リアル店舗を持つ企業のデジタルマーケティング手法

実店舗のためのデジタルマーケティング


店舗を持つ企業の方々は、デジタルマーケティングというものよりも、店舗の周りでチラシを配ったり、看板を作ったり、ポスティングをしたり、呼び込みをしたりと、オンラインマーケティングよりオフラインマーケティングの方が親しみ深いでしょう。
インターネット上でサービスを展開している企業でも、オフラインマーケティングに力を入れている企業もいるため、デジタルマーケティングのようなオンラインマーケティングがすべてということはありません。
しかし、逆に言えば、オフラインマーケティングだけがリアル店舗のマーケティング活動に重要なのではなく、これからはオンラインマーケティング、つまりデジタルマーケティングを利用しなければ、店舗への集客活動や店舗の売上獲得は難しくなっていくでしょう。
冒頭からかなり否定的なことをお伝えしましたが、その理由について、詳しく見ていき、どのようなマーケティングが今後リアル店舗を持つ企業に必要なのかをご紹介していきます。

リアル店舗を持つ企業が抱える課題とは


リアル店舗を持つ企業が抱えている課題というのはどのようなものがあるのでしょうか、ここではリアル店舗を持つ企業の課題について見ていきましょう。

集客が出来ない

リアル店舗で売り上げを作るためには、集客が重要です。
店舗を持っていてもインターネット上にもショップを持ち、そちらの方が、売上が高いという企業も少なくないでしょう。
しかし、ネットを利用したショップ展開だけではなくリアル店舗の売上を上げることによって、言うまでもなく利益をアップさせることができ、リアル店舗をしっかりと運営していくことで、地元からも愛される地元企業として、根強いファンを作っていくことが出来るでしょう。
しかし、その店舗への集客は、どのような企業においても悩みの種で、永遠の課題ともいえるものではないでしょうか。

認知されない

集客できないだけではなく、認知すらされていないということもリアル店舗を持つ企業の悩みでしょう。
店舗を持ち始めたばかりの企業は、その周辺の住宅やお店などにチラシを配布したり、折り込みチラシを行ったり、ポスティングをしたりと、多くはチラシなどの配布によって認知を高めるようにしているでしょう。
オフラインマーケティングも実際に顔と顔を合わせてコミュニケーションできるものもあるため、そのような強みを活かしたマーケティングには向いていますが、人海戦術で、「沢山配る」というのは、今の時代、オフラインマーケティングに頼るというのは違うのかもしれません。
人海戦術でチラシを配った場合など、一日ポスティングに行けても1000部配布できれば良いほうでしょう。
そのような時間を取ることも厳しいため、ポスティングスタッフにお願いすることもありますが、その場合には費用が発生するため、費用対効果が出るかどうかは微妙なところでしょう。

アナログマーケティングでは限界がある


オフラインマーケティング、つまりアナログマーケティングには限界があります。
それは、時間と労働力が必要ということです。
例えば、タレントを起用してテレビコマーシャルをやるということも、オフラインマーケティングの一つですが、それには大きく費用が発生し、マーケティング領域が狭い場合にはその費用対効果は、プラスにすることは難しいでしょう。

ヒト×時間に限りがある

労働力、つまりヒトと時間が必要なオフラインマーケティングでは、そのヒトというリソースの問題や、限りある時間の中でマーケティングするのは、効果が出た・出ないというのは小さな差になることでしょう。
デザインが良かった・配る時間が良かった・曜日が良かったなどという解析は出来ますが、改善してもそこまで大きな差は生まないのではないでしょうか。

雇うor頼むにもお金が掛かる

自分たちの労働力や時間を使わずに、人を雇ったり、どこかの業者に頼んだりすることは、お金が掛かることです。
お金をかけて認知を高めようとしても、それには数値で評価できるポイントを作ることは難しいため、効果が見えない結果を分析することになります。
それが良かったのか、悪かったのかがわからないまま、次の戦略に移ってしまうこともあるでしょう。

デジタルマーケティングの利点

これまでご紹介してきたように、オフラインマーケティングは、決してマイナスばかりではなく、企業によっては行うべき手法ではありますが、オフラインマーケティング単体で行うということは最近では少なくなってきているでしょう。
その一方で、デジタルマーケティングは世の中で多くの企業に利用されてきており、今ではマーケティングの中心となっています。
そのデジタルマーケティングはどのような利点があるのか、見ていきましょう。

