Web担当者なら利用は必須!Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールって?>Googleアナリティクスとの違いは?


Web担当者の方は、様々な世の中のデジタルツールを覚えるのに必死なことでしょう。
特に、アナリティクスとサーチコンソールはマーケターにとっては必要不可欠なツールです。
ここでは、Googleサーチコンソールについて、ご紹介していきます。

Googleサーチコンソールとは?


WEB担当者として、自分の担当しているサイトに人を集客するために色々な知識が必要です。
その中でぜひとも押さえてほしいツールとしてGoogleサーチコンソールがあります。ここで紹介するGoogleサーチコンソロールはGoogleのWEBツールです。このツールによって、SEO対策や必要なデータ収集を行えるのでサイト改善に役立てることが出来ます。
ちなみに、お金がかかるのではないかと思うところですが、無料で使えます。
そのため、WEB担当者ならば登録は必須です。
さて、Googleサーチコントロールは以前に「WEBマスターツール」と呼ばれていましたが、現在は先に紹介した「サーチコンソール」へと変わりました。
さらに、Web担当者にとって必要なGoogleツールとして、Googleアナリティクスも知られていることでしょう。どちらも有名なのですが、違いがあります。双方の違いについて、少し紹介していきます。

Googleアナリティクスとの違いは?

次に、Googleアナリティクスとの違いについて見ていきましょう。

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスという言葉はWEB担当者であれば、ご存知でしょうが、簡単に紹介します。
Googleアナリスティクスは簡単に言うと分析と解析を行うツールで、特に自分のネットサイトに訪問した人達がサイトにアクセスした後でどのページを見ているか等を数値化してくれるツールです。
実際にアナリティクスによって、サイトへのアクセスユーザー数、閲覧ページ数、サイト内での滞在時間、アクセス回数、さらにはどの検索サイトからアクセスしてきたのか、スマートフォンユーザーとPCユーザーではどちらが多いか等の情報を表示します。こうして解析されたデータを基に、現在のサイトの状況を変えるべき点、変えない点の判断をすることが出来ます。
例えば、このアナリティクスのデータを基にアクセスユーザーの多くがスマホからだと判明しました。その場合、スマホサイトの整備を強化することが有効です。そしてスマホサイトを強化することが訪問者数を増やすことに繋がることでしょう。
最後に、アナリティクスによって、サイト内で何をしているのか、どれくらいの時間を利用しているのかを分析することが出来ます。ここのデータにより、サイト内でのアクセス時間が短いことがわかれば、サイト内に長く残る仕組みを考えてみることをオススメします。このようにGoogleアナリティクスではアクセスユーザーの分析をしっかりすることが出来ます。

Googleサーチコンソールとの違いは?

Googleアナリティクスでは、サイトページにアクセスした人がどのようにアクセスしたか、アクセスした後で何をしたか等のことを分析できます。言うなれば、サイトにアクセスした人の動きについて分析することが出来ます。逆に言うと、アクセスする前の動きについては分析することが出来ません。そのため、Googleアナリティクスにおいてアクセスユーザーがいなければ、全く分析・解析を行うことができません。
そこで登場するのがGoogleコンソールです。このGoogleコンソールは、Google内での検索で自分のサイトページがどのキーワードで検索されたか、検索された回数、検索されてからクリックされた回数等を調べることが出来ます。さらに検索された際の表示順位やサイト内でどのように自分のサイトが見られているかのデータを集めることが出来ます。
Googleコンソールはサイトページにアクセスする前の検索時の情報を収集し、分析・解析を可能にしています。またGoogleコンソールは現在のサイトページの状況を確認することが出来、その一環で自分のサイトがスパイウェア等に侵されていないかも調べることが出来ます。

Googleアナリティクスとサーチコンソールどちらを使うべき?


ここまでアナリティクスとサーチコンソールについて紹介してきました。ここで大切なことはどちらを使ったら良いかということです。

両方使うべき

実際にWEB担当になってすぐであれば、どちらも使うことなんてできないと悩んでしまうのではないでしょうか。しかし、先ほど紹介したように、サーチコンソールは検索時、アクセス前の状況を分析・解析することにたけています。
一方、アナリティクスはアクセス時についての解析・分析をすることにたけています。このようにどちらも使用する目的に合わせて利用することが一番です。そのために、どちらを使うべきかと言われると、どちらも使う必要があります。

片方だけだとなぜダメなの?

