【初心者向け】失敗しないGoogle広告の上手な利用方法

とりあえずやってみるはNG!?Google広告の”失敗しない”使い方


インターネット広告が普及し、今までチラシなどで集客を行っていた企業も、デジタル広告へシフトしアナログ集客の活動を少なくしている企業も多いのではないでしょうか。
現在は数ある販促媒体の中でもデジタル広告だけが広告収入を増大させ、今まで広告の主役であったマス媒体は右肩下がりで広告収入は減少しているようです。
そんな中、デジタル広告の代表的なGoogle広告を利用している企業は多いと思いますが、しっかりと結果を残せているのでしょうか。
Google広告をはじめとするデジタル広告は、利用のしやすさや効果測定のしやすさから利用しやすい広告ではありますが、正しい使い方をしなければ効果は得られません。
とりあえずやってみるという形ではなく、しっかりとした結果を残すためにも、失敗しないGoogle広告の上手な利用方法について知っておきましょう。

Google 広告とは?


そもそもGoogle広告ってなに?という初心者の方に向けて、Google広告についてご紹介していきます。
Google広告は、Googleが提供している広告サービスのことで、インターネット上で検索をした際に広告として表示されるものです。
一般的には、Googleで検索される際には、オーガニック検索結果と有料検索結果があり、オーガニック検索結果はサイトの評価などによって順位が決められ、順位が上位に上がることでサイトを閲覧するユーザーが増えるというものです。
一方、有料検索は、Googleに広告費用を支払って、オーガニック検索の結果とは別に、自社のWebサイトを上位表示させるということが出来るものです。
Google広告以外にも検索エンジン上で上位に挙げる広告にはYahoo!リスティング広告などがあり、それぞれの検索エンジンでの対応が必要となります。

Google 広告の特徴

Google広告の特徴について見ていきましょう。Google広告には、以下のような特徴があります。

・広告費用で順位が変動

Google広告の特徴としては、広告費用によって順位が変動するということです。
広告費用は入札型とっており、入札金額が高ければ高い方が、順位が上がりやすいということが特徴です。
キーワードごとに単価設定をすることが出来ますが、キーワードによっては競合が多く、1クリック当たりの金額が1,000円を超すものもあります。
一般的には数十円から数百円程度となっています。

・広告の質による評価で順位が変動

広告費用だけではなく質の評価も重要です。
Google広告は、広告費用だけで順位が決まってしまうと、お金持ちの企業がずっと上位にいるため、広告の効果を上げることは出来ません。
そのようなことにならないよう、Google広告は広告費用だけではなく広告の質についても重要視しています。
Googleが一番重要視しているポイントが実はこの質の部分で、オーガニック検索にしても有料検索にしても、ユーザーにとって価値のあるものか、その価値が曇りもなくしっかりと伝えられているかのポイントを重要視しているため、費用だけを支払えば広告が上位に上がるとは限りません。
そのため広告出稿する際には、広告の内容も勿論ですが、広告からリンクされるWebサイトの内容もしっかりとしたものにしなければなりません。

・地域を絞ることが出来る

Google広告は、地域を絞って広告表示させることが出来ます。
インターネット上でもアクセスしている人の地域を特定することができ、その地域にいる人たちを対象として広告出稿が出来るため、折り込みチラシと同じようなターゲット設定をすることが出来ます。
折り込みチラシの場合には折り込みしたチラシが見ているかどうかは判定できませんが、Google広告の場合には、クリックされた数が明確に見えるため、評価しやすい広告となっています。

・一度訪れたユーザーへ広告を表示することが出来る

Google広告の一部の方法ではリターゲティング広告と言って、一度興味を持って訪れた人へのアプローチをすることが出来ます。
アナログ的な手法では、何度も同じ人にチラシを渡すということは物理的にも心情的にも難しいですが、Google広告では同じ人に何度も広告を表示させることが出来るため、より効果を生み出す広告表示をすることが出来ます。

・少ない金額で広告を出稿できる

Google広告だけではなく、デジタル広告は一般的に費用が莫大にかかるというイメージを持っている方も少なくないでしょう。
事実、LINEの広告などは数百万円単位で実施するというプランもあるように、決して安い広告だけではありませんが、Google広告は、数十円単位から広告出稿できるため、比較的始めやすい広告と言えるでしょう。
例えば、ショップを営んでおり、集客をしたいという方であれば、月1万円からやってみて、効果を検証してみるということも可能となっています。

