Web制作に必要なコンテンツ作成のポイントについて

Web制作の必須ポイントは何?


中小企業に勤めるWebマーケターの方々は、Webの運用だけではなくSNSの管理やデジタル広告の管理など、様々な仕事を抱えていることでしょう。
特に、小さな会社であればあるほど、会社のホームページの運用など、一人で行っているという方が大半ではないでしょうか。
そして、その企業に勤めるにあたって、会社のホームページ担当が退職するからということで採用された方も少なくないでしょう。
そんな中、企業のホームページだけではなく、インターネット関連のことやパソコンのことなどを一通り任せられるようになり、自社のホームページの運用だけではなく、ECサイトの運用やSNSの運用、デジタル広告の運用など沢山の仕事をするようになったという方が多いと思います。
そんな中、ホームページのコンテンツ作りもWeb担当者が行っていることが多いと思いますが、ホームぺージのコンテンツ作りはWeb担当者に任せるだけで良いのでしょうか。
今やデジタルを利用したマーケティングは、企業のマーケティングの中でも中心にあり、販促活動は企業の顧客獲得においてなくてはならないものです。
そのような企業の売上に直結する大事なホームページの運用管理を、Web担当者に任せるだけでは不安な部分もあるでしょう。
ここでは、Web担当者の方も、部門の所属長の方も知っておくべきホームページのコンテンツ作りについて、ポイントをご紹介していきます。

Webコンテンツは誰が作る?


企業のWebコンテンツというのはWeb担当者だけが作れれば良いのでしょうか。
企業のWeb担当者はWebの担当者であって、マーケティングを担当しているわけではありません。
しかし、中小企業においては、Web担当者=Webに精通している=マーケティングにも精通していると考えている企業も少なくないようで、Web担当者の方にWebマーケティングも任せてしまうという傾向にあるようです。
しかし、実際のところ、全てのWeb担当者がWebマーケティングに詳しいかというとそうでもなく、コンテンツ作りに大切なポイントなどを知らないという担当者もざらにいます。
では、コンテンツは誰が作るべきなのでしょうか?

Web担当者?

ここでいうWebコンテンツとは、Webページのことを指しています。
この、Webコンテンツを作る目的から振り返ってみると、企業のWebコンテンツを増やしていくのには、売上アップや商品認知の拡大などがあるでしょう。
そのような目的があるため、各部門の責任者から「今月はこれをアップしてほしい」という声や、「こういうページ作れない?」という声が上がってくると思います。
しかし、その各部門責任者の声だけを聞いて、そのまま作ってしまうと、統一感が無く、その場限りのまとまりのないサイトになってしまい、無駄なコンテンツばかりが増えていき、しまいには管理していない「野良コンテンツ」が出来てしまうことでしょう。
しかし、売上や販売したい商品について詳しい人間は社内の中で、部門の責任者であるため、コンテンツの中身だけではなくマーケティングの部分においてWeb担当者に全て任せてしまうこともおかしいでしょう。

部門の担当者?

では、Webのコンテンツは部門の担当者や責任者が考えて作るべきなのでしょうか?
そのような場合、商品やサービスについての知識は高くても、Webマーケティングの知識がないという場合もあるでしょう。
Webマーケティングの知識がない場合、「このように表現したい」「これを売り出したい」という企業側の目線ばかりでコンテンツを作ってしまう傾向になり、市場のニーズがどのような部分にあり、ターゲットに向けてどんなコンテンツであればユーザーに響くのかということを考えないで作ってしまうことになりかねません。

このように、Web担当者、部門の責任者、どちらに偏っても良いコンテンツは作れず、お互いが協力し合って、商品のこと、Webマーケティングのことを情報共有しながら作っていくことが望ましいと言えるでしょう。
そのため、販促会議などを定期的に開き、その場ではWeb担当者からはWebの解析データと見解を、部門の責任者は販売したい商品と価格、目標値とターゲットなどを明確にしたものを持ちより、Webマーケティングの視点でゴール設計をすると良いでしょう。

問題が起こりやすいコンテンツ管理

ここで、Web担当者だけにコンテンツの管理を任せてしまうと起こりやすい問題について確認していきましょう。

統一感が無いコンテンツ

Web担当者は、企業の中で「事務員」というレベルで認識されがちなポジションです。
ホームページのことやWebマーケティングのことをわからない部門の責任者や担当者が、Web担当者に向けてやりたいことや思いついたことなどをぶつけて、それがそのままコンテンツになっていくという企業も少なくないでしょう。
Web担当者は企業の中でも意見を出しにくいポジションになっている方もいると思いますが、そのような場合、責任者が考えたコンテンツをゴリ押しして作ることになるため、その場で思いついたものや、計画性が無いコンテンツばかりが作られていき、最終的には統一感が無いホームページが出来上がってしまい、ユーザーにとって有益な価値とは言えないサイトになってしまうこともあります。

