今すぐできる!Google広告で費用対効果を上げる方法

Google広告で結果を出すテクニック!これを抑えれば大丈夫


デジタルマーケティングにおいて、デジタル広告を利用する場合、初めに行う広告として多いのはGoogle広告ではないでしょうか。
Google広告はコンバージョンに至ったかどうかを判定することが容易であることや、結果に繋がりやすいという点ではじめにGoogle広告を利用するという方は多いことでしょう。
しかし、Google広告も実施している中で常に良い結果を出していけるかというと、決してそうではなく試行錯誤しながら最適な広告にしていくことが必要となっています。
そんな中でも、今回はGoogle広告において、今すぐできる費用対効果を上げる方法についてご紹介していきます。

Google広告の種類


Google広告での効果を上げていく前に、まずはGoogle広告にはどのような種類があるのか、見ていきましょう。

テキスト広告

Google広告で代表的な広告出稿としては、「テキスト広告」と「ディスプレイ広告」です。
その中でも、テキスト広告は、その名の通りテキスト情報、つまり文字情報によって広告出稿する形式となっており、ユーザーがGoogleの検索エンジンを利用して検索をした際に、通常の検索結果で表示されるオーガニック検索欄とは別に、その上部と下部にあるGoogle広告欄において、広告出稿主のサイトがテキスト情報として検索結果に表示されるサービスです。
このテキスト広告は、オーガニック検索での順位とは別に広告欄に順番に掲載されるため、オーガニック検索による上位表示が難しいサイトでもGoogle広告を利用することによって上位表示されたようにサイトが表示されるため、クリックするユーザーもかなり多くなります。
テキスト広告は一般的にコンバージョン率が良いと言われており、検索しているユーザーを対象にしているため、ニーズがあるユーザーにアプローチできる方法として効果的なデジタル広告となります。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、テキスト広告とは異なり、画像や動画による広告出稿となります。
ディスプレイ広告はテキスト広告のように検索結果に表示されるわけではなく、Googleが提携しているWebサイトに掲載される仕組みとなっており、サイトを閲覧している中で、画像や動画による広告がユーザーに表示されるという仕組みになっております。
検索結果に表示されるテキスト広告は、検索したキーワードによって広告表示を行えるため、キーワードを選定することで興味のあるユーザーに対してアプローチすることが出来ますが、ディスプレイ広告は、不特定多数の多くのユーザーに向けて広告を表示させることや、クリックしたユーザーに対して追いかけるように何度も同じ広告を表示するといったリターゲティング広告としても利用することが出来ます。
多くのユーザーに広告を画像や動画として表示させるため、ユーザーからの直接的なコンバージョンだけではなく、広く認知してもらうという目的でも利用することが出来ます。
また、リターゲティングという手法によって、興味があるユーザーに何度もアプローチが出来ることは、ディスプレイ広告の強みの一つでもあるでしょう。

テキスト広告で成果を上げるには?

Google広告の中でも、テキスト広告で成果を上げるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。

最適な広告配信をする

テキスト広告を成功させていくために必要なこととして、「最適な広告配信をする」ということが挙げられます。
これは、広告配信をする際に、単価の設定や広告内容の設定、見出し(タイトル)の設定など、様々な設定を最適に行うことによって、広告の効果を最大限にすることが出来るというものです。
テキスト広告においては、単価設定も、広告の内容も、見出しの内容も、全てがユーザーを獲得する上では必要なものとなっています。

キーワードを意識する

次に、キーワードの設定です。
キーワードを設定する際には、広告として表示させていく内容をしっかりと理解し、内容がキーワードと合っているか、タイトルと合っているかなどを確認することが必要です。
そして、キーワードそのものが、良く使われているのか、あまり使われていないのかを判断し、どのようなキーワードを使うことがその企業によって最適なのかを見極めていくことが必要です。

最適な広告配信をするためには

最適な広告配信をするためには、どのようなことに気を付けるべきなのでしょうか。
まず、最適な広告配信とは、生産性の高い広告配信にするということで、費用対効果を最大限にするというものです。
広告配信をする場合には、もちろん費用が掛かりますので、その費用対効果がしっかり出ているのかを見極めていく必要があります。
そして、広告配信を最適化するためには、広告の順位を上げていくことが必要で、そのためには入札額と品質スコアを高めていく必要があります。

広告順位はどうやって決まる?