お金があまり掛からない

デジタルマーケティングの利点の一つに、お金があまり掛からないということがあります。
例えば、ポスティングをしようと思った場合、企業に掛かる費用としては、折り込みを入れるための折り込み費用が掛かること、折り込むためのチラシの印刷費用、チラシのデザイン費用など、様々な費用が発生し、広告の出稿までに多くの関係者に連絡を取り、少しでも情報共有が遅くなると、広告の出稿タイミングがずれるなど広告出稿までに長く時間が掛かります。
しかし、デジタルマーケティングで広告出稿する方法として、Google広告の出稿などがありますが、ディスプレイ広告やリスティング広告など、表示されるだけではお金は掛かりません。
クリックされてユーザーに情報を届けたことで費用が発生するため、費用対効果を生みやすい広告出稿と言えるでしょう。

知識があれば誰でもできる

デジタルマーケティングの強みは、知識を持っていれば誰にでも出来るということです。
逆に、知識のないマーケターを抱える企業は、マーケティング活動の中で損をしている可能性もあります。
コスパ良く、正しいマーケティングを行うためには、知識を持っているマーケターが必要です。
今では、Google広告、SNS、解析ツールなど、多くの情報があり、上層部の方はちんぷんかんぷんになっているケースもあると思いますが、優秀な知識のあるマーケターを抱え込むことが、今後のデジタルマーケティングにおいて必要と言えるでしょう。

外に出る必要が無い

デジタルマーケティングの強みの一つに、「社内で出来る」という点があります。
オフラインマーケティングでは、自ら外に出て営業活動を行うという場合もあると思いますが、デジタルマーケティングでは、外に出て営業活動をしなくても、デジタルによる広告出稿や、キャンペーンなどの宣伝ページを作ることで、Web上で集客することが可能となっています。

デジタルマーケティングでオススメの手法


ここからは、デジタルマーケティングを行う上で、リアル店舗を持つ企業がやるべきオススメの手法をご紹介していきます。

ランディングページの作成

ランディングページを作ることは、デジタルマーケティングをする上では重要なポイントです。
ランディングページが無くても、広告だけで集客や認知をすることは出来ますが、一般的には広告からランディング(着地)するサイトが必要で、そのようなサイトがあることで、ユーザーの購買意欲を高めることができ、コンバージョンに繋がりやすくなります。
しかし、昔やってしまった方も多いと思いますが、ランディングページに企業や店舗のサイトのトップページに着地させるようなことはやめましょう。
今では、一つの広告に一つのランディングページを作るほど、一人一人の個別対応が求められています。

WordPress

ランディングページを作るツールとして、代表的なものはWordPressです。
WordPressは最近Googleからのプラグインサービスが展開するなど、Googleとの関係が良いものとなってきており、ランディングページを作る際に、WordPressのテンプレートなどを利用して制作すると良いでしょう。

ペライチ

ペライチは、ランディングページを作るためのサービスと言っても良いほど、ランディングページとしての性能が高く、ペライチの登録をするだけでその日からランディングページを作ることが出来ます。
難しい機能やCSSなどのタグの設置などを知らなくても簡単にサイト構築できるため、素人の方にはおすすめのツールです。

WIX

WIXも、WordPressと同じようにサイトを構築していくためのツールですが、日本においては、WIXよりもWordPressを利用しているユーザーが多いでしょう。
しかし、どちらが良いということは一概に言えないため、自分のやりやすい方法でランディングページを作ってみると良いでしょう。

Google広告の利用

次に、Google広告の利用も、外せないデジタルマーケティング手法の一つです。
ランディングページの作成と合わせて行うと良いでしょう。

リスティング広告

Web広告には大きく分けて「リスティング広告」と「ディスプレイ広告」があります。
これは、Yahoo!やGoogleが提供しているサービスで、チラシの折り込みのように、「はい、ここに配って」というようなやり取りではなく、アカウントを取得してキーワードを設定して、広告費用を設定して、といったように、多くの手続きが必要となるため、リスティング広告をやる場合には、ネットの記事などで最新版の設定方法を見てみると良いでしょう。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、リスティング広告と比べてコンバージョンに至る数は少ないと言われていますが、最近ではリスティング広告とディスプレイ広告を合わせて利用することで、相乗効果をもたらすと言われており、そのような方法を取っている方も少なくありません。
広告出稿になれていない場合には、身近にいるデジタルマーケティングの専門家や、Web制作会社にお願いして設定してもらうということもできます。
しかし、そのような場合には、広告費用プラスアルファの手数料がかかってしまいます。
出来るだけ自分たちで設定できた方が良いでしょう。
しかし、専門家に依頼することで、広告出稿になれている専門性のある担当者が広告を出稿してくれるため、費用対効果を高めることが出来るでしょう。

