マーケター必見!行動ターゲティング広告の仕組みについて

多様化するニーズにマッチする!行動ターゲティング広告


企業のマーケティング活動をしていく中で、時代とともに消費者の行動が変化しており、マーケティングの方法も日々変化をしています。
どのような業種業態においても、このデジタル社会の中で、デジタルマーケティングを取り入れることは企業にとって無視できない課題となっていることでしょう。
特に、現代の消費者行動においては、一人一人の行動やニーズが多様化されてきているため、これまでの新聞やテレビなどのマスメディアの利用だけでは一人一人の消費者に自社の商品のアピールをすることは難しい時代になっています。
それを実現することがデジタルマーケティングであり、デジタルマーケティングを活用することで一人一人のニーズが多様化するこの時代においても、一人一人のニーズを満たすことが出来るアプローチが実現します。
今回は、そんなデジタルマーケティングの中でも、特に注目されている「行動ターゲティング広告」について、その仕組みや方法、メリットなどをご紹介していきます。

デジタルマーケティングは戦略的に行うべき


世の中にはいくつものマーケティング手法や考え方があり、それぞれどれが正しいということは言えず、企業が持つ商品やサービス、ターゲットや企業の強み・弱みなどによっても成果は異なるでしょう。
しかし、どのマーケティング手法においても、一回でうまくいくということは珍しく、マーケティング活動を行っていくためには失敗と成功を繰り返しながら課題を解決し、最善策を作っていく他なりません。

ただ「広告出せば当たる」の時代は終わった

これまで多くの企業で行われてきた新聞広告やテレビコマーシャル、チラシのポスティングやチラシの手配りなど、ある程度ターゲットを絞り時間帯や場所などを設定してマーケティング活動を行ってきた企業も、それらすべては啓蒙活動であり、自社のサービスや商品を紹介するということに過ぎません。
そして、それらは「見られている」前提で進むことは間違いであり、「見られない」前提でそれぞれの販促ツールを作っていくことが必要となっており、昔のようにマスメディアに出せば当たるという時代は終焉を迎えているようです。

デジタルマーケティングは見える化が得意

一方、マスメディアに変わり力を発揮しているのは、デジタルマーケティング手法で、デジタルマーケティングは戦略的にマーケティング活動が出来る手法であり、定量的な分析が出来ることで、データの見える化が可能となり、継続的な活動をすることによって、生産性の良い最善のマーケティング活動を行っていくことが可能です。
その理由としては、デジタルマーケティングにおいては、広告出稿した際に、「地域」「時間帯」「性別」「利用しているデバイス」「家族構成」「〇〇に興味を持っている人」「一度サイトに訪れた人」など、様々な設定をすることができることと、実施した結果を数値化してデータ分析できることが強みとなっています。
そのため、一度広告を出稿して終わりという形ではなく、そのターゲットに向けて配信した広告がどのような結果を生んだのか、どのような反応を得たのか、得ていないのかなどを全て定量的に分析することが出来るため、次の改善に繋がりやすくなっています。

デジタルマーケティングに欠かせない行動ターゲティング広告とは?

ここからは、これからのデジタルマーケティングには欠かせない行動ターゲティング広告についてご紹介していきます。

行動ターゲティング広告とは?

行動ターゲティング広告とは、デジタルマーケティングにおいて、一度サイトに訪問したユーザーに向けて高億を配信する・ユーザーにとって最適だと思われる広告を配信するなど、ユーザーごとに広告配信の内容を変更したり、ユーザーごとに広告を配信する・しないを決めたりするなど、ユーザーの情報を把握してユーザーにとって最適な広告配信をすることで広告の生産性を上げるという手法となります。
これまでは、新聞やテレビコマーシャルなど、一人一人のユーザーや消費者に向けて広告を変更して配信するということは難しかったですが、デジタルマーケティングにおいては、利用されているデバイスや地域、ユーザー情報によってユーザーごとに見合った広告配信が出来るようになっています。

行動ターゲティング広告が注目される理由

行動ターゲティング広告が注目されている理由としては、以下の3つの点が考えられます。

1.ユーザーのニーズが多様化している
まず一つ目は、ユーザーのニーズが多様化しているということが挙げられます。
現代社会において、モノや情報、サービスが溢れていることで、昔のようにマスメディアを利用して一気に消費者に広告を出すというやり方では結果が出なくなってきており、どのような商品・サービスでも、比較検討するというのが一般的になっています。
そのため、多様化しているニーズに合わせて、一人一人に対する個別のマーケティングが必要になってきたと考えられ、マーケティング活動で結果を出していくためには、このような行動ターゲティング広告を配信する必要が生まれたと考えられます。