先ほども紹介したように、サーチコンソールでは検索状況の確認ができます。例えば、自分のサイトがどのような位置にあるか、検索順位がどのようになっているか等を確認できます。しかし、サーチコンソールではアクセス後の状況については確認できません。そこでアナリスティクスン出番です。アナリスティクスによって自分のページ内のどこにアクセスが集中しているかを確認することで、ユーザーの関心を調べることが出来ます。その関心に合わせて、サイトページを作成し、変更することが出来ます。そのようにしていくことで、良いサイトへと繋がります。そしてページが増え、内容が変わることでサーチコントロールではサイトの定義や検索位置が変わってきます。そのためにはサーチコンソールとアナリスティクスの両方を使用しなければ、検索率を上げることも、ユーザーのアクセスをよくすることにも繋がりません。

こんなにある!Googleサーチコンソールで出来ること

Googleサーチコンソールは無料で使用できますが、多くの機能があります。一つ一つを簡単に紹介します。

Googleからのアラートメッセージの閲覧・管理

Googleコンソールでは、自分の登録したサイトに異常がある時に情報を配信します。例えば、自分のサイトの更新時にページが大量に削除された時、サイトがエラーになり繋がらなくなっている時、URLに不備がある時等にメッセージを送って知らせてくれます。他にも自分のサイトが有害と判断され、Googleからペナルティを受けている時にすぐ知らせてくれます。

構造化データの確認

構造化データの確認とは、ページサイトのURLが正しい状態になっているかということです。もし構造化されたURLに間違いがあれば、サイトページはエラーになってしまいます。そのためにサーチコンソールではURLが間違っていないかのテストを行い、しっかりと確かめることが出来ます。
仮に間違えているページがあれば、どこのページが間違っているかを表示します。

リッチカードレポート

リッチカードとは検索した結果を映像や動画で検索結果の上位に表示されるものです。初めは食べ物のレシピと映像が一緒に検索結果として表示されていました。現在、日本ではレシピ、映画、飲食店がリッチカードとして検索結果として表示されることになっています。
このリッチカードについてもサーチコンソールでは異常や問題があると報告をし、問題点を教えてくれます。

データハイライター

データハイライターは構造化されたデータをGoogleに伝えることで、指定した場所がマークアップされます。このマークアップされる場所を自分で指定することが出来るので、自分のページサイトの目立たせたい場所をしっかりとアピールして、検索結果で目立たせることが出来ます。
例えば、商品の評価、価格、レビュー等をリッチカードで表示することで、ユーザーの興味や関心につなげることが可能です。

AMP

AMPとはAccelerated Mobile Pagesのことを指し、モバイル端末でウェブにつないだ際に表示された状況を確認できます。
実際、AMPで表示される時にはPC時とモバイルでの検索結果が画像で比較することが出来ます。文字の大きさや色、画像のサイズなどの比較ができ、修正箇所を確認することが出来ます。

HTMLの改善

HTMLの改善は言葉の通りに、HTMLを使用して表示されるサイトページを改善することです。
どういうことかというと、検索結果されるサイトのタイトルや紹介文章の表示方法を見直すことが出来ます。また紹介文章はメタデータと言いますが、このデータ内容がキーワード検索の結果に影響します。そのためにメタデータが重複していたり、長かったり、短いことで検索結果に影響を与えてしまいます。この影響で検索結果の表示順位を下げてしまうことに繋がります。
そこでサーチコンソールでは、メタデータのエラーや現状の状況を知らせてくれると同時にメタデータのテストを行うことが出来るので、どのように表示されるかを確認することが出来ます。

サイトリンクの変更

Googleで検索した時に、検索するキーワードによって表示されるWebサイト内部のリンクを「サイトリンク」と呼びます。サイトリンクは検索するキーワードによっても内容が変化しますが、基本的にはGoogleが自動で生成します。
そのため、表示させるかどうかはGoogleに依存しており、どのページをサイトリンクに表示させるかは、Googleが判断して決めているため、運営者側からみると表示したくないページが表示されてしまったり、表示させたいページが表示されなかったりという事もあります。そのためにサイト運営者側でサイトリンクの表示をリクエストすることはできません。

リンク元・リンク先のチェック

サーチコンソールではリンク元・リンク先のチェックを行うことが出来ます。リンク元・先のチェックを行わないと、しっかりと作成したサイトページが上位に表示されないこともあります。その理由にGoogleがサイトをスパムや内容が違うサイトとして判断してしまう事があります。検索順位を上げるためにリンク元・先のチェックが必要です。仮に間違いがあったとしてもコンソールを使用することで、間違いの訂正をしやすいでしょう。

