今さら聞けない「Google広告」と「Yahoo!リスティング」の違い

「Google広告」と「Yahoo!リスティング」違いを把握して使いこなそう


リスティング広告は、Googleが提供するサービスである「Google広告」やYahoo! JAPANのサービスである「Yahoo! プロモーション広告」の2種類の検索エンジンが代表的です。リスティング広告とは、インターネットユーザーが特定のキーワードで検索された結果に対して、ページの上部や下部に設置された広告枠に、広告枠を配信することができます。

Google広告とYahoo!プロモーション広告の提供サービスの違い


根本的ではありますが、GoogleとYahoo! JAPANが提供している広告の違いを、それぞれどのようなサービスの広告であるかをまずは確認しておきましょう。

Google広告

「Google広告」はGoogleがサービスの提供している広告の総称です。もともとはGoogle AdWordsという名前でしたが、最近リニューアルしました。Google広告ではGoogleで契約している提携のサイトで広告を配信することができます。代表的なウェブサイトではYouTubeやアメーバブログが挙げられます。
Google広告で配信できる広告は次に挙げられるような種類があります。

・検索広告
Googleの検索エンジンを使用して特定のキーワードで検索を行った際に、検索結果の表示の上部や下部の広告エリアにそのキーワードに関連した広告を配信できるもので、検索連動型広告と呼ばれます。

・ディスプレイ広告
ディスプレイ広告は、Googleからアクセスできる200万以上のウェブサイトや、60万種類以上のアプリに広告を配信することができる画像やテキスト、動画を使った広告の事を指し、Googleディスプレイネットワーク(GDN)と呼ばれます。細かなターゲットを設定し、条件に一致するユーザーに対しGmailなどのGoogleが連携しているサービスに配信することができます。

・動画広告
YouTubeの動画の視聴する直前やGoogleディスプレイネットワークなど、動画を使った広告を配信することができます。

Yahoo! プロモーション広告

Yahoo! JAPANが提供するインターネット広告のサービスがYahoo! プロモーション広告です。
Yahoo! JAPANが提携している大手サイトに広告を配信することができ、代表的なウェブサイトはGYAO!、niftyなどが挙げられます。主な配信方法はGoogle広告とあまり変わりませんが、サービス自体が両者では異なっています。

・スポンサードサーチ
Google広告の検索広告と同じく、ユーザーが検索したキーワードに関連する広告が、検索結果の上部や下部の広告枠に表示される検索連動型広告です。

・Yahoo!ディスプレイアドネットワーク
Yahoo! JAPANが提携しているウェブサイトに広告を配信することができ、こちらもGoogleディスプレイネットワーク同様に細かなターゲットを設定し、ユーザーに対して広告を配信することができます。

・Twitter広告
Yahoo! JAPANが提供するTwitter広告で、広告の配信に関する形式を設定せずに広告の目的を選ぶだけで、簡単にPRしたい商品やサービスの広告を配信ができます。Twitterを利用して認知度を上げることや、イベントの告知などでよく利用されます。

Google広告とYahoo!プロモーション広告の違い

提供サービスの違いについて整理することができました。広告の形式は似通っているものがありますが、以下のような具体的な違いをご紹介します。
・広告の配信先
・広告の表示オプション
・入稿規定
・連携サービス
・審査スピード

広告の配信先の違い

Googleでは、リスティング広告ではGoogleで検索された結果に関して広告が表示され、ディスプレイ広告では、YouTube、アメーバブログ、食べログといったGoogleアドセンスを利用しているサイトに配信されます。
世界的なサービスであるYouTubeに広告を配信できる点では、大きなポイントだといえます。
Yahoo!プロモーション広告では、リスティング広告ではYahoo! JAPANで検索された結果に関して広告が表示されますが、BingやExciteにも広告を配信できます。ディスプレイ広告では、Yahoo!で利用できるYahoo!メールやYahoo!知恵袋といったサービスサイトのほか、毎日新聞やデイリースポーツといった大手新聞社のウェブサイト、So-netなどのプロバイダー系のウェブサイトに広告を配信でき、動画広告ではGYAO!に配信することができます。
それぞれ媒体ごとに配信先が異なりますが、動画広告の配信ではYahoo!のGYAO!よりも、GoogleのYouTubeのほうが圧倒的に利用者の数が多いです。
ところが、それぞれの配信先をどのようなデバイスでユーザーは利用しているのかを着目した時に、YouTubeはスマーフォンで見られ、GYAO!ならパソコンで見られるといった違いが出てきます。広告をどのようなユーザーに届けるかによって、広告掲載場所を検討する必要があります。

