「今」に注目した手法!リアルタイムマーケティングとは

炎上!?バズり!?「今」に着目して効果的なマーケティングを!


ここ数年でデジタルマーケティングが進み、今まで常識だったことが常識ではなくなり、新たな常識が生まれるなど、時代の移り変わりとともに人々の生活も変化してきました。
テレビやラジオがメディアの中心であった時代から、今ではスマートフォンという手の中に納まる程度のデバイスが中心となり、若者をはじめ全世代でコミュニケーションのやり方が変わってきています。
特に、10代や20代のテレビ離れが深刻化し、今では1か月に1度もテレビをつけない若者や、テレビを見ないという若者が多くなってきました。
そんな時代の移り変わりの中、人々の動きや活動について分析し、集客や販売をするマーケターの方々の考え方や手法も劇的に変わってきているようです。
そのマーケティングの中でも特に注目していきたいのが、現代の時代に合った「リアルタイムマーケティング」という手法です。
リアルタイムマーケティングはSNSが普及した今、マーケターとしては知っておくべきマーケティング手法の一つであり、集客や認知を高めるためには必要なマーケティングとなります。
今回は、リアルタイムマーケティングについて、手法やメリット・デメリットなどをご紹介していきます。

リアルタイムマーケティングとは?


リアルタイムマーケティングとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

リアルタイムマーケティングとは?

リアルタイムマーケティングは、その名の通り「リアルタイム」つまり今必要なもの、今興味があるものに特化して情報を提供するマーケティング手法のことで、SNSが普及した今、リアルタイムマーケティングによるマーケティング戦略が様々な企業で行われています。
リアルタイムマーケティングはTwitterなどで行われることが多く、情報を素早く展開できるTwitterなどで情報を提供し、その情報を見た他のユーザーが、さらにTwitterで拡散し、情報が一気に数万人と言う規模で展開されていくような手法となります。
分かりやすい例でいうと、Yahoo!ニュースなどは、1日に数千万人という単位で閲覧する人がいますが、そのユーザーの多くはお昼休みの12:00から13:00までの間に集中していたり、大きなニュースが入った時や災害などの時にアクセスが集中したりします。
そのような情報を得たいと思っているタイミングでマーケティングをすることによって、ユーザーの欲しいと思われる情報提供をしてユーザーに自社のサービスの紹介をしたり、会社の認知度を上げたりするという目的をもってマーケティングを行います。

リアルじゃないマーケティングは?

リアルタイムじゃないマーケティングはどのようなものがあるでしょうか?
それは、従来のマーケティングです。
一般的にはSEO対策をするためのコンテンツは、情報をまとめている記事や商品の説明やサービスの説明などが一般的で、コンテンツマーケティングなどを行う場合にも、リアルタイムな情報と言うよりも、最新の情報でより詳しく、掘り下げた内容を追求して作っているところが多いでしょう。
リアルタイムのコンテンツを作ることよりも、基本的な情報や、ゆっくりコンテンツを読んでいただくためのものと想定して作っているケースが多いですが、リアルマーケティングの記事は「パッと読める」ものが中心となっており、リアルじゃないマーケティングとリアルマーケティングではコンテンツの作り方なども違うところがあります。

リアルタイムマーケティングが普及した背景

リアルタイムマーケティングが普及した背景としてはどのようなところがあるのでしょうか。
リアルタイムマーケティングが普及した背景には以下の理由が考えられるでしょう。

SNSが普及した

リアルタイムマーケティングが普及した背景にはSNSが普及したことが考えられます。
SNSは手軽に情報発信が出来るツールとなっているため、リアルタイムの情報を送りやすくなったことで、利ありタイムの情報が溢れ、その情報を求めるユーザーが増えたことが背景に考えられます。
リアルタイムの情報発信としてはTwitterが利用されるケースが多く、若者を中心に写真やテキストの情報を発信しやすくなり、その情報を参考にしているユーザーも多いことでしょう。
ただ、一方でSNSが普及したことでTwitterなどの情報発信から、犯罪に繋がっているものや、災害時にデマが流れるなど、心無い情報発信者がいることも事実で、すべての情報が正しいわけではないため、鵜呑みにすることはしないようにしましょう。

情報の共有がしやすくなった

リアルタイムマーケティングの普及には、情報の共有がしやすくなったことも背景として考えられるでしょう。
情報共有をするツールとしてTwitterはもちろんのこと、LINEなどのツールも普及したことで、手軽に情報共有が出来るようになっています。
そのようなツールが普及したことにより、情報の共有が簡素化され、ユーザーがリアルタイムの情報を得やすくなったことで、リアルタイムの情報が出回ることが当たり前になり、ユーザーも求めるようになったことが考えられます。
つまり、リアルタイムの情報を求めるユーザーが増えたということが考えられます。