Googleのテキスト広告は、検索結果の中でも広告枠の中で順位が決まって掲載されていきます。
この掲載順位は、どのように決まっているのかというと、広告順位は品質スコア×入札単価となります。

品質スコア×入札単価

広告順位が決定する指標としては、品質スコアと入札単価がポイントとなり、品質スコアにおいてはコンテンツの質やキーワードとの関連性などが需要視されており、入札単価においては当たり前ですが、入札単価が高ければ高いほど良いと言われています。
ただ、どちらかが一方だけが良いという形では良い結果が得られず、それぞれを掛け算して求める計算式となっているため、どちらも良い数値であることが良い広告配信と言えるでしょう。

品質スコアは入札単価より重要?

品質スコアと入札単価を上げることが広告順位を上げる上では重要ということをお伝えしてきましたが、広告単価を上げることは、お金を支払えば済む話ですが、費用対効果を上げていくために重要となるのは品質の方と言えるでしょう。
例えば、広告で100円の単価を支払った場合でも、品質スコアが10の場合には、1,000という評価が与えられますが、入札単価を800円にしても、品質スコアが1の場合には、800という評価にしかなりません。
そのため、800円を支払っても100円の広告には勝てず、逆に言えば、100円の入札単価でも品質スコアを上げることによって競合他社に勝つことが出来るため、広告費をいかに少なく、効果を上げていくかを考えていくと、行きつく先は品質スコアの向上となるのです。

広告順位を上げるために必要なこと

広告順位を上げるために必要な品質スコアと、入札単価についてもう少し詳しく見ていきましょう。

品質スコアを上げる

品質スコアを上げるというのは、広告の質を上げるということです。
品質スコアは10段階で評価されており、最大が10という評価となります。
評価を上げるポイントは後述するとして、品質スコアを上げる努力をしなければ、広告順位を上げることは入札単価でしかできなくなり、広告費を多く払う分だけ、企業の利益が減り、費用対効果も薄れてしまうでしょう。

入札単価を上げる

品質スコアを上げることと同時に、入札単価を上げるということも時には必要です。
Google広告では、現在入札形式で広告の単価を設定することが出来るため、入札単価が高ければ高いほど上位表示される可能性は高くなります。
しかし、いくら入札単価を上げても品質スコアが低すぎると、ランク外になってしまい、広告が表示されないケースもありますので、入札単価を上げれば広告が表示されるということはありません。
入札単価はキーワードごとに設定することが出来るため、キーワードごとに最適な価格を決めていくことで、生産性の高い広告出稿を継続していくことが出来るでしょう。
また、キーワードごとで、クリック率が低いものなど、個別の対応をするなど、キーワードごとにクリック率や表示回数、順位の状況などを見ていくことによって、より効果的な広告運用を行うことが出来るでしょう。

品質スコアを上げるために必要なこと


ここからは、実際に品質スコアを上げていくために必要なことを、ポイントを絞ってご紹介していきます。

キーワードと内容を連動させる

品質スコアを上げるために必要なこととして大切なのは、コンテンツの品質を上げるということです。
では、コンテンツの品質はどのようにして上がるかというと、コンテンツのデザイン性や見た目の見やすさなど、それぞれのコンテンツの質を上げるということも大事ですが、内容が見ている人にとって必要な情報であるということが一番大切なことです。
それは、キーワードと内容を連動させることで実現できるものとなっており、例えば、「おいしいラーメン」と検索している人に対して「ラーメンよりも焼肉が絶品」という内容のコンテンツを用意して、コンテンツを充実させ、きれいなデザインにしても、ラーメンを調べている人に焼肉の情報を伝えても、そのコンテンツは決して質の良いものにはなりません。
大切なのは、検索しているユーザーの意図をくみ取り、必要な情報をわかりやすく伝えるということです。
つまり、キーワードごとに本来はランディングページがあると理想な形と言えるでしょう。

ファーストビューを意識する

ファーストビューとは、ユーザーが一番初めに見る画面です。
キーワードで検索し、広告をクリックした方が100%見る画面がファーストビューです。
一般的な数値で見ると、広告をクリックしてそのページを最後まで閲覧してくれるユーザーというのは100人いても100人が見てくれるわけではありません。
マーケターとしては、100人中100人に近い人数に最後まで閲覧してもらうために様々な努力をしています。
その中でも多くのユーザーが離脱するのがファーストビューからです。
ファーストビューからの離脱率がほぼ0%に近い場合には、そのコンテンツは最後まで読んでもらえる人が多くなるでしょう。
しかし、ファーストビューで50%のユーザーが離脱してしまうようなページであれば最後まで閲覧してくれる人はもっと少なくなります。
この、離脱を無くしていくということも品質スコアを上げていくためには必要なことであり、そしてこれはコンバージョンに繋げるためのとても重要な部分と言えるでしょう。

