【初心者向け】Googleディスプレイ広告の設定方法と効果的な使い方

今すぐ活用出来る!効率よく使えるGoogleディスプレイ広告


インターネットを利用してマーケティングを行うデジタルマーケティングが、多くの企業で利用されるようになってから、特に注目を集めているのはGoogle広告ではないでしょうか。
Google広告は検索エンジンの主流でもあるGoogleが提供しているサービスで、インターネット上のデジタル広告としては多くのシェアを持っている広告媒体となります。
このGoogle広告を利用して様々な企業がサービスや商品の広告宣伝や認知度を高める活動をしていますが、デジタルマーケティングをどこかで学んだ方や、資格を取得した方ではない限り、見よう見まねで広告出稿をしているという方も少なくないでしょう。
デジタルマーケティングの強みの一つに、データ分析をして次の改善をし、最適化していくという強みがあります。
それらを実践していくためには、データ分析と、様々な広告設定、ターゲットの設定などが必要となり、独学で実践してきたGoogle広告の広告主の方は、今回ご紹介するGoogle広告の設定方法について理解していただくことで、より高い広告効果を出せるようになるでしょう。
今回は、そんなGoogle広告の中でも、Googleディスプレイ広告の効果的な使い方についてご紹介していきます。

Googleディスプレイ広告とは?


Googleディスプレイ広告はGoogleが提供しているGoogle広告のサービスの一つで、多くの企業が利用しているサービスです。
このディスプレイ広告についてまずは見ていきましょう。

ディスプレイ広告って?

Googleディスプレイ広告とは、Google広告の一つとしてGoogleに広告費を支払うことでインターネット上に広告表示できるというものです。
ディスプレイ広告では、インターネット上の検索エンジン上にサイトへのリンクが表示されるのではなく、インターネット上の様々なサイトの中で広告表示されるという仕組みとなっており、世界中にある様々なサイトで自社の広告を表示させることが出来るというサービスです。
そして、ディスプレイ広告では、広告を表示させる手法として、画像広告や動画広告があり、視覚的にクリックしないユーザーにも認知させることができ、サイトを閲覧する多くのユーザーに対して、自社のサービスや商品の認知度を高めることが出来ます。

Googleリスティング広告との違い

Google広告には、ディスプレイ広告とは別にテキスト広告と呼ばれるリスティング広告があります。
これは、インターネット上で、キーワードで検索したユーザーに対して自然検索結果が表示されますが、その検索結果の一覧の上部に広告欄があり、自然検索の順位とは別に、広告枠として上位表示できるというものです。
これは、インターネット上の様々なサイトに掲載されるものではなく、あくまでもGoogleやYahoo!といった検索結果の中で広告として表示されるのがリスティング広告となります。
リスティング広告とGoogleディスプレイ広告の違いとしては、リスティング広告はテキストと呼ばれる文字情報での検索結果、広告表示となり、あくまでも検索結果の一覧に表示されるものですが、ディスプレイ広告は、検索結果ではなく、様々なサイト上に表示されるもので、広告の種類としても画像や動画と言ったビジュアルで目に飛び込みやすい広告となっています。
また、Googleディスプレイ広告にはリターゲティング設定という機能がついており、一度広告をクリックしたユーザーに対して何度も同じ広告を表示させるという手法を利用することが出来ます。
この手法は効果的と言われており、ディスプレイ広告ならではの強みと言えるでしょう。

Googleディスプレイ広告のメリット


ここからは、Googleディスプレイ広告を利用するメリットについて見てきましょう。

リマーケティング広告が出せる

Googleディスプレイ広告では、テキストを利用するリスティング広告とは違って、リマーケティング広告を打ち出すことが出来ます。
リマーケティング広告を行うことにより、興味を持っているユーザーに対して何度も広告を表示させることができ、そのユーザーに対しての購買意欲を上げる効果や、認知度を高める効果があり、コンバージョンを高める手法の一つとして多くの企業が利用しています。
一度クリックした広告が、どのサイトを見てもついてくるという経験をされたことがある方はイメージが付きやすいと思いますが、そのどこにでも追いかけてついてくる広告こそがリマーケティング広告となります。

セグメントしたターゲットに広告配信が出せる

Googleディスプレイ広告の利用について、セグメントしたターゲットに対して広告配信が出来ることもメリットの一つと言えるでしょう。
Googleディスプレイ広告は、「人」と「枠」にターゲットを決めることができ、それぞれを個別に設定することが出来るため、多くのターゲティングの種類があることが特徴です。
「人」のターゲティングには、以下の5つの種類があります。
・デモグラフィックターゲティング
・インタレストカテゴリマッチ
・類似ユーザーターゲティング
・リマーケティング
・カスタマーマッチ