デバイスが進化した

SNSなどの普及も勿論ですが、それらを利用するデバイスが進化したことも背景には考えられます。
スマートフォンが普及したことが大きいですが、それらのデバイスが手元で操作でき、どこにいてもいつでも情報を取れる時代になったからこそ、リアルタイムの情報を求めるユーザーも増え、情報を提供できる手段が整っていることで、リアルタイムマーケティングが成立した形となります。
これらのデバイスの進化が無ければ、便利なツールが普及することもなく、情報をリアルタイムで受け取るということがあまり考えられなかったでしょう。

こうした3つの視点から、情報共有しやすくなり、リアルタイムの情報を得たいと思うユーザーが増えたことで、リアルタイムマーケティングが成立し、普及してきたと考えられます。

リアルタイムマーケティングのメリット・デメリット


リアルタイムマーケティングのメリット・デメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

リアルタイムマーケティングのメリット

ここからは、リアルタイムマーケティングのメリットを見ていきましょう。

・拡散性がある
一つ目のメリットとしては、拡散性があるということです。
リアルタイムマーケティングはその時その時に注目されている内容について情報発信をすることがメインとなっているため、リアルタイムの情報には拡散性があり、Twitterなどでもユーザーが興味のある内容や、皆に共有したい内容についてシェアすることで、一気に拡散する可能性があります。
例えば、地震の時の情報や、世界的にニュースになっていることなど、数分で一気に読まれていきます。
数分おきに閲覧しているユーザーが多くなることで数字を見ていても面白いくらい拡散したときには高い効果をあげることが出来ます。

・飛びつくユーザーが多い
リアルタイムマーケティングでは、情報がリアルタイムのものばかりなので、その話題に飛びつくユーザーが多いことも特徴です。
例えば、新元号が発表された時など、Twitter上の情報や、ネットの情報でいち早く知りたいとユーザーが殺到しています。
ユーザーの興味や関心をしっかりと理解することで、それらの興味を持っている内容の情報を何かのイベント時に拡散させることで、効果を期待することが出来るでしょう。

・ユーザーとの距離を縮められる
リアルタイムマーケティングの良さの一つに、ユーザーとの距離感を縮めることができるというものがあります。
例えば、お店や商品、サービスの情報発信だけでは、ユーザーとの距離を縮めることは出来ませんが、ユーザーが身近に感じているジャンルについて情報発信をすることで、ユーザーとの距離を縮めることができ、ファンを作ることも可能です。

リアルタイムマーケティングのデメリット

メリットがある一方で、デメリットもあります。

・炎上してしまう可能性がある
リアルタイムマーケティングのデメリットとして、炎上してしまう可能性があることです。
情報発信をするために多く使われているTwitterでは、若者を中心としたモラルに欠けている人物が情報配信と同時に多くのユーザーから非難を浴び、結局はTwitterのアカウント自体が使えなくなるということもあるでしょう。
ニュースでもよく見ますが、飲食店において若いスタッフがTwitter上でモラルに反した動画を撮影し、結局は会社側からの解雇というような形になるケースもあるようです。

・センスが問われる
情報のまとめなどが出来ているかたでもTwitter上で情報発信するためには、センスが必要です。
センスとは、Twitter上でどのように表現するかなどのセンスです。
センスが悪いと、いくらリアルタイムの情報が発信できたとしても、内容に興味を持たれずに直帰してしまうケースもあります。

・一時的な反応しか得られない可能性がある
リアルタイムマーケティングでは、瞬間的な爆発力はあるものの、継続的に効果を得られるわけではありません。
Twitterなどで拡散されたデータはTwitterでは盛り上がっていますが、一時的な反応に過ぎません。
定期的に閲覧してもらうようにするためには、フォロワーになってもらい、配信する時間なども意識して統一していくことが必要です。

リアルタイムマーケティングのやり方

リアルタイムマーケティングのやり方について見ていきましょう。

情報を素早く収集する

リアルタイムマーケティングを行っていくためには、情報収集が必要です。
今話題になっているものを瞬時に収集し、どこよりも早く情報をネット上で流すのかがカギです。
Yahoo!ニュースなどで情報収集することも良いと思いますが、もっと早く情報が手に入るサイトなどを見つけておくと良いでしょう。

スケジュールを事前に立てておく

今ニュースになったものだけではなく、これからユーザーが興味を持つだろうと思うものに視点をおいても良いでしょう。
例えば、放送時間が決まっているテレビの番組や、一年間のイベントなど、その時その時で話題になりそうなものをピックアップしておき、そのタイミングに合わせて情報発信するという手もあります。

Twitterなどで情報発信する

情報収集した内容や、スケジュール管理して初めから予定していた内容を配信するためにはTwitterが一番良いと言えるでしょう。
Twitterには拡散性もあり、即効性もあるため、情報発信のことについてはTwitterで試してみても損はないでしょう。

リアルタイムマーケティングはSEOに強い?