Google 広告の種類


Google広告には広告の種類があり、テキスト・画像・動画広告と目的に合わせて広告の出稿方法を変更することが出来ます。

・テキスト広告

テキスト広告はGoogle広告の中でも多く利用されている広告の種類で、コンバージョンに繋がりやすい広告の一つです。
テキスト広告では、広告タイトルの設定や広告文の設定などを行い、その広告に惹かれて興味を持ったユーザーが広告をクリックしてWebサイトに訪れてくれるという流れになります。
テキスト広告はその名の通りテキスト、つまり文字情報による広告となるため、画像や動画は入りません。

・画像広告

画像広告は、テキスト広告とは違い、広告が表示される場所が異なります。
Googleの検索結果上はもちろんのこと、Googleが行っているサービスや提携しているサービス上で広告を表示させることが出来ます。
画像広告となるため、視覚的にもユーザーに訴求しやすく、クリックしなくても認知させることが出来ますが、クリックしたユーザーでも、コンバージョンへの繋がりやすさはテキスト広告の方が優秀であると言えるでしょう。
認知を高めるという点においては、テキスト広告よりも画像広告の方が得意と言えるでしょう。

・動画広告

動画広告も画像広告と同じように掲載される場所が異なります。
動画広告は画像広告と比べて訴求力が強く、動画を最後まで見てくれたユーザーはコンバージョンに繋がりやすいと言えるでしょう。
ただし、動画を最後まで見てくれるように動画にも工夫が必要ですが、現在では動画を閲覧するユーザーがとても多くなっているため、動画広告は最近のデジタル広告としては外せない広告の一つとなっています。

このように、Google広告には様々な広告の種類があり、それぞれの目的に合わせて広告の種類を検討する必要があります。
効果を出すためにはユーザーの行動を把握し、動画が良いのか画像が良いのかテキストが良いのかを判断すると良いでしょう。
比較的始めやすいのは画像や動画処理が無く文字情報だけではじめられるテキスト広告がおすすめです。

Google広告出稿の流れ

Google広告出稿の流れとしては、まずはGoogleアカウントを取得するところから始まります。
Googleアカウントを取得したら、その後にGoogle広告のキャンペーンを作成します。
キャンペーンを立ち上げたら、広告グループや広告の作成、キーワードの設定などを行います。
基本的に難しい操作はありませんが、Googleのサービスだけではなく他のWeb上のサービスはやり方が変更になりやすいため、その都度確認が必要です。

Google広告で失敗しないためには?

では、ここからはGoogle広告で失敗しないためにはどのようなことに気つければいいか確認していきましょう。

キーワードの選定を間違わない

Google広告を成功させるために大切なことは、キーワードの設定を間違わないことです。
キーワードは自分たちが取りたいものではなく、ユーザーが検索しているキーワードを選定する必要があります。
あくまでもユーザー側の気持ちに立って、どのようなキーワードで検索しているかを考え、そのキーワードで検索している人がどのような目的・課題を持っているかを知ることが必要です。
そして、そのためにはキーワードプランナーなどのツールを使うことが賢明です。

1回でうまくいかせようと思わない

Google広告は1回でうまくいかせようとせず、トライ&エラーを繰り返すことが重要です。
1回でうまくいくことは成功ですが、長期的に見ると成功とは言えません。
1回目で成功したとしても、ユーザーの考え方や行動は変化していくものです。
トライ&エラーを繰り返すことで、そのような流れも把握することが出来るでしょう。

広告の費用をしっかり設定する

Google広告を成功させていくポイントとして、広告の費用をしっかりと設定するということもポイントの一つです。
月にいくら使って、どれくらいのコンバージョンを得たいのかをしっかりと計画し、ゴール設計をすることでその結果からどのようなギャップがあるかを見ることができ、そこから改善計画を立てることが出来ます。
目標が定まっていなければどのように改善すればよいのか、今のままで良いのかなどが不明瞭となるため、目標設定は大事なポイントです。

一つの広告だけに捉われない

キーワードや広告文、キャンペーンなどは一つの広告だけを作るのではなく、いくつかやってみてABテストを繰り返すことで費用対効果の高い広告を見つけることが出来ます。
それぞれのキーワードと広告文が良い組み合わせ手になっているのかなどは、クリック率を確認することで判断することが出来ます。
例えば、Aという広告文とBという広告文で作成したときに、クリック率がガラリと変わる場合には、効果の高い広告文を利用すべきでしょう。

毎日ちゃんとチェックする

Google広告を実施していると、何もしなくても広告費だけ入れておけば勝手に広告出稿を続けてくれます。
しかし、広告がクリックされているか、うまく表示されているかをチェックしなければ効果的な広告出稿は出来ません。
できれば毎日チェックし、非表示になっている広告はないか、クリック率の低い広告はないかなどを確認して、非表示になっている広告などは修正などして再度表示されるように設定することが必要です。
また、クリック率が1%以下になっているものなどは、場合によってはキーワードの変更などを検討することが必要でしょう。

