これから流行する?マーケターとしてアンテナを張っておきたいGoogleサービス5選

Googleって検索エンジンでしょ?そんなのもったいなさすぎます!


「GAFA」と呼ばれるITにおけるそれぞれの事業サービスで、世界を席巻している企業を指し、GoogleはGAFAのGの頭文字に該当するといった、凄まじい影響力を持つ企業です。
Googleといえば、もともと検索エンジンとして有名で、近年ではYouTubeや、Androidスマートフォン、広告サービスなどもはや社会に必要なツールをさまざま提供してくれる大企業です。
そこで今回は、Google検索エンジンだけではない、さまざまなサービスの基本的な機能や特徴、メリットを踏まえてご紹介します。

Googleは検索エンジンだけじゃない


Googleは検索エンジンによく使われますが、それだけが魅力ではありません。
Googleで検索する言葉で「ググる」という言葉が生まれました。当たり前のように使っている人もいるでしょう。そんなGoogleの数あるサービスでは……
高速にインターネットを閲覧でき、トップシェアを誇るブラウザソフトである「Google Chrome」があり、あらゆるデータをオンライン上のクラウドで保存でき、無料アカウントでも15GBのストレージ容量が与えられる「Googleドライブ」があり、写真と動画だけなら、無制限にデータを保存することができる「Googleフォト」など、日常的に使っているGoogleのサービスがさまざまあります。
それぞれサービスを挙げましたが、ほとんどすべてに共通することが100%ウェブ上で行われるという点で、無料のGoogleアカウントさえあれば誰でも利用できます。
そして、数あるサービスはGoogleアカウント一つだけで、一括に全てを管理することができるという特徴があります。次の項目では、マーケターにオススメのGoogleサービスをご紹介します。

検索以外で注目したいGoogleが行っているサービス

Googleが行っているサービスを6種類に分けてご紹介します。
・Googleカレンダー
・Google マップ
・Google Keep
・Google Duo
・Googleクラウドプリント
・G Suite

Googleカレンダーは使うべき!


Googleカレンダーはただのカレンダーではなく、スケジュールに活用することができる優れたサービスです。
無料で使うことができ、ウェブ上の他iPhone、Android版のアプリもあるため、インターネットが繋がっていればいつでもどこでもカレンダーの閲覧や編集が可能です。

Googleカレンダーは何が優れている?

・通知機能
カレンダーにスケジュールを登録する際に通知を設定することで、予定をあらかじめ通知できる設定です。
Googleカレンダーは通知機能が多彩です。パソコンやスマートフォン別にメッセージなどが通知として表示されます。
パソコンの場合、ブラウザでGoogleカレンダーが起動されていると画面上にメッセージが表示されます。
スマートフォンの場合、Googleカレンダーアプリがプッシュ通知を画面上に表示します。

・連携機能
Googleカレンダーは、普段お使いのカレンダーアプリと連携することでスケジュールを同期することができます。「Yahoo! カレンダー」や、「ジョルテ カレンダー」、「iPhoneカレンダーアプリ」など連携可能なアプリが豊富です。

・カレンダーの共有
複数人でカレンダーを共有することができます。仕事の予定やプライベートの予定など、誰か一人がカレンダーにスケジュールを登録することで、共有しているメンバーが確認することもできます。また、簡単に変更することもできるためとても便利な機能です。
Googleカレンダー注目の理由
Googleカレンダーは、連携機能や通知の他細かなスケジュール設定、天気予報の設定などといった豊富な機能により、便利な使い方ができるという点から注目を集めています。普段Googleカレンダーをお使いの方も、知っている機能だけを使うではなく、便利な使い方を探ってみてはいかがでしょうか。

Googleマップはマーケター必須

Googleマップは、インターネット上で提供できる地図で、簡単に縮尺を調節することで世界を俯瞰することや、主要都市の細かな住所までを表示できます。出張や旅行など移動の多い方にとってはもはや生活必需品になっているかもしれませんね。
経路や航空写真、建物や山の3Dマップ表示といった表示機能の切り替えができ、インターネット上はもちろん、iPhoneやAndroidアプリで提供されています。

Googleマップは何が優れている?

・住所の登録
自宅や職場の住所を登録することで、自宅から職場へのルートの距離や経路を簡単に調べることができます。また、自宅から職場までの目的地の道中に経由地点がある場合は追加できます。

・駐車場の登録
車の運転をしている際、駐車場に車を停車すると、駐車場を保存するかを確認するメッセージが表示されます。場所を保存することで、目的地としての登録が簡単になるほかに、駐車可能な時間帯などの情報を登録することができます。

・ストリートビュー
ストリートビューとは地図にある特定の場所の周辺を実際にその場に立ち、移動することが体験できるサービスです。例えば東京タワーの周辺を知りたい場合は、Googleマップで東京タワーを表示し、ストリートビューに切り替えることでその場にいるような体験ができます。ストリートビュー表示のまま画面上をシームレスに移動することができるため、より具体的な経路を調べることや旅行の事前シミュレーション、地図ではイメージがつかめない場所がある場合に便利です。

