有料リンクって大丈夫なの?広告代理店から勧められるリンク戦略について

その営業、大丈夫?ガイド違反を犯さないために


ホームページの運用を担当していると、様々な営業会社から連絡が来て、大手の広告代理店やWeb制作会社などから営業を受けることがあるでしょう。
その中で、SEOに関することや、Web広告に関する情報を与えられ、自分の知識に自信がない担当者の方は、その方が発信している情報を信じて、企業のホームページに正しくない設定をしてしまったり、一時的な売上を獲得することに目が行き、長期的に見ると不利益な設定をしてしまったりすることなどがあるでしょう。
特に、昔からある「有料リンク」についての営業は、現在でも行われており、Webマーケティングやデジタルマーケティングの知識に乏しい担当者の方がその誘いに乗ってしまうこともあるようです。
今回は、そんなSEO対策の中でも「有料リンクは悪か?」についてご紹介していきたいと思います。

有料リンクって何?

まず、そもそも有料リンクとはどのようなものなのかを見ていきましょう。

Googleが定義している有料リンク


Googleが運営しているウェブマスター向け公式ブログにおいては、以下のような解釈が出来るでしょう。

・有料リンクはガイド違反

この言葉に尽きます。
Googleは、サイトが外部から得ている被リンクについて評価していますが、その外部からのリンクの中には自然に紹介されているものと、有料のリンクトが存在し、その有料のリンクについてGoogleはマイナスの評価をしています。
有料リンクはなぜ違反になるかというと、Googleの考えとしては、検索順位を設定するためにそのサイトの正当な評価をしたいという点から、有料リンクによって沢山の被リンクがついている場合、その判断が出来ないという点からでしょう。
この検索順位を操作しようという行為として有料リンクを設定しているサイトはガイドラインに違反しているとして評価が上がることは無いでしょう。

有料じゃなければ大丈夫?

では、有料でなければ被リンクは問題ないのでしょうか。
それは、もちろん問題ありません。
有料などの対価が支払われたもの以外の被リンクはむしろ自然の被リンクとして評価されるでしょう。
しかし、有料ではなくても、自作自演のような被リンクの場合には評価の対象にはならないでしょう。
例えば、まったく関係性を持たないサイトから被リンクを多く受けている場合は、それぞれのサイトを利用するユーザーにとって有益なリンクとは言えないため、評価を得ることは無いでしょう。
不自然な形でのリンクや、不自然な形でのサイト設定は、Googleからスパム行為と判断される可能性があるため、有料の有無に限らず、そのような被リンクの設定は行うべきではないでしょう。

有料リンクはNG?

結論からお伝えすると、有料リンクはGoogleのガイドラインの違反となるためNGです。
そのような行為はGoogleから評価されないサイトとなるでしょう。
しかし、広告代理店の方や、Web制作会社の方、コンサルタントを名乗る方などは、「公式サイトからの被リンクだから大丈夫!」とか、「Googleのガイドラインに則ってるから大丈夫!」とか、「特別な裏道があるから大丈夫!」などと言って言葉巧みに営業をしてくる方もいるようです。
そのような営業に乗らずに、有料リンクは悪だという認識を持って、正しいSEO対策を行うことが必要です。

有料リンクの正当な方法は?

有料リンクでも、検索エンジンの順位に影響を与えない場合もあります。
このような場合は、Googleからの評価を得ないため、サイトの評価には直接つながらなくなるでしょう。
どうしても、有料リンクを利用したいという方は、このような対策をすると良いでしょう。

リンクにnofollowを付ける

有料リンクを活かすためには、「nofollow」というタグをつけると良いです。
nofollowとは、リンクがPageRankを渡さないようになるため、検索エンジンの評価に繋がらず、Googleからもペナルティの対象になることは無いでしょう。
同時に、このリンクが多いからと言って評価が高くなることもありません。
タグの設定方法としては、以下の様な記載をすると良いでしょう。

href=”http://www.google.co.jp/” rel=”nofollow”>Google

robots.txtを指定する

次に、robots.txtを指定するという方法があります。
これも先ほどの例と同じように、PageRankに影響を与えないリンクと設定することが出来るため、Googleからペナルティを受ける対象とはならないようにすることが出来るでしょう。
設定方法としては、以下のように設定します。

robots.txtによって検索エンジンからブロックされたURLにリンクし、そこからリダイレクトさせる

このように設定することによって、Googleからのペナルティを受けずに済むでしょう。
これらはGoogleの公式ブログから得た情報となるため、正当なやり方と言えるでしょう。