Googleのポリシーに則る

Google広告を行う上で大切なのは、Googleのポリシーに則るということです。
細かな設定条件などがあるため、一つずつ見ていくことは大変ではありますが、ポリシーに則っていないと、広告が非表示にされたり順位が下がったりするため、Googleが用意しているぽいしーを確認してポリシーに反していないように広告を作ることが必要です。
そして、広告を成功させていくためには、Googleが期待する広告内容はどのようなものなのかを把握することが大切です。

Google広告を利用するなら使った方が良いツール


ここからは、Google広告で必要になるツールをご紹介していきます。

キーワードプランナー

Google広告を出稿する際にはキーワードの設定が重要であることをお伝えしてきました。
キーワードの設定には、自分で検索して探していくことも出来ますが、Googleが提供しているキーワードプランナーというサービスでは、キーワードごとの月間の検索ボリュームを教えてくれたり、検索キーワードでの単価を教えてくれたりするため、Google広告を出稿するためには欠かせないツールとなっています。
キーワードプランナーである程度の単価が分かるため、広告出稿に関する月間の費用感も確認することが可能です。

サーチコンソール

キーワードプランナーがこれからのキーワードを探すのに対して、サーチコンソールはこれまでサイトに訪れた人たちの検索キーワードを教えてくれます。
今までサイトに訪れた人がどのようなキーワードで訪れているかを知ることは、これから広告出稿する上では大切なポイントで、ユーザーのことを知るという意味でも必要なことです。
自分たちが仮説でこんなキーワードで来ているんじゃないか、こんなキーワードで検索するんじゃないかと言うものを考えても、実際にユーザーが検索しているものを見た方が実際のデータとして活かしやすく、仮説ではなくリアルのデータがあるため、キーワードの選定がしやすくなります。
サーチコンソールではキーワードごとの検索順位なども把握することが出来るため、Google広告だけではなくSEO対策としてオーガニック検索の対策検討もすることが出来ます。

Goodkeyword

Goodkeywordは、サーチコンソールやGoogleキーワードプランナーとは異なり、Googleでの検索ボリュームやサイトに訪れたキーワードとは違って、選択したキーワードがそのキーワード以外にどのようなキーワードで検索されているかを知ることが出来るツールです。
こちらも、ユーザーの心理を把握することに役立つツールとなり、例えば、「ダイエット」と検索する人が複合キーワードでどのようなキーワードと合わせて検索しているのかを把握することが出来ます。
これらはサジェストワードと呼ばれるキーワードですが、サジェストワードを知ることで、ユーザーがどのようなものに興味を持っているのかを予測することが出来ます。

効果的な広告を作るために必要なスキル

ここからは、効果的に広告を作るためにはどのようなスキルが必要かご紹介していきます。

ライティングスキル

Google広告の出稿の際、必要となるのはライティングスキルです。
ライティングスキルは、Web上のコンテンツを作るために必要なスキルであったり、デジタル広告を出稿するために必要なスキルであったり、Google広告を出稿するためにも必要です。
例えば、Google広告を出稿するためには広告タイトルと広告文の記載が必要です。
ただ文章を並べているだけでは訴求することは出来ないため、興味を持っているユーザーがどのようなキーワード・文章に興味を引くかを考えながら作成することが必要です。

画像加工スキル

次に、画像加工のスキルです。
テキスト広告では画像を利用することはありませんが、画像広告では画像を利用することが必要となり、ただ画像を入れるだけでは訴求効果が無いため、テキストと組み合わせて訴求効果の高い広告画像を作ることが必要です。
ただし、テキストだけになってしまうと画像の効果が無いため、バランスの良い画像広告にする必要があるため、Photoshopなどの画像加工ソフトの利用が必須となります。
無料版でGimpなどのようなソフトもありますので、無料版が良い方は、インターネット上で色々と検索してみると良いでしょう。

まとめ

ここまで、Google広告をするにあたり、初心者の方が失敗しないでGoogle広告を出すためにはどのような点に気を付ければよいのかをご紹介してきました。
効果的な広告を続けていくためには「これで良い」という形で満足せずに、常に改善していくことでより効果の高い広告出稿をすることが出来るでしょう。
Google広告はデジタル広告の中でも大変人気の広告となっており、コンバージョン率も比較的高い広告です。このような広告を成功させるためにも経験を積み、トライ&エラーで費用対効果が高い広告となるように地道に努力をしていくことが必要です。