内部リンクのチェック

内部リンクとは自分のサイトの中のリンクのことを言います。そして内部リンクの代表的なものとして、注文やお問い合わせページがあります。このようなページがたくさんあれば、サイト内のページに検索が引っ掛かりやすくなり、検索した場合にも上位に表示されやすくなります。そのため内部リンクの数が多ければ検索する際に重要度を上げることに繋がります。そのために内部リンクの設置は非常に重要です。
そこでGoogleコンソールでは内部リンクのチェックを行うことが出来ます。この時にどのページのサイトから来ているかなどのチェックを行い、どのページからリンクしてきたかを分析し、リンクしているページ、リンクさせたいページへと作り変えることが出来ます。

手動によるペナルティ対策

Googleではスパム行為を行ってしまった場合や故意に検索エンジンに違反した行動を行ってしまうとペナルティを受けることがあります。このペナルティを受けると、自分のサイトページの検索順位が下がってしまうことやインデックスを削除されてしまいます。
ちなみにGoogleのペナルティには自動と手動があり、手動のペナルティの場合はGoogleコンソールにて対策をすることが出来ます。

インターナショナルターゲティング

インターナショナルターゲティングとはサイトページがどの言語で、どの国をターゲティングしているかを確認することが出来ます。

モバイルユーザビリティの確認

モバイルユーザビリティとはモバイル版サイトの使いやすさの確認をすることが出来ます。
実際に、モバイル版でのフォントサイズ、ページサイトの表示範囲、しっかりサイトにリンクしているかなどの確認をすることが出来ます。仮にエラーが出ればコンソールで確かめることが可能です。

インデックスステータスの確認

自分のサイトページを時系列で確認することが出来るツールです。実際に、ページ数が登録したはずのページ数と変わっているなどのエラーの特定を可能にしています。

ブロックされたリソースの確認

サイトページを正しく表示する際に、ページに仕様した画像や表示方法であるCSSにリンクすることが出来ますが、あえて画像やCSSにアクセスしないように、ブロックすることが出来ます。しかし、このようにブロックをしていることでGoogleに正しく表示されないこともあります。
このブロックされた状態を確認することで、エラー等のチェックを行えます。

URLの一時的な削除

セール、キャンペーンページ等の日時を限定するページがあり、常時セール等が検索されてしまうことがあります。このように一時的なページを検索されないように削除することが、コンソールのツールで行うことが出来ます。

クロールエラーのチェック

検索した際に、ホームページの内部を調べ、どのようなサイトであるかを分析することをクロールと言います。
このクロールによって定義、分析されることで、検索条件をよくすることができ、検索順印を上げることで、訪問者数を増やすことにも繋がる大切なことです。
しかし、ページ数が増えるとクロールされ、定義づけが変更されてしまうこともあります。またクロールではサイトページの内部もしっかり分析するので、仮にサイト内にエラーが出ていたら、検索結果が良くないとされ、検索順位が下がってしまう可能性が増えてしまいます。
そのためエラーを無くしていくことが必要です。そのために、実際のアクセスがどのようになっているか、また新しいページを作成した際に、再度クロールの依頼を行い、良いサイトとして分析してもらうことも可能です。さらにはクロールチェックを行う前に、事前にテストすることも可能です。

クロールの統計情報の確認

1日に自分のサイトページにクロールが行われた回数の統計情報を確認できます。

Fetch as Google

検索エンジンからページを検索した際に、自分のサイトページの見方を確認するツールです。そのために、ページの更新や新しいページを作った際に確認することに向いています。

robots.txtのテスト

検索の際にすべてのページにアクセスするのではなく、ページを限定し制御することができます。このページを制御するためにrobots.txtを使用します。
実際にrobots.txtを使った際のテストやエラーの確認をすることが出来ます。

XMLサイトマップ送信後のインデックス確認

XMLサイトマップを用いることで、URLをXML形式で表すことが出来ます。実際にXMLでアクセスを可能にすることで、時間を短縮してアクセスができるので、アクセス数を増やすことに繋がるでしょう。このXMLの確認を行うことが出来ます。

URLパラメータ

サイトのURLにパラメータを付与し、ページ内容の切り替えることに使用することが出来ます。ただしこのパラメータには無関係なパラメータもあります。
そのような時に、「パラメータの種類」と「意味」を登録しておくことで、内部ページにアクセスしやすくし、またはしないように設定することでパラメータの方向性を決めることが出来ます。

まとめ


サーチコンソールを使用することで、多くの機能を利用することが出来ます。どの機能をとってもサイトページの検索結果を上位にする確認やエラーを探すことに繋がります。またアナリティクスと同時に使うことで、アクセス数を増やし、アクセスユーザーにとってよいページを作ることが出来ることでしょう。
そのためにもまずコンソールとアナリティクスに登録することをオススメします。