リンクビルディングってなに?いまさら聞けないWEB用語

リンクビルディングとは?質の高いコンテンツを作るために学ぶべきこと


SEOにとって被リンクを獲得することは非常に大切な施策で、被リンクが多いということは質の高いコンテンツであるとGoogleから認められる証ですので、リンクビルティングは無視できない施策です。
リンクビルディングは、やり方を間違えることや古いやり方にこだわってしまうとGoogleからペナルティを受けてしまう可能性があり、一歩間違えると悪質なコンテンツだと判断されかねません。
ここでは、リンクビルディングの正しいやり方や、今行っている施策の見直しとなるポイント、リンクビルディングを行うチャンスや、やってはいけないことなどをまとめてご紹介します。

リンクビルディングとは?


ではリンクビルディングとはどういう意味なのでしょうか? リンクという意味もあわせてご紹介します。

リンクってなんのこと?

リンクは英語の「link」が語源となっており「つながり」「鎖」といった意味を持ちますが、インターネット上では、ページ内の中に記された特定のページの所在を示す情報を「リンク」と呼びます。正しい名称はハイパーリンクと呼び、そのリンクをクリックすると、そのページへ遷移します。

リンクビルティングって?

リンクビルディングは、被リンクを獲得する施策を指します。
被リンクを獲得するというのはウェブ上で他のウェブサイトから、自分のサイトに対してリンクを受けることを意味しており、SEOを実施する際この被リンクは、検索エンジンからの評価を受ける一つの基準となっています。
検索エンジンからより良い評価を受けることで、検索エンジンでの検索結果上位表示を狙うことができます。

被リンクの獲得はNGじゃないの?

被リンクをたくさん獲得するというのは、ダメなやり方じゃないのか、ペナルティを受けるのではないか、と思われる方も中にはいらっしゃることかと思いますが、ウェブサイトの運用に関してGoogleガイドラインに従ったリンク獲得を行うことで、ペナルティを受けることなく検索結果の上位を目指すことができます。
ここで言うNGリンクとは、不自然なリンクで、人為的、偽装的、不正的、PageRankを操作するなどの被リンク獲得を指し、これらは全てGoogleガイドライン違反のためペナルティを受ける対象になります。

リンクビルディングのチャンスはどこにある?

リンクビルディングの施策を用いた、ペナルティを受けずに被リンク獲得するにはどうしたら良いのでしょうか? ぜひこれからご紹介するやり方を、ご参考にしてみていただければと思います。

ソーシャルニュースサイト

ソーシャルニュースに投稿して被リンクを獲得するという方法です。主に新規で開設されたばかりのウェブサイトやブロブなどでは、上位表示を狙うことが難しく、安定してアクセスを集められない、ということが少なくありません。
これは、記事数やページ数が救いためSEOが弱く、Googleから評価されていない状態となっています。
ソーシャルニュースに登録することで、検索結果上位を狙うことができる可能性が高くなります。
まず、ソーシャルニュースとは、インターネット上にあるニュースやブログなどのURLに投稿者がコメントを付けて紹介できるサービスです。
さまざまなユーザーが記事の紹介を行っており、いろんな価値観のもと発信される意見をまとまっていて、ここに紹介されれば大きなチャンスになりますよね。代表的なサービスには「楽天ソーシャルニュース」が挙げられます。
自分のウェブサイトがSEOに弱くても、このソーシャルニュースはSEOに強いため、誰かが記事を読んでもらえる、アクセス獲得のチャンスがある、という状態になります。
これでどんどん閲覧者が増えることや、話題になれば被リンク獲得につながります。

オンラインニュースサイト

スマートニュースや、グノシー、ヤフートピックスなどにウェブサイトのコンテンツが掲載され、アクセスが急増し、被リンクが増える効果が期待されます。このように、大手オンラインニュースサイトに掲載されるには、「面白いコンテンツ」として選ばれ掲載されるほかに、提携やお金を払って広告を出すなどをして掲載してもらうことができます。
提携や広告はでは注目を集めているウェブサイトや、資金力がなければなかなか掲載することが難しいです。
これらオンラインニュースは、独自のプログラムを用いてインターネット上を回遊し、良質なコンテンツのある情報を集めます。1日に数千万件のサイトを見てスコア計算やカテゴリの分類、記事の選定を行ったのちに掲載されるのですね。
掲載されるコツとしてはコンテンツの質がよく、誰もが役立つページだと思われることでしょう。