・タクシーの配車が簡単
出発地点と目的地のルートを検索し、そのルートに直接目的地へ向かうためのタクシーを呼ぶことができます。
利用する際には「全国タクシー」アプリか、「Uber」アプリが必要になるため、インストールしておきましょう。

・道路の込み具合がわかる
仕事やプライベートで車を使った移動の際、渋滞は避けたいものです。
Googleマップを使うことで、どの道路が渋滞しているか道路を色分けして確認できます。
道路が空いている時は緑色、中程度の混雑では黄色、渋滞は赤色で表示され、赤黒い色は大渋滞を起こしています。

Googleマップ注目の理由

上記の機能の他、歩行や車で移動別に表示される詳しい経路案内や、運転中に利用できる音声ナビゲーション、電車の乗換案内といった便利な機能もあり、プライベートの利用からビジネスの利用まで役立つものばかりです。特に旅行や出張の際にストリートビューや乗り換え、経路探索ができると、迷子にならずに済んだり、移動時間の短縮に繋がったりとメリットも大きなものとなっていますので是非参考にしてみてください。

Googleドライブで効率がアップ

オンライン上にファイル・データを保存できるオンラインストレージサービスです。こちらもGoogleカレンダーと同様に連携機能ができ、無料アカウントでも15GBまでが保存可能です。ウェブ上の他iPhone、Android版のアプリもあるため、インターネットが繋がっていればいつでもどこでデータの閲覧や編集が可能です。

Googleドライブは何が優れている?

・特定の条件で、無制限に利用できる
Googleが無料提供しているGoogleドキュメント」に含まれる形式であれば、Googleドライブが無制限に容量を気にせずに保存できます。
Googleドキュメントに含まれる形式とは、Googleのワープロソフトである「Googleドキュメント」、表計算ソフトの「Googleスプレッドシート」、プレゼンテーションソフトの「Googleスライド」です。これらで保存するのであれば、いくらでも保存することができます。

・ファイル共有が簡単
Googleドライブにあるデータは、簡単に共有することができます。GoogleドライブにあるデータのURLを相手に伝えるだけで、ファイルの共有が完了します。また、アクセス範囲を自由に決めることもでき、知らない人に閲覧・編集される心配もありません。

・連携機能
Gmailの添付ファイルにマウスカーソルを合わせることで、Googleドライブのボタンが表示されるなど、便利な連携が可能です。
Googleドライブ注目の理由
強力な連携機能や、データ共有の手軽さから、私生活やビジネスで利用に便利です。
組織では、簡単にURLを伝えるだけでデータの共有ができるため、メールを開き圧縮をして添付する、といった手間がかかりません。使い方も簡単なため、ぜひ利用することをオススメします。

さらに、もっと流行しそうなサービスは?


Googleの標準的なサービスをご紹介しましたが、次にまだ日本ではメジャーではないものの、便利なサービスをご紹介します。

Google Keep

無料でメモやToDoを管理できるアプリです。手が離せない時は音声入力や、写真で保存できるため手紙のメモもGoogle Keepで管理することができます。

Google Keepは、何が出来る?

一般的なメモアプリは、文字入力に特化していて、一つの端末内でしか保存されないというものがほとんどです。
スマートフォンなどで使用するメモ内容は、機種変更した際に引き継ぐことができないなど、機能に制限がありますが、Google Keepでは、インターネットさえ繋がっていればどの端末からでもメモすることができます。
さらに、画像や手書き文字を記入できるといった特徴があります。
Google Keepは、なぜ流行しそうなの?
面倒くさい初期設定は不要で、スマートフォンだけではなくパソコンからでも閲覧・編集が可能です。
さらに、Google Chromeというブラウザの拡張機能を利用することで、ウェブサイトのリンク、テキスト、画像をGoogle Keepに保存することができます。初めてスマートフォンを使う方からビジネスでメモを取る機会の多い方にとって、とても使いやいメモサービスです。

Google アラート

自分が調べたい特定のキーワードを登録すると、そのキーワードが含まれる最新情報がウェブ上に配信された時に、通知してくれるサービスです。
通知の頻度も調整可能で、使いこなすことで情報の取得が圧倒的に早くなり、ビジネスに必要な情報を日ごろから収集できます。

Google アラートは、何が出来る?

便利な最新情報収集ツールのGoogleアラートの使い方は簡単で、まずは収集したいキーワード決めておきます。
そして、以下の5項目の設定をして完了です。
頻度……キーワードの新しい検索結果が見つかる旅に通知を受け取るメールの頻度です。最新情報をたくさん受け取りたい場合は、1日に複数回のメール配信設定ができ、逆に1日1度でいい場合などは、1日に1度ときめることができます。
ソース……ウェブサイト、ブログ、ニュースなど情報元のサイトのカテゴリーを選択できます。
言語……日本語の情報を受け取る場合は日本語に設定しておきましょう。
地域……日本の情報を受け取る場合は日本に設定しておきましょう。
件数……上位の検索結果、もしくは全ての検索結果を受け取ることができます。全て確認したい場合は全ての検索結果を受け取る設定にしておきましょう。良く検索される人気のキーワードなどは、たくさん通知がくることもあります。
配信先……メールかRSSを選ぶことができます。メールだと通知が大量に来てしまうので、RSSリーダーで情報を受け取ることをオススメします。

Google アラートは、なぜ流行しそうなの?