「枠」のターゲティングには、以下の4つがあります。
・トピックターゲット
・キーワードターゲット
・DSK(Display Select Keywords)
・プレースメントターゲット

があり、これらを組み合わせていくことで、セグメントされたターゲットを絞り込み、効果的な広告配信を行うことが可能となります。

画像や動画で広告が出せる

Googleディスプレイ広告の大きな強みとしては、画像や動画で広告が出せるということです。
リスティング広告では、検索結果としてサイトにリンクするテキスト情報が表示されますが、テキスト情報だけでは見た目的にもユーザーに印象付けすることは難しいですが、画像や動画を利用することで、クリックされなくても認知度を高めることや、ユーザーに注目させることが出来ます。
特に画像や動画はクリック率を高めることや購買意欲を高めることが期待できるため、Googleディスプレイ広告の強みと言えるでしょう。
クリックしなくても効果は出せる
Googleディスプレイ広告では、画像や動画による広告表示となるため、クリックしなくてもユーザーの目に入り、ユーザーへの認知度を高めることが出来ます。
Googleディスプレイ広告とリスティング広告を並行して利用することで、ディスプレイ広告で認知度を高めながら、コンバージョンに繋がるユーザーをリスティング広告で狙うという相乗効果を生み出すことが出来ます。
Googleディスプレイ広告だけに限りませんが、特にGoogleディスプレイ広告は間接的な広告効果も期待できる広告媒体となっています。

Googleディスプレイ広告で設定するもの


ここからは、Googleディスプレイ広告について、広告で設定するものの種類について見ていきましょう。

地域設定
Googleディスプレイ広告では、地域設定をすることができ、国内の地域や、半径、地域名など様々な方法で地域設定をすることが出来ます。
また、地域の設定の中には、高度な設定として「ユーザーがいる可能性が高い地域」や「ユーザーが関心を示している地域」、「除外地域の設定」など、細かな設定をすることが可能となっています。
キャンペーンのサブタイプ
サブタイプとは、キャンペーンタイプに「ディスプレイ」を選択した場合や「動画」を選択した場合に、より詳細の設定をすることができ、ディスプレイ広告においては、ディスプレイキャンペーンとGmailキャンペーンが設定でき、Gmailキャンペーンの場合には、Gmailの受信箱に広告を表示させることが出来ます。
フリークエンシーキャップ
フリークエンシーキャップとは、ディスプレイ広告において、同一ユーザーに広告を表示させる際に、何回まで広告を表示させるようにするか設定をすることが出来るものです。
設定には、「Google広告で広告の表示頻度を最適化する(推奨)」と「制限を設定」とがあり、上級者になると次「制限を設定」を選択し上限設定すると良いでしょう。
コンテンツの除外
Googleディスプレイ広告の設定の中には、「コンテンツの除外」という項目があり、デリケートなコンテンツやコンテンツのタイプ、コンテンツの内容ごとに除外する設定を行うことが出来ます。
例えば、デリケートなコンテンツの部門でいうと、「惨事、紛争」についての内容や、「性的内容の示唆」というものなどがあり、広告表示させたいサイトの内容を選定して広告配信をすることが出来ます。
また、コンテンツのタイプでいうと、「ゲーム」という枠組みや「埋め込み動画」というタイプを選定することも可能です。
その他の項目
これまでご紹介してきた項目以外にも設定するものがあり、それは開始日などのスケジュールと、キャンペーン予算、利用するデバイスや言語の設定などです。
インバウンド戦略を行っている企業においては、言語の設定や地域の設定などは、特に必要になってくるでしょう。

効果を出すためのさらなる設定や改善

ここからは、効果を高めるために設定の変更や改善をどのようなポイントでするべきか確認していきましょう。
効果が無いプレースメントの除外
プレースメントというのはGoogleディスプレイ広告を出している広告出稿先のことで、効果が無いプレースメントへの広告出稿を減らすことで、無駄な広告費用を抑えることができ、生産性を高めることが出来ます。
広告の効果として考えられるものとして、問い合わせや資料請求などのコンバージョンや認知度を高めるということですが、認知度の部分は別として、コンバージョンに繋がっていないプレースメントは除外した方が良いでしょう。
画像サイズごとに効果検証
Googleディスプレイ広告では、広告出稿する際に画像のサイズを調整して出稿することができ、サイズの種類としては120×600、160×600、200×600、728×90(一部割愛)などがあり、これらの画像サイズによって効果測定をして、どのサイズの画像がクリックされ、コンバージョンに繋がっているかを検証することで、効果を最大化させていくことが出来ます。
広告の内容によっては、画像のサイズごとにクリック率なども大きな差が出ている可能性があります。

