TDKの対策は出来ている?サイト担当者なら知っておきたい基本設定

TDKって何?サイト担当者の必修知識!


ホームページを運用しているWeb担当者の方や、企業でECサイトを持っているなど、インターネットを利用して商売している企業にとっては、SEO対策や、コンバージョンアップのための対策を企業単位で行っていることでしょう。
しかし、GoogleのSEO対策において、様々な情報や憶測が飛び交っており、どれが正しい情報なのか判断がつかず、やみくもに出来ることをやっておくという考え方を持っている担当者の方も少なくないでしょう。
しかし、間違った見解や正しくない情報に振り回されることによって、企業のサイトがスパムと判断されたり、ペナルティを受けたりするなどして不利益になってしまう可能性もあります。
正しいSEOの知識を身につけることによって、そのようなことが無いように健全なサイト運営を行うことが必要でしょう。
そこで、今回はGoogleのSEO対策に必要とされるTDKという部分についてご紹介していきます。

TDKってなに?


まず、そもそもTDKというのはどのようなものなのかをご紹介していきます。
TDKとは、「title」「description」「keyword」の頭文字を表したもので、それぞれSEOにとっては重要なポイントとなっています。
それぞれこれらについて細かく見ていきましょう。

TDKのTは「title」

TDKのTはtitleのTです。
ホームページなどのWebサイトを制作する上で、titleは必要不可欠な情報です。
サイトにおいてのtitleとは、そのサイトにはどのような情報が掲載されていて、どのような情報をユーザーに与えることが出来るかを示したものです。
そのため、titleを付けなければ、ユーザーはそのサイトによってどのような情報が得られるかを判断することが出来ませんので、クリックされずにユーザーに企業の情報や商品、サービスが認知されることはありません。
また、もちろん、コンバージョンに繋がることもなく、企業が目的としているサイトからの売上アップや顧客獲得にはつながらないでしょう。
そして、ユーザーからの視点だけではなくGoogleにおいてもtitleがついていないことはサイトにとって不利益になることがあります。
それは、titleがついていないことによって、Googleが望んでいるサイトにならないということと、Googleがそのサイトを認識することが出来ない可能性が生まれるということです。
Googleはサイトのtitleや中身を見てそのサイトにどのような情報が掲載されており、どのようなユーザーに届ければユーザーは満足するのかを200以上のアルゴリズムによって判断されています。
その判断基準の一つにtitleがあり、titleに所法が記載されていなければ、その情報をどのようなユーザーに届けたらよいのか判断できません。
そのため、ターゲットとなるユーザーがキーワードを入れて検索をしても、その検索結果にサイトが掲載されないことでユーザーがそのサイトを探し当てることが出来ず、結果的にアクセスにもコンバージョンにもつながらないという結果になってしまいます。

TDKのDは「description」

TDKのDはdescriptionのことです。
descriptionとは、サイトの概要のことで、descriptionが入ることによってそのサイトにはどのような情報があり、どんなことが掛かれているかを簡潔に確認することが出来ます。
よく、descriptionは導入文と間違われやすいものですが、導入文ではなく、あくまでもサイトの概要となります。
そのサイトの概要がdescriptionに記載されていることにより、検索結果のスニペットにdescriptionが表示されるようになり、検索しているユーザーが検索結果の一覧の中からサイトを見つけ出し、descriptionを見ることによってクリック率を高めさせることが出来ます。
ユーザーは検索結果上でどのサイトをクリックするべきか判断していますが、その多くは「タイトル」や「description」を確認した中で判断していると言えるでしょう。
つまり、descriptionをしっかりと記載することは、ユーザーのクリック率向上につながることになります。
また、Googleにとってもdescriptionを入れることは大切なことで、Googleはサイトの中身を確認する際にtitleやdescriptionも確認しています。
そのため、descriptionが記載されているサイトと、そうではないサイトでは、前者の方が評価は高いと言えるでしょう。
つまり、ユーザーにとってもGoogleにとってもdescriptionを入れることは良いことであるため、サイトを制作している制作者や記事の投稿をしているサイト運営者などはディスクリプションを入れることは必須のこととして運用すると良いでしょう。

TDKのKは「keyword」

TDKの最後のKは、keywordのことです。
サイト運営者であれば、keywordのことはよく意識しているという方も少なくないでしょう。
サイトにkeywordを設定することは必要なことですが、何度も繰り返しkeywordを入れたり、不自然な形でkeywordを入れたりすることは望ましいことではありません。
しかし、keywordが入力されていないサイトは、ユーザーが見たときに、自分が求める情報がそこに記載されているかどうかを判断する基準が見つからずに、離脱に繋がってしまうというケースも考えられます。
特に、Google広告などで、keywordを元にサイトをクリックしたにも関わらず、ファーストビューでそのkeywordが目に入らなければ、そのサイトからは必要な情報が得られないのではないかと判断されてしまうこともあるでしょう。
ランディングページにおいて、ファーストビューではkeywordを含めた画像を利用するなどが求められる場合がありますので、ただ単に文中にkeywordを含めればよいというわけではありません。
あくまでも、不自然な形ではなく、ユーザーが認識しやすいように、ユーザーに向けてkeywordを含めていくことが大事だと言えるでしょう。