Google広告のオプション

広告表示のオプションについて両者の違いをご紹介します。
Googleのリスティング広告ではさまざまな広告のオプションを設定することができます。

・サイトリンクオプション

広告テキストにリンクテキストを追加することができます。パソコンやスマートフォンなど端末によって広告が掲載できる場所や種類が変わります。

・電話番号表示オプション

名前の通り電話番号や通話をかけるボタンを広告に追加表示できる機能です。
電話によってお問合せや申込を簡単に促進させる効果ができます。スマートフォンで表示された広告からだと、直接電話をかけることができます。

・メッセージ表示オプション

メッセージアイコンを広告内に設置でき、広告主に直接ショートメッセージを送ることができます。SMSが利用できる携帯電話を使用しているユーザーのみに表示されます。

・コールアウト表示オプション

商品やサービスの情報や特徴の補足説明追加することができます。

・価格表示オプション

取り扱っている商品やサービスの価格を表示することができます。

・構造化スニペット表示オプション

商品やサービスのラインナップついての情報や特徴を追加することができます。

・アプリリンク表示オプション

広告のウェブサイトのURLとは別に、アプリのダウンロードページのリンクを設置できるオプションです。アプリの広告としてもユーザーに広告を配信することができます。

・住所表示オプション

住所を地図上で表示するリンクを追加することができます。ウェブサイトではなく、実店舗に訪れてもらうことが目的となるオプションで、定休日や営業時間を設定することで、効果的に集客ができます。

・レビュー表示オプション

広告テキストに個人や企業など、第三者からの評価を表示することができ、高い評価を得ることでユーザーに安心感を与えることができます。

Yahoo!広告のオプション

一方Yahoo! JAPANのリスティング広告では4種類の広告オプションがあります。

・クイックリンクオプション

広告の下部に、広告のリンク先とは別のURLのリンクを表示することができ、サイトのトップページ以外のリンクを設定することができます。季節や商品ごとでリンクを複数設定することもできます。

・電話番号表示オプション

Google広告の電話番号表示オプションと同様で、広告内に電話番号や通話をかけるボタンを設定し、スマートフォンからはボタンをタップすると直接電話でお問合せやお申込みができます。

・テキスト補足オプション

Google広告の「コールアウト」のような機能と同じで、広告文の補足説明を表示することができます。

・カテゴリ補足オプション

広告に対して、商品やサービスに合わせた補足カテゴリと、補足内容を広告に追加できます。

GoogleとYahoo! JAPANそれぞれオプション種類で比較をすると、Googleのほうが、圧倒的に種類が多く、さまざまなオプションの設定をすることができます。オプションを設定することで、広告の表示面積も増え、大きなメリットになります。

入稿規定の違い


Google広告、Yahoo!プロモーション広告の両者ともに同様の広告サービスを提供していますが、入稿規定も同じように似ていることも多いです。入稿に使用できない文字など細かくご紹介していきます。

Google広告

使える文字「」 かぎかっこ
使えない文字! 感嘆符
文字数 見出し:半角25文字
本文:半角35文字×2

Yahoo!プロモーション広告

使える文字!   感嘆符
使えない文字「」 かぎかっこ
文字数 見出し:半角30文字
本文:半角38文字×2

となります。
Google広告では感嘆符は使用できますが、Yahoo!プロモーション広告では使用することができません。広告の文字数でも若干違いがあるため、広告を出す際は入稿規定をしっかりと確認しておきましょう。

連携サービスの違い

ウェブマーケティングとしてリスティング広告を利用している企業や個人は多く、さまざまな連携サービスを駆使して日々アクセス数の分析など行っています。
Yahoo!プロモーション広告ではYahoo! JAPAN独自の連携サービスを持っておらず、外部のツールを使うという形になってしまいます。
Googleでは、Googleから連携サービスがあり、一つのアカウントで連携が行えるためスムーズです。

・Google Analytics(Googleアナリティクス)

Google広告を運用する際に、Googleアナリティクスとデータを連携できます。連携することで、Google広告で見ることができなかったデータを分析できることや、ユーザーリストを共通化することができます。例えば、自分のウェブページにどれくらいのユーザーが訪れていたのか、どういった経路をたどって自分のウェブサイトに訪れたのか、離脱したのかを確認できるツールです。
Googleアナリティクスは、ウェブサイトの利用行動を分析する機能に優れており、Google広告は広告の実施に優れているため、Googleアナリティクスと連携することで、Google広告で集客したユーザーが、自分のウェブサイトに訪れた際の行動を全体的に確かめることができます。
Googleアナリティクスで取得できたデータをもとに、Google広告を利用してユーザーに広告を配信するリマーケティング広告という方法によって、追い込みをかけることができるなどメリットが大きなものとなっています。

・Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールとは、Google検索の結果の掲載順位を確認することができます。そのほか、何回表示されて何回クリックされたのか、ユーザーはどのようなキーワードで自分のウェブサイトに訪れたのかといったことを確認することができるツールです。
Googleアナリティクスは、自分のウェブページにどれくらい訪れたのか、どういった経路をたどって訪れたのか、いつ離脱したのか、などを確認できるツールである一方、Googleサーチコンソールは、どのようなキーワードで検索して自分のウェブページに訪れたのかを知ることができます。
連携することで、検索結果のキーワードを分析して広告の改善を行うことができ、Googleサーチコンソールと連携するウェブサイトを指定することで、自分のウェブサイトが検索結果に表示されたキーワードであったり、クリックされた回数であったり、ユーザーがどのキーワードで検索して訪れているのかを確認することができるので、成果を振り返りやすいという特徴があります。

・Googleマーチャントセンター

Googleマーチャントセンターはとは、商品やサービスの情報や、ショッピングサイトのデータを細かくGoogleに登録するための管理画面で、これによってGoogleの検索結果に自分の商品やサービスを掲載することができる「Googleショッピング広告」にてユーザーの行動に沿った広告を配信することができます。
Google広告と連携させることで、Googleの検索結果のGoogleショッピングを通じて、自分の商品を直接ユーザーに広告を配信することができます。Googleマーチャントセンターはほかの広告の配信方法として、Google動的リマーケティングやローカル在庫広告といったツールがあります。

・YouTube

YouTubeチャンネルをGoogle広告と連携させる仕組みです。
YouTubeチャンネルとは、企業や個人がYouTubeで動画の投稿や生放送を行うことで、商品やサービスのPRや、エンターテインメントを提供するチャンネルなどさまざまなチャンネルがあります。代表的なYouTubeチャンネルは「HIKAKIN」や「コカ・コーラ」が挙げられます。Google広告と連携することで、自分の商品やサービスをPRする動画の過去の再生などに基づいたリマーケティングリストや、動画の自然再生数の閲覧数を指標として表示することができます。

管理画面の違い


Google広告とYahoo!プロモーション広告では、広告運用の管理する画面が大きく異なります。
Google広告では、管理画面が一つにまとまっておりリスティング広告とディスプレイ広告の両方の管理が簡単にできることに対し、Yahoo!プロモーション広告の場合はリスティング広告とディスプレイ広告で管理画面は分かれています。

費用の違い

Google広告、Yahoo!プロモーション広告の両者ともに入札は最低金額の1円からスタートできますが、10円前後から始めなければほとんど広告の配信はありません。

キーワードを指定する方法の違い

リスティング広告では、検索結果のキーワードによって広告の成果が変化し、自分の商品やサービスについてユーザーの興味や関心を広告主が理解しているというのは正しいとは言えません。Google広告でもYahoo!プロモーション広告でも、ユーザーの興味や関心のあるキーワードに対して広告を配信することができますが、両者でキーワードを指定する方法は異なります。
Google広告の場合は、自分が設定したキーワードが含まれるウェブサイトに対して広告を配信することができ、ウェブサイト全体を対象としたターゲットになっています。
Yahoo!プロモーション広告の場合は、自分が設定したキーワードを検索したユーザー一人ひとりに対して広告を配信することができ、ウェブサイト閲覧者の人間を対象としたターゲットになっています。
Googleではウェブサイト、Yahoo!では人間をターゲットしていますが、広告自体は同じキーワードによる設定方法で配信することができるため、別物の広告配信であるということをおさえておきましょう。

広告の仕様の違い

検索エンジンの違いを比較してきましたが、仕様についても比較してみましょう。
広告審査のスピードについて若干の違いがありますのでご紹介します。審査については、Google広告がやや早めに審査される傾向があります。ですので、Google広告とYahoo!プロモーション広告の運用を同時にスタートしたい場合には、一斉に運用することが難しい場合があります。
運用に関するサポートに関しては、両者サービスともに親切な電話によるサポートが行われています。
審査スピードは、商品やサービスによって期間が異なります。

まとめ

ここまでGoogle広告とYahoo!プロモーション広告を細かく比較してみましたが、具体的な違いがあるのは広告の表示オプションの違いだけで、それ以外については自分がPRしたい商品やサービスによって、どちらが最適かを判断する必要があります。どちらのリスティング広告が優れているということではなく、両者ともに異なる見込み客となるユーザーが潜んでいるため、商品やサービスのターゲットに合った広告を配信できるように、運用にかかる費用を考慮した上で広告の運用を検討しましょう。また、Google広告もYahoo!プロモーション広告どちらも広告の運用の仕組みは似ているため、どちらか一方を知ることでもう一方も簡単に理解できます。両方の広告を運営しても良いでしょうし、一方だけ選んで広告の運用を始めたとしても、後からもう片方を追加したり、運用をやめたりすることはさほど大きな障害はありません。リスティング広告は柔軟性が魅力のため、小額から初めて、効果のある広告の運用を目指すことをおすすめします。