インターネットは日々発達し、毎日のように新しい情報が発信、更新され重要な情報を見過ごしやすくなってきました。近年ではニュースのまとめアプリも現れてきたように、さまざまな情報を収集することはビジネスで非常に役に立ちます。そこでGoogleアラートを使うことで、自分にとって必要な情報のみを、適切な頻度で情報収集できます。

Google Duo

電話料金が不要の、データ通信のみで通話やビデオ通話ができるアプリです。
Googleアカウントと、電話番号の認証によって使用することができます。最新のAndroidスマートフォンでは、標準で搭載されていることがほとんどですが、Google PlayストアやApp Storeからインストールできます。

Google Duoは、何が出来る?

基本的には通話アプリや、電話と使い方は変わりませんが、Google Duoには「ノック機能」という特徴があります。相手からの着信に応答する前に、発信者側のライブプレビューが表示され、確認することができます。Google Duoの設定で、ノック機能をオンに設定しなければ、プレビューは行われないため、不要な方はオフにしておきましょう。

Google Duoは、なぜ流行しそうなの?

Google Duoのウェブアプリ版が公開され、ウェブ上から音声通話とビデオ通話ができます。「Google Chrome」「Safari」「Firefox」といった各ブラウザに対応します。ウェブやスマートフォンなどで気軽に通話を行えることから、ビジネスでも無料でできるビデオ通話によるビデオ会議や、通話をすることでコストが減るメリットなど、ビジネス寄りに作られたコミュニケーションツールであるため、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

Google クラウドプリント

ネットワークを通じてどこからでも印刷データをプリンターに送信し、印刷することができます。複雑な設定は不要で「Google Chrome」と呼ばれるブラウザソフト、もしくはスマートフォン「Googleクラウドプリント」プリ、Googleアカウント、Googleクラウドプリントに対応したプリンターがあればどなたでも利用できます。

Google クラウドプリントは、何が出来る?

Google Chromeの設定画面からプリンターを追加するだけで、パソコンやスマートフォンから簡単にデータを印刷することができます。スマートフォンのデータをパソコンに移動することもありません。
お使いのプリンターがGoogleクラウドプリントに対応しているかどうかはこのページから機種を確認できます。
https://www.google.com/cloudprint/learn/printers/

Google クラウドプリントは、なぜ流行しそうなの?

Googleクラウドプリントのオプションによってさらに便利に使うことができます。
クラウドプリントを使って、印刷データをPDFに変換しGoogleドライブに保存することができます。
さまざまな端末から印刷データを印刷することや、PDFに変換することで必要な書類の印刷、保存が簡単に行えることで、仕事やプライベートで役に立ちます。

G Suite

Googleの製品である表計算ソフトやワープロソフト、プレゼンテーションソフトや大容量のクラウドストレージ、豊富なセキュリティ機能が備わったグループウェアです。グループウェアは、Microsoft社の「Office Exchange」などが代表的です。
G Suiteは、何が出来る?
メール、カレンダー、ハングアウト Meet、Googleドライブ、Googleサイト、Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライドなどさまざまなサービスを利用することができます。
基本的には組織での利用を目的とし、コミュニケーションを円滑に行うことや、ファイルの簡単な共有といった生産性を高めることを目的としていますが、個人での利用も可能です。

G Suiteは、なぜ流行しそうなの?

各ツールの強力な連携や、独自ドメインを使用できるという点から注目が集まっています。
また、G Suiteは高度なセキュリティ機能によってデータの情報漏洩を防ぎます。すべての機能がウェブで行われるため、パソコンが壊れたり、盗まれたりしてもデータは消えませんし、セキュリティ機能によってデータは盗まれません。
G Suiteで扱われるデータは、自動的に保存されるので作業途中に何かトラブルが起きてパソコンの電源が消えたとしても、データが失われることがないため安心して作業を継続できます。そのデータは、共同で複数人にて同時に編集することができるため、組織の生産性を高めることができます。
また、24時間年中無休のサポート体制もあり、何かトラブルがあった場合にも安心に対応してくれます。電話、チャット、メールのいずれかの方法でサポートを受けることができます。

まとめ

Googleには、有名なものからあまり知られていないさまざまな便利なサービスまで展開されており、それぞれの連携によって日々生活のクオリティやビジネスにおける生産性を高めることができます。最後にそれぞれの特徴をまとめてみました。
G Suiteを除いてご紹介したものは無料で使うことができますので、試しに触れてみることをオススメします。