。
特にこの動的ディスプレイ広告は、従来の静的なディスプレイ広告に比べると数倍もクリック率やコンバージョン率が違ってくるといいます。
具体的な効果としては、とくに個別に設定せずとも、自動的にユーザーの趣味趣向に合わせた動的ディスプレイ広告が配信されます。それはフィードを用意するだけなのですから極めて簡単です。それも複雑な設定作業は要らず、簡単できわめてシンプルな方法で設定をするだけで、ユーザーの閲覧履歴や趣味趣向にあった動的ディスプレイ広告が自動で配信されるのです。

この動的ディスプレイ広告のジャンルとしては、通販サイトはもちろん、旅行予約サイトや不動産サイトなどと幅広いジャンルがあります。いまやユーザーが購買するのはなにも通販サイトだけに限らないということを示しており、動的ディスプレイ広告はあらゆるジャンルに適用できるのも強みです。
従来であれば、商材やサービスごとにバナーを用意して、それぞれを個別に設定する必要がありました。しかし、動的ディスプレイ広告は自動的に配信されるので、手間が極めてかかりません。そのため運用の効率が上がると言われています。

また、ユーザーが過去に閲覧した商品の広告を表示するだけではなく、Yahoo!動的ディスプレイ広告は、その商品に類似した「レコメンド商品」をも表示してくれるのです。いままで見たものではなく、新しい商品なので、ユーザーの購買意欲を刺激し、コンバージョンにつながる確率も極めて高いと言えます。

動的ディスプレイ広告の利用手順

それでは動的ディスプレイ広告の利用手順を、順を追って見ていきましょう。

手順1:サイトリターゲティングの設定

まずはサイトリターゲティングの設定です。平たく言うと、一度サイトを訪れたユーザーに対して表示させる広告のターゲティング設定です。
もっと噛み砕いて言うと、この人にはどのような広告を流すのかという設定をすることです。
設定はYahoo!広告の動的ディスプレイ広告のページから行います。
なお、このターゲティング設定には蓄積させるのに時間がかかるため、ユーザーの訪問履歴を蓄積することができるように、サイトリターゲティング用のタグの取得と、カスタムラベルの設定を行います。
こうしておくことで、一旦サイトを訪れたユーザーが、他の商品と比較検討をするためサイトを離れたとしても、再び戻ってきた時にサイトの閲覧履歴などをもとにおすすめ商品(レコメンド)などが表示されるため、コンバージョンにつながっていく可能性が高いと言われています。

手順2:商品のリストファイルを作成する

次に商品のリストファイルを作成します。リストファイルとは、ターゲットとなるユーザーが見るであろう商品の情報が書かれたリストをあらかじめ作成して、アップロードすることです。こうしておかないとユーザーが他サイトから再びサイトに戻ってきても広告は表示されません。
このリストには文字コードや区切り文字、改行コード、ファイル形式、ファイルサイズなど細かな設定がありますので、それに従って作成する必要があります。商品数も30万件以内なので、まずオーバーすることはないと思います。

また、商品リストファイルの入力項目は、1行目はヘッダーのみ記入し、2行目以降は空欄にします。2019年12月にリストの項目が追加、変更されましたので、最新の商品リストのテンプレートをダウンロードできるようになりました。やりかたはYahoo!広告の商品リスト管理から行いますが、後に説明する、「商品リスト名」の設定後に行って下さい。
その項目には商品のIDや商品名、説明に加え、トラッキングのためのURLやスマートフォンのランディングのためのURL、商品画像イメージのURL、カテゴリーIDのURL、在庫状況、などがありますが、記載が必須なのは4項目だけで、あとは任意となります。

手順3:商品リストファイルをアップロードする

商品のリストファイルを作成できたら、こんどはそれをアップロードします。アップロードもYahoo!広告の動的ディスプレイ広告のページから行います。
まずは商品リストに名前をつけます。これは広告管理ツールの管理画面から行います。次に商品リスト名を記入して保存ボタンを押します。こうすることで、商品リストのアップロードが可能になります。