有料リンクがNGな理由


有料リンクがNGな理由も見ていきましょう。

検索順位を不正に上昇させる

有料リンクがNGな理由としては、検索順位に影響を与える可能性があるからです。
Googleがサイトに求めているものは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供しているサイトです。
そのため、評価の基準には様々なものがありますが、その中の一つに外部リンクがあります。
外部からの流入が多いことや、リンクの設定がされていることは、そのサイトが他のユーザーや他のサイトから求められている情報を掲載しているサイトとして評価できます。
そのため、外部リンクが設定されている数が多いほうがGoogleはそのサイトの評価を高くすると考えられます。
しかし、その外部リンクが有料リンクの場合には、お金を持っている人のサイトの方が上位表示されるようになり、サイトそのものの質よりも、お金によって上位表示を獲得することが出来たという結果を作ってしまうため、Googleはそのような結果を望んでおりません。
Googleにとって有料リンクなどで検索順位に影響を与えられることは、望んでいないことであり、そのため有料リンクを設定しているサイトは高い評価を得ることは出来ない状況となっています。

Googleのガイドラインが認めていない

上記の内容とも重なる部分がありますが、Googleのガイドラインでも有料リンクは違反の対象となることをうたっています。
ただし、先述した方法によりGoogleの検索順位での評価を受けないように設定することが出来るため、対処法はありますが、そのまま有料リンクを利用していると、Googleのガイドラインから背いたことになり、何かしらのペナルティを受け、サイトの評価は下げられるほか、ユーザーからもGoogleからも信用を失う結果に繋がってしまうでしょう。
Googleがガイドラインの中でハッキリとうたっているのにも関わらず、有料リンクを進めてくるWeb制作会社や広告代理店などは、そもそもユーザーのことを考えず、目先の売り上げ獲得などに目がいき、サイトを運営するクライアントのことも考えられないような企業が多いでしょう。
有料リンクを勧めてくる業者が現れたら、あまり信用しないほうが良いでしょう。

有料リンクを見つけたときに報告する方法は?

有料リンクを自分たちが利用しないことはもちろんですが、他のサイトでそのような行為を見つけた場合にはどのように対処をすればよいのでしょうか。
見つけても見てみぬふりをすることはユーザーにとっては不利益なこととなるため、インターネット上の情報やランキングを公正にしていくためにも、皆が協力して有料リンクの様な悪質なものは排除していくべきでしょう。
ここでは、有料リンクを発見した際に報告する方法や、その他のスパムやマルウェアを発見した際の報告方法も併せてご紹介していきます。

スパム

まずは、スパムを発見した際の報告方法ですが、下記サイトの中にある「スパムレポートを送る」をクリックして報告を始めてください。

https://support.google.com/webmasters/answer/93713?hl=ja

この際、Googleのアカウントが必要となりますが、マーケターの方であればGoogleアナリティクスやサーチコンソールなどを利用しているケースがほとんどだと思いますので、サイトを運営しているGoogleアカウントなどを利用して報告すると良いでしょう。

スパムは有料リンクと同じように悪質なものとなっており、スパムなどが存在することで、サイトやユーザーに不利益な状況を作っていきます。
これらをGoogleが発見できるようにGoogleもまた自動プログラムなどによって監視していますが、私たちユーザーやサイト制作者の立場からも、Googleに協力をすることで正しいことをしているサイトやユーザーのことをしっかりと考えているサイトが上位に上がれるようになります。
報告することで、Googleは、Webspamチームという場所に直接送信され、拡張性のあるスパム対策ソリューションの開発を行ってくれるようになります。

有料リンク

有料リンクを発見した場合の報告は、以下のサイトにて報告を行います。

https://support.google.com/webmasters/answer/93713?hl=ja

このサイトの中にある有料リンクの部分で、「Google までご報告ください。」と記載のあるリンクからアクセスし、Googleにログインした後に報告を行います。
有料リンクの報告場所も、スパムの報告場所も、入り口のサイトは同じですが、そこから進むリンク先が異なりますので注意が必要となります。

マルウェア

マルウェアの報告もまた、上記と同じように下記のサイトから「Google までご連絡」をクリックして報告サイトへログインをします。
マルウェアというのは、悪質なプログラムのことで、サイトを訪問した際に悪質なウイルスなどに感染してコンピューターを攻撃するものです。
このような悪質なプログラムを発見したら、Googleに報告することでそのようなサイトは検索結果から表示されないなどの対応をしてくれるでしょう。
有料リンクは自社が行わないということだけではなく、サイト制作者同士が意識して発見次第Googleに報告をすることによってそのような行為を行っている制作者やエンドユーザーを少なくしていくことが出来るでしょう。
有料リンクなどは検索順位にも影響を与えてしまうため、自社には関係ないということではなく、健全なインターネット社会を築き上げていくためにも、皆で協力していく必要があるでしょう。

有料リンクは必ずバレる?