SEOの知識レベルの差

また、部門の責任者にコンテンツ制作を一任している場合には、SEOの知識レベルに差が生まれ、かたやSEOのことを理解して作っているコンテンツと、かたやSEOの知識が無く、ユーザーにとって使いづらいコンテンツが出来てしまうなど、SEOの知識レベルの差によりコンテンツの質がバラバラになってしまうこともあります。
特にWebサイトを利用したマーケティングに力を入れている企業は、毎日のようにコンテンツを作り、情報発信しているところもあると思いますが、その情報をしっかりとチェック・確認せずに間違った情報を届けているという場合もあるでしょう。
このようなコンテンツの質の担保というのは、SEOの知識が乏しい担当者にコンテンツを作ってもらった場合に、管理が難しくなってしまいます。

Webコンテンツ管理でやってしまいがちなミス


実際に起きてしまう、Webコンテンツの管理でやってしまいがちなミスを見ていきましょう。

コンテンツが古い

コンテンツを作り続けて、膨大な量のコンテンツがサイトにある場合、コンテンツの管理が煩雑になり、一つ一つのコンテンツについて見直しが出来ていないという状態になることがあるでしょう。
そのような場合、情報が古いコンテンツが世に出回ってしまい、ユーザーに間違った情報を届けているケースも出てしまうでしょう。
その時には間違っていなかった情報も、時間が経つにつれ、正しくない情報へと変化していくことは多くあります。
特に変化が多いこの時代においては、昨日かいたものが今日には覆されているということもよくあるでしょう。
コンテンツを作ったら、作りっぱなしではなくコンテンツを管理していくことも、質を保つためには重要なことです。

重複コンテンツが生まれる

次にやってしまいがちなのは、重複コンテンツが生まれるということです。
重複コンテンツとは、前に同じようなことを記載した内容があり、同じような内容のコンテンツを新しく作ってしまい、情報が似たようなものになり、コンテンツの価値としては低いページが出来上がってしまうこともあります。
これらがなぜ起こるのかというと、それらの管理をWeb担当者だけに任せてしまい、人為的なミスや、そもそも記事の内容を一覧にしていないなど、管理体制に問題がある場合に起きてしまうことがあります。
コンテンツを増やしていくことは、行き当たりばったりで行うものではなく、しっかりと計画性を持って、どのターゲットにどんな内容を届けたいのかをしっかりと作っておいてからコンテンツ作りをすることが重要です。

レイアウトの統一感が無い

コンテンツを作る上では、「ペルソナ設定」が重要ですが、どのようなターゲットにどのようなタイミングで、どんな情報を与えることによって、どのような行動をとってもらえるかというイメージや計画をしっかりと作っておくことが必要ですが、そのようなペルソナやターゲット層のイメージが無ければ、どのようなレイアウトにするか、発信していく情報の内容、文章の表現など、全て担当者ごとにばらばらになってしまうでしょう。
書き手のイメージや読み手のイメージなどが企業の中で共有されていなければ、個人のブログの様なそれぞれの個性が出てしまうようなコンテンツになります。
ブログの場合などはそのような特性を持たせても良いかと思いますが、一般的なコンテンツ制作においては、レイアウトやデザイン、表現方法などは統一されていなければユーザーにとっては読みづらいものとなってしまいます。

Webコンテンツを作るポイント

ここからは、Webコンテンツを作るポイントについて見ていきましょう。

ファーストビューはしっかりと作る

コンテンツを作る上で重要なのは、ファーストビューです。
そのコンテンツをどのように利用するかによってファーストビューの設定は様々ですが、一般的なランディングページとして利用する場合には、ファーストビューに検索されたであろうキーワードが表現されていることが重要です。
例えば、「ダイエット」で検索してサイトをクリックしてくれたユーザーに対して、ファーストビューでは「健康」についての記載があった場合に、ユーザーは似たようなコンテンツであっても、「ダイエット」ではないため、離脱してしまうユーザーもいるでしょう。
ダイエットに興味があるからと言って、全員が健康に興味を持っているかというとそうではありません。
健康よりも痩せることに注力しているという方も少なくないでしょう。

画像にalt属性をしっかり入れる

コンテンツを作る上では、画像は欠かせません。
画像の重要さについては後述するとして、コンテンツに画像を挿入した場合、画像一つ一つにalt属性を入れることが重要です。
最近では画像検索という行為をユーザーが行っていることが多く、そのような画像検索に対応していくためにも、画像にはalt属性をしっかり入れることが重要となっています。