リアルタイムマーケティングを行うと、SEO対策になるのでしょうか。
結論から申し上げますと、リアルタイムマーケティングは、SEOの効果があると言えるでしょう。
実際にはリアルタイムの情報を提供するコンテンツになるため、検索されるのはほんの一瞬のタイミングだけになりがちで、その時はアクセス数が上昇するかもしれませんが継続的に検索されるようなコンテンツではありません。
そのため、オーガニック検索で常にアクセス数が上がるということはありませんが、SEO対策は内部SEOと外部SEOがあり、その外部SEOという観点で、他のサイトからの流入が多くなることでコンテンツとしての評価が上がることが考えられるでしょう。
しかし、やりすぎて全く関係のないコンテンツを作り、そのページから他のページへの移行が無い、つまり直帰率が高いようなものになると、かえって悪影響になります。
なんでもかんでもコンテンツを作ればよいというものではありませんので、注意が必要です。

リアルタイムマーケティングの種類


リアルタイムマーケティングには複数の種類があります。
それぞれ見ていきましょう。

データを活用したリアルタイムマーケティング

リアルタイムマーケティングのやり方の一つに、データを活用したマーケティングがあります。
ビッグデータと言う言葉ができ、世の中にある様々な事象や行動心理などは全てデータ化される時代になりました。
そのようなデータを活用し、顧客のニーズがあるタイミングで必要な情報を流すというのがデータ活用によるリアルタイムマーケティングです。
〇〇の時間に〇〇の人は〇〇をしているということが分かると、その時に必要な情報をインターネット上から提供することができ、ユーザーの期待に応えることが出来ます。

ニュースに便乗したリアルタイムマーケティング

リアルタイムマーケティングの中でも特に利用されているのがニュースに便乗したリアルタイムマーケティングです。
元号が発表されたり、オリンピックの会場が東京に決まったりと、日本人が特に注目しているような内容に合わせて発表のタイミングで情報発信をするなど、良く利用されている手法になります。
NAVERなどのまとめサイトでは、ニュースが出たタイミングで記事をまとめると、まとめを閲覧するユーザーがかなり多くなり、一気にアクセス数が上がります。
このように、ユーザーは気になるニュースの情報などをすぐに検索してまとめてあるサイトを閲覧するという流れがあるようです。
イベントに便乗したリアルタイムマーケティング
ニュースなどの突然降って沸いたようなものではなく、計画的にイベントに合わせてリアルタイムマーケティングを行うというケースもあります。
例えば、人気のテレビ番組であるタイミングでTwitterが一気に投稿されるようなことが分かっている場合、それに合わせて自社のマーケティングを行い、ユーザーとの距離を縮めることや、認知をしてもらいます。
元々放送時間などは決まっているため、計画しやすく、コンテンツも用意しやすいマーケティングとなります。
テレビだけではなく、年間のイベントなど、タイミングを図ることが出来るものについては、年間計画などを立てて実行することで、計画的にリアルタイムマーケティングを実施することが出来るでしょう。
リアルタイムマーケティングで利用されるツールは?
これまでご紹介してきたように、基本的にはTwitterを利用されている企業がほとんどです。
LINEなどでも実施することは出来ますが、Twitterの方がバズらせたり拡散させたりするのは有効的です。
また、NAVERなどのまとめサイトも利用することが出来ますが、自社の紹介などに利用するのは難しいでしょう。

まとめ

ここまで、リアルタイムマーケティングについてご紹介してきました。
リアルタイムマーケティングにはSNSの普及やデバイスの普及によって活用されるようになってきたという背景があり、多くの企業で取り入れているマーケティング手法となります。
リアルタイムの情報を届けるためには常の情報にアンテナを張っておく必要がありますが、リアルタイムの情報は計画的に行うことも出来ます。
ただ、良い意味でバズらせることは出来ますが、内容によっては一歩間違えると炎上を引き起こすものとなってしまい、企業のイメージダウンや売上ダウンにも繋がりかねない手法となります。
実際にリアルタイムマーケティングを行う場合には、体制を作り、しっかりとした計画の元実行することがおすすめです。