2.セグメントした広告配信が広まってきた
行動ターゲティングのような技術が進化してきたことで、マーケティング活動の効果をより生み出しやすくなってきているため、それらを利用する企業が増えたことも注目されている要因に繋がっています。
これまではデジタルマーケティングをすることにピンと来ていなかった企業の上層部やマーケティング部の方も、周りがデジタルマーケティングを始めてきたことによって、「ウチもやらないと」と思って始める企業が増えてきたことで、より生産性の高い広告配信を求める企業が増えてきたと考えられます。
今でも、このようなセグメントした広告配信が可能ということを知らない経営者の方や、マーケティング担当者の方は大勢いるため、これからもどんどん広まっていくと考えられます。

3.スマートフォンユーザーが増加してきた
次に、スマートフォンユーザーが増えたことも、要因の一つに考えられるでしょう。
スマートフォンユーザーが増えたことで、位置情報などを含めたユーザー情報が集めやすくなり、SNSのアプリケーションやブラウザによる情報、ウェブ上のサービス利用によって、多くのユーザー情報を集めることが可能になってきました。
利用しているユーザーは、知らず知らずのうちに企業側の情報を集められ、知らない間に自分が興味のあるものを広告として表示されるようになってきているのです。
このような背景から、行動ターゲティング広告が注目されてきたと言えるでしょう。

行動ターゲティング広告を利用するメリット・デメリット


ここからは、行動ターゲティング広告について、そのメリット・デメリットを見ていきましょう。

行動ターゲティング広告を利用するメリット

行動ターゲティング広告を利用するメリットは、以下のようなことが考えられます。

1.コンバージョンに繋がりやすいユーザーに広告配信できる
行動ターゲティング広告を利用することで、一般的なユーザーよりも自社のサービスや商品に興味を持っているだろうユーザーに対してアプローチが出来るため、効果的な広告配信をすることが出来ます。
これまでのマーケティングはある程度のセグメントをすることが出来ましたが、それでも地域や時間帯などの限定されていました。
それが、行動ターゲティング広告では、一度サイトに訪れた人・〇〇に興味がある人といったように、ユーザーの行動に基づいてマーケティングを行うことが出来るため、その辺の人にチラシを渡すという行為が、お店の前まで来た人にチラシを渡すというような効果的なアプローチをすることが可能となります。

2.コストの削減が出来る
行動ターゲティング広告を行うことによって、生産性の高い広告配信が出来るようになり、結果コストを削減することが出来ます。
これまで広告宣伝費として経費の予算を立てていたものを減らしても、同じくらいの効果を生み出すことが出来るようになったり、これまでよりも多くの見込み客を獲得することが出来るようになったりと、効果的で生産性の高いマーケティング活動が実現するでしょう。

3.分析・改善がしやすい
これまでご紹介してきたように、デジタルマーケティングにおいてはユーザー分析など全て定量的な指標で分析することが出来るため、改善策を打ち出しやすく、次の成功に結び付けやすいマーケティング活動と言えます。
これまでは「多分こうだろう」という仮説があいまいなまま次の戦略に打ち出すことが多かったと思いますが、行動ターゲティング広告を行うことによって、ターゲットとしたユーザーがどのような行動を起こしたかを分析することが出来るため、より仮説が真実に近い形に持っていけるようになります。

行動ターゲティング広告を利用するデメリット

次に、行動ターゲティング広告のデメリットの部分も見ていきましょう。
デメリットと感じる部分は以下の通りです。

1.ターゲティングを間違えることがある
行動ターゲティング広告を実施する上で、ターゲットを間違えてしまうとせっかくの行動ターゲティング広告も無意味なものになってしまいます。
もちろん、ターゲットを間違えたということも次につながりますが、分析をせずにそのままターゲットを間違えたまま広告配信してしまうと、広告費が無駄になってしまうケースもあります。

2.1回で結果が出るとは限らない
行動ターゲティング広告を実施したからと言って、1回で結果が出るとは限りません。
これは、どのようなマーケティングにおいても言えることですが、マーケティング活動は1発当たれば良いという考えではなく、実施した結果をもとに分析し、改善を繰り返していくことでより効果的で生産性の高い結果を出していくという継続性が必要です。