TDKが重要な理由

これまで、TDKについてご紹介してきましたが、TDKはなぜ重要なのでしょうか。
TDKが重要視される理由としては、2つの方向から考えられます。
1つ目は、Googleの評価を意識したもの、2つ目はユーザーの評価を意識したものです。
1つ目のGoogleからの評価というのは、GoogleでのSEO対策においては、titleやdescription、keywordを入れることが重要だと言われており、どのようなサイトを見てもSEOに最低限必要な条件というようなことまで書かれていることがあります。
これは、正しいと言えるでしょう。
なぜなら、Googleの評価の基準は「ユーザーにとって有益かどうか」という点でSEOを考えています。
つまり、ユーザーにとって使いやすいか、有益な情報がえられるか、それはユーザーにストレスなく与えられているかという点が重要となるため、titleやdescription、keywordが設定されていないサイトはそもそもユーザーにとって探しづらく、ユーザーにとって有益とは言えないでしょう。
そして、見つけてもらうことが出来ず、クリックされることもなければユーザーからの評価を得ることすらできず、そのサイトやページはユーザーにとって有益ではない=Googleからの評価も得られないということに繋がります。

TDKを入れることはSEOにとって有利なの?


TDKを入れることはSEOにとってどうなのかということがよく話題に上がりますが、それらについて見ていきましょう。

そもそもSEOの間違った考え方

まず、SEOにとって有利かどうかという考えの前に、SEOについて正しい知識を持ちましょう。
そもそも「これを入れた方が良い」や「この設定をするべき」というのは技術的な部分であって、SEO対策という名の環境整備に過ぎません。
一番大事なことは、ユーザーにとって有益かどうかという点です。
つまり、SEO対策をするということは、ユーザーにとって有益なサイトにしていくための改善ということになります。
そのため、「これを入れた方が良い」ということや「この設定をするべき」というのは、全てユーザーにとって必要なことかどうかで判断が出来ます。
例えば、titleはなぜ入れるべきかというと、ユーザーがサイトを探せるように、どのような情報が記載されているかを判断できるようにするためです。
その視点で見れば、titleは「入れるべき」と判断できるでしょう。
descriptionにしても、サイトの概要が記載されていて、そのサイトにどのような情報が入っているかを一目でわかった方がユーザーにとっては有益なはずです。
結果、descriptionも入れた方が良いという判断になります。

Googleはユーザーを見ている

Googleはサイトを単純なロジックによって判断しているわけではありません。
常にユーザーの動きを見て、サイト内でどのような評価をしているかを判断しているため、今はGoogleに対しての対策をすることがSEO対策なのではなく、ユーザーにとって有益な情報を与えることが検索エンジンでのSEO対策に繋がると考えるべきでしょう。
つまり、小手先のテクニックでGoogleやユーザーを騙す様な行為は、そもそも論外ということです。

ユーザーにとってどうかというのが問題

Googleはユーザーが第一です。
つまり、ユーザーにとってどう判断されるかが、Googleの評価に繋がっているということになるでしょう。
例えば、descriptionが無くても、keywordが無くても、そのサイトがユーザーにとって唯一情報が得られる場所であれば、そのような設定が無くとも、ユーザーに情報が届きやすいように検索エンジン上で上位表示されるでしょう。
実際にそのようなサイトはいくつも存在します。

TDKを入れる場所について

次に、TDKを入れる場所について見ていきましょう。

titleを入れる場所

TDKのT、titleはヘッダーに設定します。
titleの設定は1ページに1つとなっているため、いくつもいれるということは避けましょう。
記載の方法としては、以下のようになります。

<head>

<title>タイトルを入力</title>

</head>

このような記載となります。

descriptionを入れる場所

次に、descriptionを入力する場所ですが、こちらもヘッダーの中に入れていきます。
入力は以下のように行います。

<head>

<meta name=”description” content=”サイトの概要を入力”>

</head>

このような形で記載します。

keywordを入れる場所

最後に、keywordを入れる場所ですが、これは特定の場所として決まっているものはなく、それぞれ設定していきます。
例えば、titleに含めたり、descriptionに含めたり、本文に含めたりと様々ですが、一般的にはtitle、description、h見出しに含めると良いと言われています。