ヒートマップの利用

次に、解析をするためのツールも見ていきましょう。
デジタルマーケティングは「解析」をして「課題を発見」し、「仮説」を立てて「実行する」というPDCAサイクルが出来上がっているため、それになぞってしっかりと行うことで、期待する効果を出すことが出来るでしょう。

アクセス解析

ヒートマップを利用して調べることが出来るものの一つに、アクセス解析があります。
アクセス解析とは、どのくらいのユーザーがそのサイトに訪れており、どれくらいの時間滞在しているかを把握することが出来ます。

行動解析

ヒートマップでは、アクセスしたユーザーの数だけではなく、どのような行動をとっているかを把握することができます。
例えば、画面の中でどこをクリックしているのか、どこまで記事を読んでくれているのか、どこに注目しているのかなどを色で分かりやすく表現しているため、まったく興味を示さない個所などが明確にわかり、その部分を改善するというアクションに繋がっていきます。
デジタルマーケティングにおいては、解析をすること、改善をすることは必須であり、これらを簡単に行うことができ、それらを効果的に行うことが出来るのが、デジタルマーケティングの強みと言えるでしょう。

ABテストの実施

次に、ABテストというものを実施することで、より効果的な企業のマーケティング活動を行うことが出来るでしょう。

画像の変更

ABテストというのは、ランディングページを作成して広告出稿などを行った場合に、コンバージョンを高めるためにどのようなランディングページであれば、効果が期待できるのかを把握するために、ランディングページや、広告そのものを色だけ違う画像を用意したり、写真の種類を変更したりすることで、広告の内容を最適化することが出来ます。
その中でも、画像の変更というのは大切なポイントで、画像を変更する場合には、色合いを変更した画像とのABテストや、人が映っている写真とそうではない写真を比較するなど、その商品やサービスによって広告の内容は異なりますが、画像の変更によるABテストはとても重要です。

テキストの変更

次に、ABテストの中でも画像の変更ではなくテキスト情報の変更という部分があります。
記載しているテキスト情報を別の視点から書いて見たり、ターゲットとしているキーワード以外の表現で訴えてみたりと、テキストの内容を変更することもABテストの一つです。

エントリーフォームの改善

次に、ランディングページや広告の内容が固まってきたら、コンバージョンを高めるためにエントリーフォームの見直しや改善が必要となります。

離脱率の確認

解析ソフトなどによって、エントリーフォームから離脱しているユーザーがどの程度いるかを把握しておくと良いでしょう。
その数値が大きければ大きいほど、折角コンバージョンに繋がる可能性があったユーザーを取り逃していることになります。
一定層、離脱してしまうユーザーはいますが、一人でも多くの顧客獲得をしていくためにも、エントリーフォームの見直しは重要なポイントとなります。

フォームの内容変更

エントリーフォームの離脱率を確認して、高いなと思ったら、そのフォームの内容を変更してみると良いでしょう。
企業側としては、「これも欲しい」「これも欲しい」とユーザーの情報を聞き出すために項目をたくさん入れてしまうことも多いですが、入力量が多いエントリーフォームなどは、ユーザーが面倒くさがり、入力してくれない可能性があります。
あくまでも最低限必要な情報のみ入れればよい形にすることで、問い合わせや資料請求、無料体験などのコンバージョンを高めることが出来るでしょう。

LINEの利用

最後に、LINEを利用するというやり方があります。

リピーター獲得

リピーターの獲得などが必要とされる店舗営業は、リピーターの獲得のためにLINEを利用してマーケティングを行うという例があります。
例えば、一斉にお知らせを送るためにLINEを通してユーザーに知らせたり、チャットボットを利用したりして自動返信をするような機能を付けたりと、マーケティングの一つとしてLINEを使うという手があります。

休眠顧客へのアクション

整骨院や美容院などで多いのは、休眠顧客の掘り起こしです。
毎月のように通ってくれている顧客が、中々来なくなってしまったとき、どのようなアクションを取っているでしょうか。
今ではLINEという便利なツールが生まれているため、これらを利用することも、企業のマーケティングを高める一つのポイントとなるでしょう。

まとめ

ここまで、リアル店舗におけるデジタルマーケティングの手法をご紹介してきました。
デジタルマーケティングは今や利用することは必然となってきており、オフラインマーケティングだけを行ってきた企業の皆様も、これからはデジタルマーケティングを進めてみてはいかがでしょうか。