どんどん進化する!Google広告の新機能について

進化が止まらないGoogle広告、抑えておきたいポイント


Google広告(旧Google AdWords)は、インターネット上に広告を出せるサービスとして注目を集めてきました。Google広告は常に進化し、アップデートを繰り返しており、広告主にとってより快適に利用できるように操作性やデザインなどが変更されています。そんなGoogle広告の新機能についてまとめてみましたので、ご紹介したいと思います。

Google広告とは?


Google広告は、Googleの検索エンジン、YouTubeなどのGoogleのサービスに向けてリスティング広告やディスプレイ広告を配信できるサービスです。
「Google広告」は、2018年7月24日に「Google AdWords」が「Google広告」に変更になり、Google AdWordsの18年間の歴史を終えました。
Google広告は、Google AdWordsと機能は変わることはありませんが、管理画面のレイアウトや、デザインが一新されました。

Google広告で何ができるのか

リスティング広告

Googleの検索エンジンで検索されたキーワードに対して広告を配信することができます。Googleで何かを検索した際に、検索結果の上部や下部に広告を配信することができ、商品やサービスの申込・購入、集客を行うことができます。

ディスプレイ広告

Googleで検索した結果、特定のウェブサイトを閲覧した際に表示される画面の上部やサイドの広告エリアに表示される広告で、画像やテキスト、動画形式で配信されており、これらをクリックすると広告主が設定したウェブサイトへ遷移し、商品やサービスの申込・購入、集客を行うことができます。

YouTube広告

YouTube広告の配信には正式には「TrueView」と呼ばれ、Google広告から広告を配信する設定を行ってから配信します。主に、YouTubeの動画を再生する直前、再生中などに動画広告が挟まれて表示されます。

Google広告の新しい機能

この項目では、2018年後半から2019年の5月現在にかけ、追加された新機能をご紹介します。
ディスプレイ広告、リスティング広告、YouTube、その他に向けた機能をそれぞれまとめてご紹介します。

ディスプレイ広告に向けた機能

ディスプレイ広告のデザイン性が向上

ディスプレイ広告は、画像やテキストを広告として配信することができますが、前提として広告配信するための画像やテキストを作成する必要があります。ディスプレイ広告を作成していると、デザインで悩んでしまうことが多いのですが、この新機能によると、機械学習によって広告デザインやボタンの色合いが自動的に調整されるため、よりユーザーの記憶に残る広告を配信することができます。

レスポンシブ広告が使用可能

レスポンシブ広告は、ディスプレイ広告に必要となる画像、ロゴ、見出し文、広告文を機械学習によって自動的に組み合わせてそれぞれの要素を自動的に配置し、広告を作成してくれます。
ディスプレイ広告のデザインに悩む方や、時間が足りない方にとっては素晴らしい機能ですね。

ディスプレイ広告の課金対象に「コンバージョン」が選択可能に

Googleディスプレイキャンペーンで、今まではクリック課金制だった広告の仕組みでコンバージョンがされなくてもクリックで課金されていましたが、この「コンバージョンに対するお支払い」を利用すると、コンバージョンされた場合にのみ課金されるため、広告の表示、クリックに対して課金されることはありません。
ただし、以下の条件を満たす必要があります。
・過去30日感にアカウントのコンバージョン数が100件以上獲得している
・90%以上のコンバージョンが広告のクリックから7日以内に発生している
今までクリック課金制だったので、非常に魅力的にも思えますが、コンバージョンの単価の設定によって大きく運用パフィーマンスが変化します。コンバージョン単価で課金されるので、コンバージョンの設定を低くしてしまうと、配信ボリュームが減少されてしまうことなど、運用する前にしっかりと準備をして取り組むようにしておきましょう。

リスティング広告に向けた機能

リスティング広告でもレスポンシブ広告が使用可能に

ディスプレイ広告向けだけではなく、リスティング広告でもレスポンシブ広告が使用できるようになりました。この機能では、あらかじめ広告を配信するために必要な広告の見出し、説明文を機械学習の活用によってユーザーの検索したキーワードに関連した広告や、ユーザーが使用している端末(スマートフォンやパソコン)ごとによって広告を作成することができます。

リスティング広告の配信キーワードの完全一致の「類似パターン」がユーザーの検索の意図と一致

インターネットのユーザーが毎日検索しているキーワードの15%は新しい用語によるもので、特定のキーワード1つだけでも1年で数万通りから数十万通りを超えるキーワードで検索されます。Googleの機械学習によって、検索されたキーワードが完全一致キーワードで類似した言い換え、そのキーワードを暗示する言い換え、同形異義語を検索した場合もリスティング広告を配信することができます。