行動ターゲティング広告に欠かせないオーディエンスターゲティング


行動ターゲティング広告の中でもオーディエンスターゲティングというのが特に注目を集めているマーケティング活動となるため、ここではオーディエンスターゲティングの代表例を見ていきましょう。

デモグラフィックターゲティング

デモグラフィックターゲティングとは、Google広告などによって男性・女性という性別と、年齢によってセグメントされたターゲティング手法です。
年齢や性別というユーザー属性を利用して、自社商品やサービスに興味を持ちそうな層にアプローチをかけるという手法となります。

ジオグラフィックターゲティング

ジオグラフィックターゲティングとは、スマートフォンやパソコンの情報などから、ユーザーの一情報を認識して行うマーケティング手法で、このユーザーの位置情報を使ってマーケティングは、地図情報などと連動して利用されるケースや、例えばお店の来店などの情報を使ってリアル店舗でサービスを行うなど、広がりを見せています。

リターゲティング

リターゲティングは、一度サイトに訪れたユーザーや、一度広告をクリックしたユーザーを追いかけて再度広告配信をするなど、興味のあるユーザーに対して何度もアプローチをかけるという手法です。
これらは、現在デバイス間という壁を無くし、異なるデバイスにおいてもターゲティングを続けるというクロスデバイス計測という方法も生まれており、これからのマーケティングには欠かせない存在となっています。

代表的な行動ターゲティング広告の種類

次に、代表的な行動ターゲティング広告の種類について見ていきましょう。

Googleが提供しているサービス

Googleが提供しているサービスの中で、行動ターゲティング広告として代表的なものは、Google広告におけるGoogleディスプレイ広告です。
Googleディスプレイ広告では、一度サイトに訪れた人に対してアプローチをかけるリターゲティング広告が可能となっており、広告をクリックしたユーザーが他のサイトを見ても何度も同じ広告が表示されるというアプローチをすることが出来ます。
広告をクリックしたり、特定のサイトに訪れたりしたあと、どこにいってもそのサイトや商品の広告が出るようになったことは無いでしょうか。
それがリターゲティング広告です。

Yahoo!が提供しているサービス

Yahoo!が提供しているYDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)においても、行動ターゲティング広告の配信設定が出来るようになっており、この広告では、公表されている数値として、行動ターゲティング広告とそれ以外の広告で、クリック率が27%も増加するという結果が出ています。
一般的な広告配信よりも、行動ターゲティング広告の方が効果的であるということがこの数値からも読み取れます。

facebookが提供しているサービス

facebook広告は、SNS広告の中でも特にセグメントに優れた広告となっており、オーディエンス設定は、コアオーディエンス・カスタムオーディエンス・類似オーディエンスという種類を設定できるようになっております。

コアオーディエンス
コアオーディエンスは、年齢や性別、地域や学歴、職歴やデバイス、興味のあるものなど沢山のセグメントを行うことができ、これはfacebookが持っているユーザー情報の強みであると言えるでしょう。

カスタムオーディエンス
カスタムオーディエンスにおいては、広告を出稿する企業側が持っているユーザー情報、例えばメールアドレスや電話番号、facebookのユーザーIDなどをfacebookのデータとマッチングして行うターゲティング広告となっており、コアオーディエンスよりも具体的にターゲットを決めることが出来る広告配信となっています。

類似オーディエンス
類似オーディエンスは、カスタムオーディエンスで設定したターゲットや、facebook上でいいねなどの関心を示しているユーザーに類似したユーザーを探して広告配信をするという手法で、二匹目のドジョウを狙うというような広告配信方法となります。

このように、facebookにおいては、様々なセグメントや広告配信の設定が出来るため、行動ターゲティング広告を実施する上では、欠かせないものとなっています。

まとめ

これまで、行動ターゲティング広告について、行動ターゲティング広告の必要性や、メリット・デメリット、代表的な行動ターゲティング広告の方法やサービスについてご紹介してきました。
行動ターゲティング広告は、現代の多様化するユーザーのニーズがある中で、マーケティング活動を成功させていく上で欠かせない手法と言えるでしょう。
行動ターゲティング広告を行うことによって、企業のマーケティングに関する経費の削減が出来たり、より効果的で生産性の高いマーケティングが出来たりと、企業側としてはメリットが多い手法となっていますので、これを機会にデジタルマーケティングにおいて、行動ターゲティング広告を取り入れてみてはいかがでしょうか。