政府が運用するサイト

良質な被リンクには、サイトの運営者がどういう団体なのか分かっているサイトからの被リンクが良いことが明らかになっています。特に政府が運用するサイトからの被リンクは非常に信頼性が高いリンクとして評価も高いです。
ところが、政府との接点を持つにはなかなか難しく、例えば地方区役所などの団体から被リンクを得るため、自分自身で提供できるサービスをボランティアとして提供するなど、何らかの形で貢献し続ければ、被リンク獲得に至ることができるでしょう。
政府が運用するサイトは区役所だけではなく、商工会議所や、××協会、などというものが日本国内にたくさんありますので、地域にある公的機関や、自分が役立てそうな専門知識を有した公的団体に働きかけて被リンクをもらえるよう交渉しておくことは、リンクビルディングの施策としても大切です。

大学が運用するサイト

政府と同じほどSEOとして強力なのが、大学が運用するサイトでしょう。と言うのも、Googleは 大学をE-A-T(専門性・権威性・信頼性)の面で非常に評価しているので、その高い評価のウェブサイトから被リンクをもらえるということは、検索結果への影響は高いと言えるでしょう。
しかし、大学からリンクをもらうということは難しく、個人運営のブログなどではなかなか実現できないかもしれません。
企業の場合だと、大学へ営業をかけて実験器具や機材、設備の提供や留学に関するサービスの提供などを行う際に、何か被リンク獲得のために呼びかけるなどでウェブサイトのリンクを掲載してもらうなどですね。
大学の接点がそもそもないという場合は、ゼミと提携したプログラムや大学のキャリアセンターでの求人応募などの取り組みをすることで、被リンク獲得への道が開けるはずです。
なので、まずは大学からのリンクまでいかなくとも、研究室のサイトからの被リンクがあると、間接的に大学からの被リンクがもらえるということになり、SEO的には成果が上がっている状態です。

ブログ

ブログを使ったやり方で、メインのウェブサイトのSEOのために、メインサイトとは別に立ち上げたブログ、もしくはサイトのことです。
知名度の高いサービスを挙げると、以下のものがありますね。
・はてなブログ
・アメブロ
・FC2ブログ
・ライブドアブログ
基本的に無料で使えて、メインサイトへの被リンクを得る、という方法です。客観的に見ると関連性の高いブログからの被リンクを獲得できるというメリットがあり、作成や更新も比較的簡単なので、長期間の運営に向いています。
また、無料のブログも多いため、さまざまなサービスのブログを作成することができ、それぞれのブログを使い分けることでドメインを分散さ、評価されやすくなります。
一方、開設したブログの質が悪いと、悪質な被リンクと検索エンジンがみなし、メインサイトがペナルティを受ける可能性が高くなります。更新されてない、使われていないブログでも同じことが言えます。
また、無料で簡単ではありますが、開設から運営も時間がかかるため一人では難しいという点が挙げられます。手間があるけど、効果は期待できそうだ、という手段だと言えるでしょう。

SNS

SNSを使った被リンク獲得の方法です。まず、TwitterやFacebookで自分のコンテンツがシェア、リツイートがされても、その共有リンクはnofollow属性が付与されているため、被リンクになりませんので、SEO効果としてはみなされませんが、共有してくれたユーザーが、ブログなどで共有されれば、被リンクの獲得をすることができます。
SNSによるコンテンツの広がりが、間接的にSEO効果として期待でき、シェアやリツイートの直接的な効果はなくとも、参照リンクによるナチュラルリンク(良質なリンク)獲得を増やしていきSEO対策を進めることができれば、上位表示を狙うこともできます。
そのためには、自分が扱っているコンテンツの関連しているテーマを扱っているユーザーや、ターゲットとなるユーザーからのフォローを得ることで被リンク獲得が促進されます。
SNSによって共有・拡散されることで外部のウェブサイトでコンテンツが参照されやすくなり、ファンやフォロワーもより増えることでしょう。

リンクビルディングで「やるべきこと」と「やらないこと」


被リンク獲得の施策についてやるべきことと、そうではないやらないほうがいいことがあります。
被リンク獲得は、前半にご紹介した通りウェブサイトにとって大きなメリットがあることがおわかりいただけたかと思いますが、間違った被リンク獲得を行ってしまうと、その努力が水の泡になってしまいます。

やるべきこと

リンクビルディングについてやるべきことは何でしょうか? それぞれまとめてご紹介します。

リンクの価値を判断する

リンクの価値とは、SEOにとって効果がない被リンクを見極める、ということです。今のGoogleでは、質の低いサイトや、悪質なウェブサイトからの被リンクの効果は、マイナス要素となっています。それだけではなく、SEO対策を目的としただけのユーザーにとって無価値なウェブサイトからの被リンクもマイナス評価につながります。これらの被リンクを見抜くには、「被リンクチェック」を行うことで被リンクの状態がわかります。定期的に自分自身のサイトの被リンクチェックを行っておくべきです。
被リンクを確かめるには以下の4つのツールをご紹介しますので、活用することをオススメします。
・SEOTOOLS
・SEOチェキ!
・Ahrefs
・Majestic SEO
ひとつのツールに頼りきるのではなく、なるべく複数のツールを使って二重チェックを行うと、精度の高い被リンクチェックを行うことができるでしょう。