インサイトカードの便利な機能でキーワードを改善

リスティング広告を運用していると、ユーザーが検索するキーワードに合わせて広告を配信するため、キーワードの選定は重要な役割です。キーワードは、基本的には運用した成果に合わせて変更をしていきますが、ユーザーのキーワード検索によって広告が表示されたキーワードは、過去7日以内に使われた新しい単語を確認することができます。
これまでの検索になかった兆候をこの機能によって確認することで、より効果の高いキーワードを発見することができます。また、検索されたキーワードに関連性の低いものや効果の薄いキーワードも発見することができるので、除外することも可能です。

スマート自動入札ができる

入札とは、広告を配信するキーワードに対して、ユーザーが広告をクリックした際に支払う広告料金を決めることを指します。
広告の運用に関して入札の費用対効果を検討することは大切ですが、スマート自動入札では機械学習を活用した入札の最適化が行われるため、費用対効果が最適になります。入札の成果を設定するほかに、広告配信をするさまざまな入札単価でのキーワードに目標となるCV(コンバージョン)の値の設定を行い、的確にCV獲得の予想を行うことができるといった機能があります。

メッセージ表示オプション

Google広告にはオプション広告という機能があり、広告を配信している商品やサービスの価格を表示する価格表示オプションや、商品やサービスのお問合せができる電話番号表示オプションなどがあります。メッセージ表示オプションという機能は、広告を配信している商品やサービスのメッセージを直接送ることができる機能で、広告にメッセージ機能を設置し、直接商品やサービスのお問合せをショートメッセージでやり取りすることができます。
さらに、メッセージ表示オプションお問合せの回答に時間がかかってしまう方のために、テキストメッセージ返信の定型文をあらかじめ設定しておくと、自動的に返信することができる「自動返信機能」が利用できます。

広告プレビューと診断ツール

広告プレビューと診断ツールを使用することで、検索された特定のキーワードで、インプレッション(広告の表示)を発生されることなく、検索画面の結果を確認することができます。
この機能を使うことで、ユーザーのリスティング広告が表示されていない原因を調べることができます。
居住地域、言語、オーディエンス(子供の有無、配偶者の有無、学歴、住宅の所有状況)などをフィルタリングして、ターゲットとなるユーザーに広告が表示されているかどうかを確認することができ、広告が表示されていないユーザーに対しては、簡単に広告を表示させることができます。

平均掲載順位の指標が廃止

検索広告運用のパフォーマンスを図る指標として参考にしていたウェブマーケターの方もいらっしゃったのではないでしょうか
検索結果のページに表示される広告の順位で、画面の一番上に表示される広告が1位となり、掲載順位が高いほどクリック数も高くなります。平均掲載順位の指標が廃止された現在、新しく確認しておきたい4つの指標が登場しました。
1.インプレッション(ページ最上部)の割合
2.インプレッション(ページ上部)の割合
3.検索広告(ページ最上部)の割合
4.検索広告(ページ上部)の割合
次の項目で、詳しくご紹介します。
これらの指標をしっかりと確認をし、効果的な運用を目指しましょう。

新しい掲載順位の4つの指標

Google広告を運用するにあたり、掲載順位はとても大切で、上位にくればさまざまなユーザーから広告を見てもらえる可能性も高まる一方、クリック単価を上げすぎてしまいCPAが高騰してしまうというリスクもあります。新しい掲載順位の指標の登場によって、どのように変わるのかご紹介します。
1.インプレッション(ページ最上部)の割合
配信した広告がインプレッションした中で、最上部へ表示された回数の割合を示す指標です。オーガニック検索の割合のため、この指標の割合が低いと、ページ最上部に表示される機会が少ないということになります。
2.インプレッション(ページ上部)の割合
配信した広告がインプレッションした中で、ページ上部の広告枠の部分に表示された回数の割合を示す指標です。
この指標の割合が高い広告だと、ユーザーが広告に触れる機会が高くなります。
3.検索広告(ページ最上部)の割合
ページ最上部に対するインプレッションシェアのことで、オーガニック検索で検索回数が多かった広告の掲載位置で、実際のオーガニック検索の上部の1位である広告の配信枠への表示回数の割合を示す指標です。この指標の割合が低い場合、広告の掲載が行われない割合を確かめることができます。
4.検索広告(ページ上部)の割合
ページ上部に対するインプレッションシェアのことで、オーガニック検索で検索回数が多かった広告の掲載位置で、実際のオーガニック検索の上部の広告枠への表示回数の割合を示す指標です。この指標の割合を確かめることで、上部枠にどれだけ広告の配信へつながったかどうか、上部枠掲載に対しての機会損失がわかります。