手順4:商品セットを作成する

次に「商品セット」を作成します。商品セットとは、1アカウントについて30件まで作成できるもので、商品リスト内の商品を分類分けするものです。
これらの商品セットを広告のグループに登録し、カテゴリーを設定したり、ターゲットが異なる商品の広告を作成したり、配信することができます。
なお商品セットを誤ったとか、やり直しをする場合は、ディスプレイ広告→ツールから、商品リスト→商品セットと進み、削除したい商品にチェックを入れて削除します。なお、デフォルトの商品セットは削除できませんので注意が必要です。

手順5:動的ディスプレイ広告のキャンペーンや広告グループ、広告を作成する

ここまで来たらいよいよ動的ディスプレイ広告のキャンペーンや広告グループ、そして広告を作成します。
商品リストを作成してアップロードすると、審査が行われますが、それが終了して無事に審査に通過すると、キャンペーンや広告グループ、そして広告を作成することができます。
その作り方はまず「キャンペーン」タイプで「標準キャンペーン」を選択します。広告掲載方式として「動的ディスプレイ広告」または「PCブランドパネル」を選択します。
次に「広告グループ」を作成します。この広告グループは、商品セットとサイトリターゲティングを設定します。
商品セットとは商品リスト内の商品をジャンル分けするため、そしてサイトリターゲティングはターゲットリスト管理で設定したターゲットのリストを設定します。

ここで設定は完了です。あとは広告管理ツールで「ディスプレイ広告」を選択し、広告作成ボタンを押して広告を作成します。広告作成画面が表示されるので、商品名、ブランド名、表示URLなどの必要事項を入力し、キャンペーンバナーを作っていきます。
最後に「動的ディスプレイ広告シミュレーター」で表示を確認して表示を確認して終了です。なお、動的ディスプレイ広告では、広告の作成時にプレビューすることができないため、動的ディスプレイ広告シミュレーターが必要となります。

動的ディスプレイ広告に必要なもの


それでは動的ディスプレイ広告に必要なものをご紹介しましょう。上記で動的ディスプレイ広告の出稿の手順をご紹介しましたが、端的に言えば、広告を配信するターゲットを決めて、それにどのような商品の広告を載せるかさえ決まれば、広告は配信できるのです。また、細かい設定も間違わないように追加していきます。

サイトリターゲティングの設定

まずは動的ディスプレイ広告をどのような商品で配信するかが必要です。これを設定するには、サイトリターゲティング用のタグを入力するフォームに、商品IDなどの情報を入力していきます。なお、データの蓄積には時間がかかるために、できるだけ早い段階での入力がおすすめです。

商品リストファイルに登録する商品情報

また、商品リストファイルの作成とアップロードは動的ディスプレイ広告の要と言えるものです。これがないとどのような商品の広告を配信するのかがわからず、広告は配信されません。
この商品リストには文字コードや区切り文字、改行コード、ファイル形式、ファイルサイズなど細かな設定があります。細かいですが、それに従って作成する必要があります。特に改行コード、ファイル形式、ファイルサイズを誤ると正しく表示されないばかりか、広告の配信もできない場合もあります。
なお、商品数は30万件以内なので、まずオーバーすることはないでしょう。
また、商品リストファイルの入力項目は、1行目はヘッダーのみ記入し、2行目以降は空欄とします。このルールも必ず守るようにしましょう。

まとめ

ここでは2019年2月より開始された、Yahoo!の動的ディスプレイ広告についてご紹介してきました。
従来であれば、静的な縦型や横型のバナーで作るディスプレイ広告が主流だったのですが、ディスプレイ広告も陳腐化されてきて、より目立つ、もっと効果的な方法が考え出されるようになりました。それが「動的ディスプレイ広告」です。
このYahoo!動的ディスプレイ広告は、従来の止まったままの静的なディスプレイ広告とは違い、バナーがスライドしたり、一定の商品にフォーカスさせたりするような形で配信されますので、ユーザーの目を引きます。さらにユーザーのいままでのサイト閲覧履歴から自動でそのユーザーにあった広告が配信されますので、従来のディスプレイ広告よりもクリック率、コンバージョン率も高いのです。
このように効果的な動的ディスプレイ広告なのですが、その使い方はいたってシンプルで、「Yahoo!広告」のサイト登録をしてから、商品リストを作ったり、リターゲティングとなる商品のIDなどの情報を入力したりしていきます。なお、この作業は情報が蓄積するまで時間がかかるので、できるだけ早い段階ではじめるのがおすすめです。