コンテンツの利用しやすさを意識する

コンテンツの利用のしやすさも、品質スコアを上げるポイントと言えるでしょう。
ユーザビリティという考えがあり、ユーザーにとって使いやすさとは何か?をしっかりと考え、研究してユーザーにとって使いやすいサイトにするということは広告出稿に限らずWebサイトを持つ企業であれば当然考えていかなければならいことです。
ボタン一つとっても、色合いや配置、大きさなどユーザーがボタンだと認識してクリックやタップしやすい場所に配置するなどの対策をすることがユーザビリティを上げていくためには必要なこととなります。

画像を最適化する

画像の最適化も品質スコアを上げていくためには必要なことと言えるでしょう。
画像とは、ページの中の画像を指していますが、その中でもやはりファーストビューで閲覧する画像には力を入れる必要があります。
人の写真が入っている画像は比較的クリックされやすいと言われており、注目するユーザーが多いと一般的に言われています。
しかし、サイトや販売する商品、サービスによって画像はどのようなものが良いかはそれぞれ異なるため、ABテストなどをしっかり行い、画像を最適なものにしていくことが必要です。

ユーザーファーストで考える

ユーザーファーストで考えることが、何よりも対策になると考えて良いでしょう。
これまで、様々な対応策をお伝えしてきましたが、何よりも、ユーザーのことを考えて改善することが一番の改善策です。
度の改善策も、全てはユーザーファーストで考えた結果の対策となるため、ユーザーのことを考えることで、結果的に品質スコアは上がる形となるでしょう。

モバイルファーストで考える

そして、忘れてはいけないのが、モバイルファーストで考えるということです。
現代では、パソコンよりもスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末による情報検索が一般的になっていますので、パソコンではなくモバイルを意識したコンテンツ作りが必要不可欠となります。

テキスト広告のキーワード選定はどうやる?

テキスト広告のキーワードはどのように選定したらよいのでしょうか。
今回は3つのポイントに絞ってご紹介していきます。

キーワードプランナーの利用

キーワードを選定する上で外せないのがキーワードプランナーの利用です。
キーワードプランナーはGoogleから出ている無料のツールですが、キーワードごとに月間どれくらいの検索量があるのか、競合が多いキーワードなのか、クリック単価の予想はどれくらいなのかを見ることが出来るため、テキスト広告を実施する上では100%使った方が良いツールであると言えるでしょう。

サーチコンソールの利用

サーチコンソールは、実際にサイトに訪れた人がどのようなキーワードで訪れているのかを把握することが出来るツールで、実際に広告出稿したキーワードの中に含まれていないワードなどもあり、リアルな顧客を発見するためには必要不可欠なツールです。
思いもしなかったキーワードが見つかることも少なくありません。

Goodkeywordの利用

最後に、Goodkeywordというサイトです。
こちらは、サジェストワードを取得することが出来るツールで、ビックワードなど以外に、複合キーワードでどのようなキーワードが使われているのかをサーチすることが出来るため、欠かせないツールとなっています。

ディスプレイ広告の効果的な利用方法


次に、ディスプレイ広告を効果的に利用する方法についてご紹介していきます。

目的を明確にする

ディスプレイ広告を利用する目的を明確にすることで、単体の広告としてではなく、デジタルマーケティング全体として、その役割を明確にしていくことが出来るでしょう。
例えば、テキスト広告と組み合わせて広告出稿することで、画像や動画で認知度を高めることに優れているディスプレイ広告には間接的な効果を、テキスト広告では、コンバージョンに繋がるようなサイト設計をして、それぞれの強みを活かしたマーケティングを行うことで、それぞれの個別での結果には差が生じることはありますが、トータルで見たときに、デジタルマーケティングとしての評価を検証することが出来るでしょう。

間接的な効果を意識する

Googleディスプレイ広告はテキスト広告よりもコンバージョン率が一般的には低いです。
しかし、単体での結果を求めると間違った計測・分析をすることに繋がりますので、間接的な効果をしっかりと把握し、正しい分析をしていくことが大切です。

まとめ

ここまで、Google広告で費用対効果を上げる方法についてご紹介してきました。
Google広告にはテキスト広告とディスプレイ広告があり、それぞれの強みがあります。
品質スコアを上げることでテキスト広告をより生産性高く、効果的に実行することが出来るほか、ディスプレイ広告では間接的な効果も見ていくことが大切です。
是非、デジタルマーケティングにGoogle広告を取り入れて、自社のビジネスに役立ててください。