リンク切れの修正

リンク切れは「Dead Link」とも呼ばれ、リンク切れしたボタンやテキストをクリックして画面が遷移すると「404 File not Found」と表示されます。見たことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
いわゆる「404エラー」というものです。
リンク切れによって、ユーザーの利便性が低下し、ウェブサイトの評価が落ちてしまう可能性があります。これはユーザーファーストを掲げるGoogleの理念からも重要な項目でしょう。
リンク切れが頻繁に起きてしまえば、ユーザーからウェブサイトへアクセスしてもらえる可能性が下がってしまいます。そうなれば、検索結果からの順位も下落してしまうのは当然だと考えられますね。
もし、ホームページのリニューアルなどをする際には、大作として変更したURLに「301リダイレクト」を設定しておくと、移転前のURLが持っていた被リンクを、新しいURLに引き継ぎ事ができます。
さらに、リンク切れに気づかないままだった……ということに陥らないためにも、リンク切れになっていないかどうかのチェックツールをご紹介します。
・リンクチェッカー
・リンク切れチェックツール
・takotubo.jp(リンク切れチェックツール)

やらないこと

では、リンクビルディングでやらないこと、やるべきではないことをご紹介します。

隠しリンク

隠しリンクについてはGoogleのガイドラインにしっかりとペナルティを受ける対象だという明記があります。
具体的には以下のようなポイントです。
・白背景、白テキストの使用
・画像の背後にテキストを設置する
・CSSを利用してテキストを画面外に配置する
・小さな1文字のみリンクにして、リンクを隠す
などが挙げられます。
昔は通用していた技術ですが、現在ではマイナス評価を受けるだけではなく、厳しいペナルティを受けてしまいますので、全ページ点検してみましょう。

関連性のないリンク

自分のウェブサイトに関係のないサイトからの被リンクを指します。これは、マイナスの評価を受けるわけでありませんがSEO効果の見込みは低いです。
検索エンジンでは、ウェブサイト同士がどのようなテーマでつながっているか、という観点でも評価をしています。
関連性の低いリンクだと、テーマが関連しているとは見られませんよね。ユーザー視点で見てもリンク元とウェブサイトの自然なつながりであるかどうか、という点で意識した被リンク獲得を目指しましょう。逆に、そのリンク元が、ユーザーのニーズを満たしているような関連性の高いコンテンツである場合、SEOの効果は高くなります。

リンクでペナルティを受ける?


何度も繰り返してペナルティを受ける可能性がある、ということについてですが、あまりにも悪質な被リンクなどがある場合ペナルティを受けてしまいます。最近では自動生成コンテンツやAIが作成した精度の低い記事などのオリジナルコンテンツが少なく、そのようなコンテンツからの被リンクを受けることでさまざまな弊害が起きます。

スパムに思われてしまう

悪質なコンテンツからのリンクが自分についているかどうかを定期的にチェックすることで、スパム疑惑を解消することがSEOにとって大切です。
また、こちらがリンクをする際にも、関連性の低いコンテンツへのリンクをすることで、スパムだと思われる可能性も少なくありませんので、リンク・被リンクともに注意が必要です。

悪意のあるリンク

ご紹介した自動生成コンテンツやコピーコンテンツ、被リンクを得るためのリンク集だけのコンテンツなどの悪質なサイトからの被リンクにも注意が必要です。
このような被リンクは、被リンクチェックを定期的に行って、ナチュラルリンクだけを残しておきましょう。

ペナルティを受けるとどうなる?

ペナルティを受けてしまうと、検索結果のキーワード順位が大幅に下がってしまいます。
ペナルティを受けた場合、不自然な被リンクを解除し、コンテンツを見直してからまたペナルティ解除の再審査のリクエストを送る必要があります。再審査が通れば、下落した順位が1週間から1か月で元に戻ってきます。被リンクを失い、SEOからのトラフィックを失ってしまいますが、ペナルティを受けないように日ごろから気を付けながら運営を行うことが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。リンクビルディングについて、被リンクの良し悪し、リンク獲得するための施策、リンクビルディングをやるにあたってやるべきこととやってはいけないこと、ペナルティについてご紹介してきました。これから運営する方にとってリンクビルディングは重要な施策ということがわかってのではないでしょうか? また、現在ウェブサイトを運営している方にとっても今一度、被リンクを見直す機会になったのではないでしょうか。被リンクチェック、リンク切れのチェックも日ごろから忘れぬように運営し、検索順位を上げるためにも、リンクビルディングに取り組んでいきましょう。