やってはいけないTDK

ここからは、やってしまいがちですが、やってはいけないTDKについてご紹介していきます。
やってしまいがちなtitleのミス
やってしまいがちなtitle設定のミスとして、何度も同じキーワードをtitle内に含めるというということです。
一昔前に流行ったSEO対策ですが、沢山のキーワードを入れれば良いということではなく、今は、titleはシンプルで、わかりやすく、ユーザーが判断しやすいものが良いと言われているため、ユーザーを騙す様なものや、小手先のテクニックでうまくいくということはありません。

やってしまいがちなdescriptionのミス

descriptionにおいても、キーワードを沢山含めたり、沢山の情報を入れようと、文字情報を目いっぱい入れたりするような行為はマイナス行為と言えるでしょう。
また、サイト内に2つ以上のdescriptionを設定するなどの行為も間違った行為となるため、そのようなミスが無いようにしましょう。

やってしまいがちなkeywordのミス

keywordについては、これまでもdescriptionやtitleの部分で触れてきましたが、むやみやたらに入れれば良いということではありません。
あくまでもユーザーにとって読みやすく、判断しやすい形で入れると良いでしょう。
また、本文においてもkeywordを入れることは必要と言われており、特に見出しに入れることで、ユーザーがどの内容を読んだらよいのか判断しやすくなるため、適度にkeywordを含めると良いでしょう。
やってしまいがちなミスとしては沢山のkeywordを不自然な形で入れるという行為で、その行為はサイトがスパムと判断されてしまうことにもなりかねませんので、そのような行為はやめましょう。

TDKは入れるポイントと注意点


ここからは、TDKを入れるポイントと注意点を見ていきましょう。

titleを入れるときの注意点とポイント

サイトでtitleを入れる際の注意点とポイントから見ていきましょう。

注意点

注意点としては、titleを入力する際に文字数に気を付けるという点やキーワードをむやみやたらを含めないという点などがあります。
サイトtitleは、文字数を多くすればよいというモノではなく、あまりに文字が多いと後ろの方の文字が…と省略されてしまうため、長すぎるtitleは良くありません。
また、何度もお伝えしていますが、キーワードを沢山含めればよいということはありませんので、そのようなことはやめましょう。

ポイント

うまく入力するポイントとしては、ユーザーから見たときにどのように見えるかという点を考えることです。
たとえば、titleの文字数は何文字が良いということがよく言われますが、そうではなく、ユーザーが見たときに見やすさや分かりやすさ、判断しやすさを基準とすることが大切です。
そのtitleごとに見やすさなどは異なるため、それぞれのtitleごとに判断すると良いでしょう。

descriptionを入れるときの注意点とポイント

次に、サイトでdescriptionを入れる際の注意点とポイントを見ていきましょう。

注意点

サイトでdescriptionを設定する注意点としては、titleと同じように沢山入力すればよいというモノではありません。
文字数としてはPCで閲覧される場合には大体230文字程度、スマートフォンで閲覧される場合には大体100文字くらいと言われているため、モバイルファーストの観点から言うと、100文字前後に抑えておくべきと言えるでしょう。

ポイント

サイトdescriptionは、あくまでもサイトの概要を伝えるものです。
検索結果一覧の中でサイトが表示された際に、この記事の内容なら読んでみたいなと思わせる内容が必要です。
最近ではゼロクリックサーチ問題という言葉が生まれているように、クリックしないユーザーが多くなっているため、このdescriptionの存在は、ユーザーをサイトに誘導するために非常に重要な役割を持っているため、適当に入力せずに、しっかりとユーザーに情報を届けたいという想いを持って入力すると良いでしょう。

keywordを入れるときの注意点とポイント

次に、サイトでkeywordを入れる際の注意点とポイントを見ていきましょう。

注意点

keywordを入れる際の注意点としては、たくさん入れればよいというモノではないということとで、ユーザーが何を求めて情報を得たいと思っているか、ユーザーの気持ちになって設定するということが重要です。
やってはいけないこととしては、スパムと判断されるような不自然な形でキーワードをたくさん入れるというようなことです。

ポイント

上手に入れるポイントとしては、ユーザーのことを考えたページ構成にし、その中で見出しに自然に含められるような内容にしたり、titleやdescriptionに自然に入力したり出来るような内容を意識することが必要です。
keywordありきではなく、あくまでもユーザーありきで考えましょう。

まとめ

ここまで、SEO対策では必要とされるTDKについて、情報をまとめました。
これまでSEOについて都市伝説を信じていたり、正しい情報を得たことが無かったりした担当者の方は、これを機会にTDKの設定をしっかり見直してみてはいかがでしょうか。
TDKに限らず、サイトを構築していく際にはユーザーのことを考えて構築していくことが必要です。
TDKの設定はGoogleのためではなく、あくまでも利用するユーザーに向けて設定するものだということを意識して正しいTDKの設定を行いましょう。