有料リンクというのは必ずバレてしまうものなのでしょうか?
実は、うまくやっているということは無いのでしょうか?

競合が見ている

有料リンクは必ず時間が経てばバレるとは限りません。
もしかしたらバレずにGoogleが間違った評価をする可能性もあります。
しかし、有料リンクを続けていても、いつまでもそのような裏技に頼っていることは出来ません。
続けているうちにいつかバレてしまい、折角積み上げてきたサイトの功績を一気に無くしてしまうことにもなりかねません。
Googleはユーザーにとって有益ではなく、不利益な状況を作る場合、そのサイトを検索結果から外すということも可能となっているため、悪質なサイトは淘汰されていくでしょう。
有料リンクはガイドラインの違反となっており、誰しも違反をしているサイトが上位に上がってきては困るでしょう。
そのため、競合他社もGoogle上で有料リンクだと思われるようなものが見つかった場合、Googleに報告してそのようなリンクを消してくれることなどの対処をしてくれることでしょう。
Googleだけではなく、サイト制作者や運用担当者なども目を光らせて、世界中で違反者を報告する目があるため、有料リンクなどの手法を取っているサイトはいつかGoogleにバレて痛い結果を生んでしまうことでしょう。

Googleが判別する

競合他社が報告を積極的にしていなくても、そもそもGoogleには200を超えるオリジナルのアルゴリズムを持っており、検索結果の順位を変更するなどのプログラムが組み込まれています。
そのGoogleが有料リンクなどを判別するためのプログラムもすぐにできていると言われており、Googleの200以上のアルゴリズムの中に、このような評価対象も含まれていると考えて良いでしょう。

自然な有料リンクは存在しない

有料リンクを利用する場合、自然のリンクが期待できない場合が多いため、そのようなサイトでは、結果的に有料リンクを使用しても検索結果の上位に上がってくることは難しいかもしません。
折角お金をかけて対策をしたのにもかかわらず、結果が出ないということにもつながる可能性があります。
有料リンクで上位表示を目指そうという場合には、有料リンクは不自然な形で設定されることが多いためGoogleからも他のユーザーからもバレやすいと思って良いでしょう。

よくある広告代理店の営業手法

ここからは、広告代理店やWeb制作会社からよく言われる営業手法についてご紹介していきます。

これは新しいサービスだから大丈夫

よく言われるのが、これは新しいサービスだから大丈夫というものです。
何を根拠に大丈夫と言っているのかわからないですが、その自信の大きさや、専門的な用語を並べられることによって騙されてしまうというサイト運営者の方や社長クラスの人も多いことでしょう。
広告代理店やWeb制作会社から言われるがまま有料リンクの手法に乗っかってしまうことは非常に危険なため、自分たちでもしっかりと知識を身につけておくことが必要です。

Googleに認められているから大丈夫

次に「これはGoogleに認められている方法だから大丈夫です」というような営業も見かけることがあります。
これまで何度もご紹介しているように、Googleは有料リンクを認めていないため、Googleが認めたというところは間違っています。
この件もまた、知識がないことでハッキリと断れずに、「大丈夫ならやってみよう」という考えや「わからないから任せよう」という考えになってしまいます。
大切なのは、しっかりとマーケターや上層部の方がSEOのことや有料リンクなどのことを理解して、Googleのガイドラインに則ってサイト運営をしていくことが必要です。
そして、一気にアクセスを上げようとなど考えずに、地道にゆっくりとユーザーと向き合い、ユーザーが求めるものに合わせてサービスを変化させていくということの方が効果は期待できるでしょう。

公認のサイトだから大丈夫

最後に、Googleなどの公式サイトに掲載されている情報ということや、公的なサイト、自治体などが運営しているサイトだから大丈夫ということも悪質な営業方法の一つとして考えられます。
公式サイトや公認のサイトだから有料リンクが認められ、検索順位の上位に表示されるということは難しいでしょう。
このような営業トークも聞き流す様な態度でいると良いでしょう。

まとめ

ここまで有料リンクについて、有料リンクは有効な手段なのか、Googleはそれらを認めているのか、有料リンクでもSEO対策にはなるのかなどをご紹介してきました。
結論から申し上げますと、有料リンクはガイドラインに違反しているため、SEO的にはやめておくべきでしょう。
良い結果が出ないということだけではなく、その行動からペナルティを受けてしまうこともあるため、折角積み上げてきたサイトの評価を一気に下げてしまうことにもつながってしまうでしょう。
有料リンクでのアクセスアップを行っても、結局はコンバージョンに繋がらないというケースも多く見ます。
有料リンクの営業をされたら、まずはお断りして、健全サイト運営を心掛けると良いでしょう。