画像や動画を配置

次に、画像や動画を配置することも、コンテンツ作りには重要なポイントとなります。
パソコンでの閲覧も、スマートフォンでの閲覧も、文字だけの情報ではユーザーは飽きてしまうため、画像や動画の配置は重要です。
また、ユーザーに文字情報でわかりやすく伝えることも必要ですが、ファーストビューなどは画像に目がいくため、画像には力を入れることが必要です。

見出しをしっかり作る

コンテンツ作りに欠かせないのは、見出し設定をすることです。
例えばh2見出しやh3見出しなどをしっかり使うことで、「ここではどのような情報を得ることが出来るのか」をしっかりとユーザーにアピールすることが出来ることと、Googleに向けても、しっかりと構造を作っているとアピールすることが出来ます。

ターゲットを明確にする

コンテンツ作りに重要なポイントの一つに、ターゲットを明確にするということがあります。
ターゲットが明確じゃない場合、「こういうお客さんに向けて」「このタイプのお客さんに向けて」というように、ターゲット層がバラバラになり、結局「誰に向けて発信しているのか」が不明瞭になり、ユーザーは自分に向けた情報と認識せずに離脱してしまうことがあります。
幅広いターゲットに向けて情報発信しようとせず、しっかりとターゲットを細かく設定して情報発信することが重要です。

図版を利用する

コンテンツ作りには画像や動画だけではなく、説明を図にした図版も利用すると良いでしょう。
テキスト情報だけではわかりづらい内容も、図版にすることで分かりやすく表現することが出来るでしょう。

表を利用する

表を利用することも、コンテンツ作りには重要なポイントとなります。
Googleが表を設置していると評価を上げるよと言っているのではなく、ユーザーにとっての分かりやすさが表を入れることによって増すため、価値のあるコンテンツ作りには表の作成がおすすめです。

ディスクリプションを入れる

これは当たり前のことですが、タイトルやディスクリプションをしっかりと入れることが重要です。
ディスクリプションはあくまでも記事の概要として表現するものなので、導入文とは違うため注意しましょう。
コンテンツの要約したものをディスクリプションには入れると良いでしょう。

導入文を入れる

コンテンツの中に導入文を入れることも重要だと言われています。
その理由としては、いきなり本題に入らずに、これからどんな内容を伝えていくかを簡単に紹介することで、どれくらいのボリュームなのか、知りたい情報が手に入れられるかをユーザーが判断することが出来るため、導入文も必要な情報となります。

装飾をつける

作ったコンテンツに装飾を加えることも、ユーザーから見たときに「見やすさ」として評価されることでしょう。
テキスト情報をそのまま載せただけでは、どこにポイントがあるかなどが分かりづらい場合があるため、コンテンツには装飾をかけておくと良いでしょう。
価値のあるコンテンツとはどのようなコンテンツか
最後に、価値のあるコンテンツとはどのようなものを言うのか、見ていきましょう。

ユーザーにとって価値があるもの


価値のあるコンテンツとは、Googleにとって価値があるというモノではなく、ユーザーにとって価値があるものという考えとなります。
例えば、企業側としては「これを伝えたい」というモノがあったとしても、ユーザーが欲しがっている情報は別のところにあるかもしれません。
まずはそのユーザーが求めるものを把握したうえで、その情報を先に届けてあげて、自社のサービスや商品、伝えたい内容を盛り込むと良いでしょう。

見やすいもの、わかりやすいもの

ユーザーにとって価値があるものは、情報の中身もそうですが、見やすさも大切です。
いくら大切で重要な情報が掲載されていたとしても、例えばパソコン用にしか対応していないサイトは、スマートフォンで読むと大変苦労するため、ユーザーのことを考えているサイトとは言えないでしょう。
最低限、読みやすく、見やすく、わかりやすいものを作るという気持ちでコンテンツを作ることで、ユーザーからの評価も上がるでしょう。

信ぴょう性のあるもの

また、信ぴょう性も重要です。
たとえば、医療に関して、専門家ではないのに「多分こうだと思います」という内容より、ドクターが書いた記事の方が、信ぴょう性があります。
そのため、企業が持つ専門性を活かしたサイトにすることで、ユーザーからの評価やGoogleからの評価を受けることが出来るでしょう。
あくまでもWebサイトは企業の強みを活かすように作るべきでしょう。

まとめ

ここまで、Web制作に必要なコンテンツ作りについて、その作り方のポイントなどをご紹介してきました。
コンテンツ作りはWebサイトを運営している以上、必要なことです。
この、Webコンテンツを作る上では、Web担当者だけでも部門責任者だけでも良いものは作れません。
互いに協力し合いながら良質なコンテンツを作っていくように心がけましょう。