クリックシェアを検索広告キャンペーンで確認できるように

クリックシェアとは、獲得できる可能性のあったすべてのクリックに対して、実際に獲得したクリックの割合のことを指す指標です。クリックシェアを把握できれば、獲得できたはずである最大のクリック数の算出や、機会損失の推定を確認することができます。
確認する方法としては、インプレッションシェアといった競合指標の確認と同じです。
クリックを多く得るには、インプレッションを大きく獲得する必要がありますが、インプレッションシェアが高くても、クリックシェアが低い場合もありますので、入札単価などの改善を行うことで、クリック数を増やすことができる可能性があります。

目標インプレッションシェアの自動入札

リスティング広告を配信する表示位置のページ最上部、上部、任意の位置に自動的に入札できる設定ができる機能です。
インプレッションシェアに対する割合のため、例えばページ上部のインプレッションシェアの目標を100%に設定すると、広告が上部にくる可能性が10回あった場合には、10回の上部表示が達成できるようにクリックの単価が自動設定します。活用としては、緊急性を要する高い商品やサービスには、インプレッションシェアの自動入札の導入をオススメします。

YouTube広告に向けた機能

YouTube動画広告シーケンス

YouTube動画広告シーケンスは、同じユーザーへ一連の動画広告を順序通りに配信することで、商品やサービスの広告にストーリー性を持たせて配信することができ、ユーザーへアピールできる広告です。
3つの動画広告を配信するとしたら、①→②→③という流れでユーザーに広告を提供でき、短い広告の中でもつなげることでストーリー性が生まれ、よりクリエイティブな動画広告を配信できるメリットがあるため、よりユーザーにメッセージを伝えることや、ストレスの少ない広告を提供できる期待が見込まれます。
シーケンス機能を使って感情に訴えかける動画広告にチャレンジしてみましょう。

YouTube広告において縦長の動画広告を配信することが可能に

YouTubeの動画を再生する端末は主にスマートフォン・タブレットが7割以上を占めておりTrueViewによる広告を配信する際に、スマートフォン・タブレットに合わせた縦長の動画をアップロードできるようになりました。この機能によってユーザーの視聴する環境に合わせて最適な動画広告を配信することができ、商品やサービスストーリー性を持った広告を届けることができます。

その他の新機能

Google広告の最適化スコアについて

広告を運用していると、Googleから広告の最適化案をいろいろと提案してもらうことができます。
・広告の候補追加案
・オーディエンス追加案
・広告表示オプション追加案
・デバイスの入札単価調整案
・自動入札機能「コンバージョン数の最大化」への変更案
・広告文の問題の解消案
・トラフィックの少ない広告グループ・キーワードの問題を解消案
・重複するキーワードを削除案
・追加キーワード、削除キーワード案
・新しいパターンの広告を作成案
などが挙げられますが、この最適化されているかどうかをスコアで評価してもらえる機能が、最適化スコアです。
スコアは0%~100%で表示され、アカウントを最適化することができるかどうかを把握するのに役に立ちます。
もしスコアが低かった場合は、上記の項目を見直し、改善の役に立ててみてください。

Googleキーワードプランナーのリニューアル

2018年にGoogleキーワードプランナーが利用でき、数多くの広告主やウェブマーケターが愛用しているでしょ
う。GoogleキーワードプランナーとはGoogle広告を配信する際に提供するキーワード候補や、検索ボリュームを取得でき、詳しい調査を行うことができる無料のツールです。
2019年5月のリニューアルで、操作性や予測精度を大幅に改善されました。
・キーワードのトレンドデータをダウンロードできる
・キーワードや候補を10個まで一度に使用できる
・キーワードや候補の詳しい競合性ランキングデータを取得できる
・アップロードしたキーワードを、アカウント内のステータスを確認できる
といった操作ができるようになりました。

まとめ

毎年アップデートを繰り返しさまざまな新機能を登場させているGoogle広告ですが、細菌の新機能の特徴として、機械学習による自動化が目立っており、広告主が管理画面で手作業にて行う配信設定などが簡略化されることや、YouTubeの動画広告について力を入れていることなどどんどん進化しています。ユーザーのニーズの多様化、スマートフォンの浸透といったさまざまな要因から、Googleも広告主に向けて便利な機能をどんどん導入してくれるのはうれしいですよね。一方導入される機能が多いことで、それに手を付けていかなければ競合他社に差をつけていくことは難しくなっていくでしょう。
広告の技術は機械学習によって差は減っていき、ユーザーが求める魅力的な商品やサービスのPRする根本的なマーケティングの底上げが大切な時代になっていくでしょう。