リマーケティングについて

Googleディスプレイ広告を利用するのであれば、リマーケティング広告は外せない手法と言えるでしょう。
リマーケティング広告は、一度クリックしたユーザーに対して何度も広告を表示させるという手法で、興味のあるユーザーに対して何度も広告表示をさせることが出来るため、効果的な広告出稿を行うことが出来ます。
1ユーザーに対して何回までという上限設定も出来るため、広告主のさじ加減でリマーケティングの回数も設定できます。

ディスプレイキャンペーンオプティマイザー

ディスプレイキャンペーンオプティマイザーとは、Googleが自動的に、効果が出せるように自動で条件を設定して配信してくれるというもので、Googleディスプレイ広告をはじめたばかりの時には設定できませんが、コンバージョン数が増え、実績が増えてきたときに利用できるようになります。
これまでの実績を踏まえてターゲティングの条件を設定してくれるため、効果的な広告出稿が出来るようになります。
定期的な画像の変更
Googleディスプレイ広告を利用するためには、画像広告を出稿するために画像を用意しなければなりませんが、広告を出していく中で効果測定をしながら画像の定期的な変更が必要となります。
何度も同じ広告を出していると効果測定が出来ず、画像を繰り返し変更しながら効果測定することで、どのような画像が、効果があるかを測定することができ、効果を高めることが出来ます。
特に、人が映っている画像がクリックされやすかったり、画像の背景色などでクリック率が変動したりと画像によってユーザーの行動に変化をさせることが出来るため、定期的に変更するべきでしょう。
効果を生み出すユーザー設定
ここからは、効果を生み出すためのユーザー設定について見ていきましょう。
類似ユーザー
ユーザー設定の中でもまずは類似ユーザー設定について見ていきましょう。
類似ユーザーとは、サイトへ訪れたユーザーをリスト化しておいて情報を溜めておくことで、サイトに訪問したユーザーと行動が類似しているユーザーに対して新規で広告配信できるというもので、ただやみくもに広告配信するよりも断然効果が期待できる手法となります。
二匹目のどじょうを探すという言葉がありますが、それと同様に同じ行動を辿っているユーザーは、おそらく興味関心が高いだろうというターゲティングの方法となります。
インタレストカテゴリ
インタレストカテゴリというのは、購買意欲の強いユーザー層・アフィニティカテゴリ・カスタムアフィニティカテゴリという3つの種類からなる手法のことで、特定のカテゴリに興味があるユーザーをターゲットとしてアプローチする方法です。
・アフィニティとは
アフィニティとは、親近感を表した言葉で、その言葉の通りに興味関心が高いユーザーという意味を持ち、ユーザーのサイト訪問の履歴や検索履歴などから、興味がありそうなユーザーをターゲットとしているものです。
・購買意欲の強いユーザー層
購買意欲の強いユーザーとは、その名の通りで購買意欲が強いユーザーのことを言います。
アフィニティとは、あくまでも趣味嗜好などの興味関心に関するものですが、購買意欲というのは商品やサービスに対して興味があり、購買意欲が高いユーザーというカテゴリになります。
このようなターゲット設定をすることで、自社のサービスや商品の広告を購買意欲が高い、つまりコンバージョンに繋がりやすいユーザーに広告配信することが出来るようになります。

効果を高めるためにGoogleがおすすめしていること


最後に、効果を高めるためにGoogleが勧めていることをご紹介していきます。

・すべてのユーザーをターゲット設定に
・コンバージョンを最適化する入札戦略を使用する
・自動ターゲット設定の使用
・動的リマーケティングの使用
・ショッピングカートを放棄したユーザーに働きかける
・アップセルやクロスセルを実施
・商品カテゴリごとの広告作成
・購入から一定期間内のユーザーにリーチする

Googleはこのような戦略を実施することをお勧めしており、Google ディスプレイ広告を効果的に利用するためには、このような設定や戦略が必要となります。
アップセルやクロスセルについては営業戦略となりますが、Googleディスプレイ広告を利用する上でも売上アップをする上では必要な戦略と言えるでしょう。
また、ネットショップなどを運営している場合には、カートを放棄したユーザーに働きかけることや、購入からの一定期間内のユーザーにアプローチすることで、効果を得ることが出来るでしょう。

まとめ

ここまで、Googleディスプレイ広告の設定と、効果的な使い方についてご紹介してきました。
ディスプレイ広告を利用するためには様々な設定と画像の制作などが必要となりますが、効果的に利用することで問い合わせが増えたり資料請求が増えたり顧客を増加させることが出来ます。
特に、Googleディスプレイ広告ではコンバージョンだけではなく認知度を高めることも出来るため、デジタルマーケティングとしては利用するべきでしょう。