【初心者】インターネット広告の種類とそれぞれの特徴について

これで丸わかり!インターネット広告の種類と特徴


インターネットはもはや社会のインフラとして大切な存在です。商品やサービスをPRする際に、インターネット広告を利用している企業や、検討している企業もあることでしょう。
インターネット広告の費用の国内推定市場規模は1兆円を超えており、テレビCMに次いで市場は2位と、今も成長を続けています。
インターネット広告はさまざまな種類のものがあり「種類が多すぎてわからない」「PRしたい商品やサービスが、どの広告に合っているかわからない」といったウェブ担当者の声を聞くことが多いです。インターネット広告の種類とそれぞれの特徴、得られる効果についてご紹介します。

インターネット広告を始める前に


インターネット広告は、配信したい広告をユーザーのニーズに合わせてターゲットを絞って出稿することができることが強みです。PRしたい商品やサービスの広告予算や、事業の規模に合わせて最適な広告を出していくことがポイントです。
ユーザーは大きく3つ「顕在層」「潜在層」「低関心層」され、興味や関心の度合いに合わせて分類されます。

・顕在層
自分の商品やサービスを知っていて、ある課題の解決のため、具体的に商品やサービスの検討や比較をしはじめている

・潜在層
ある課題を抱えているが、自分の商品やサービスで解決できること知らない

・低関心層
自分の商品やサービスも知らず、それに関して抱えている課題もない

このようなユーザーの分類を踏まえ、インターネット広告でターゲットにするユーザーや、広告を出稿する目的を明確にしておきましょう。

インターネット広告に期待される効果

インターネット広告で得られる効果は3種類に分類されます。

1.インプレッション効果

商品やサービスが、ユーザーに好印象を与え認知度アップ目的とした効果です。商品やサービスの広告で得られる企業の認知やブランドイメージが目標になり、近年では動画広告など高品質な広告を出すことで大量のインプレッション効果を得ることができます。

2.トラフィック効果

ユーザーに広告をクリックしてもらうための、商品やサービスに関する自分のサイトやランディングページと呼ばれる商品やサービスの購入してもらうことを目的としたページへ誘導する効果のことです。
トラフィック効果を高めることで、商品やサービスに関するお問い合わせ・購入といったユーザーの行動に繋がります。

3.レスポンス効果

実際に広告を見て訪れたユーザーが、商品やサービスの資料請求や購入を行う実際に行動を起こす効果のことです。インターネット広告では、24時間いつでもユーザーが広告を見て行動ができるため、レスポンス効果を高めやすいです。

インターネット広告11種類と効果のご紹介


商品やサービスの興味や関心の度合いで分類される「顕在層」「潜在層」「低関心層」に加え、自分の商品やサービスのファンである「顧客層」から、それぞれの段階別におすすめのインターネット広告の種類をご紹介します。

低関心層向けのインターネット広告

・純広告

特定のウェブサイトの広告枠を一定の期間で買い取り広告を配信することを指し、Yahoo! JAPANやニコニコ動画、日本経済新聞社といったメディアサイトで提供されています。
ポータルサイトの上部や左右部分にある広告エリアに動画や画像を広告配信できるバナー広告や、ポータルサイト上のページ全体に動画やアニメーションが流れるマイページジャック広告といった広告が方法として挙げられます。
各メディアが配信している広告枠は、特定の期間配信することを前提とした契約ができる「期間保証型」や、広告の表示回数を指すインプレッション数を必ず保証する「インプレッション保証型」といった契約の形態により広告にかけられる費用が変わってきますので、注意が必要です。

・動画広告

YouTubeなどの動画配信サービスの動画に、広告を差し込んで広告を配信する方法です。
動画であるため、ウェブサイトの広告に比べて商品やサービスの理解が進みやすく、動画を視聴するユーザーも増えてきていることから、動画広告の需要が高まってきています。
テレビCMのような効果を行得る点や商品やサービスにストーリー性を付加することできるといった点が魅力的な方法です。
動画広告の配信方法は3種類に分類されます。

1.インストリーム動画広告
YouTubeのような動画広告で、CMのように数秒から数十秒の間、商品やサービスの魅力をユーザーに配信します。視聴する動画の視聴する直前や途中に差し込まれる「プリロール動画広告」や動画広告を特定の時間を視聴後にスキップできる「スキッパブル広告」、スキップができずに最後まで視聴させる「ノンスキッパブル広告」があります。

2.インバナー広告
ウェブサイトの上部や、左右の広告エリアに動画を設置することができます。
バナー広告の動画バージョンといったもので、ユーザーの興味や関心のあるコンテンツによって配信動画の内容を変えることや、ABテストができることが特徴です。

3.インリード広告
ウェブサイトのページをスクロールすると動画広告が画面に表示されると動画が再生されるという仕様の広告で、インストリーム動画広告やインバナー広告よりも新しい広告の形です。
画面をスクロールすることでスキップ可能なため、ユーザーの興味のある広告だけが再生できます。

・記事広告

記事広告はニュースなどの情報をチェックしているユーザーの邪魔にならないように、その配信元のメディアに自然に溶け込まれているように作成された広告を指し、例えば「ニュースをまとめたアプリでニュースにまぎれて配信されている広告」や、「SNSのタイムライン上に紛れてある広告」といったものが該当します。
他の広告とは違い、ユーザーの邪魔にならないよう配慮された設計になっており、一般的なバナー広告よりもクリックされやすいといった特徴があります。

潜在層向けのインターネット広告

・ディスプレイ広告

ウェブサイトや、アプリの上部の広告エリアに表示される画像やテキスト、動画広告のことを指し、バナー広告と呼ばれることもあり、純広告の広告エリアは契約して表示することができますが、ディスプレイ広告では一般的なウェブサイトの広告枠に配信することができます。
ウェブサイトにあるコンテンツをターゲットにし、商品やサービスに興味がある人などのユーザーにPRすることができます。
GoogleとYahoo!で配信することができ、両者ともに広告として表示のされ方や運用は通ずるものがありますが、運用するサービスが大きく違います。
Google広告のディスプレイ広告を何種類かご紹介します。

キーワードターゲティング
商品やサービスに関心の持つ可能性の高いユーザーに対して設定したキーワードに関連するウェブページやアプリに画像や動画の広告を配信できます。

プレースメントターゲット
広告を配信したい特定のウェブページをURLで指定することができる方法です。
家電の広告を出したいと考えたとき、家電製品の紹介をしているウェブサイトやブログを指定することで、指定先のページで広告を配信することができます。

トピックターゲティング
Googleが容易しているトピックに広告を配信することができます。トピックが例えば「ショッピング」であればGoogleが「ショッピング」と判断している広告枠に配信することができます。

Yahoo!ディスプレイアドネットワークを何種類かご紹介します。
以下のような方法で広告を配信できます。

インタレストマッチ
インタレストマッチとは、ユーザーの興味関心に対して関連性がある時に広告が表示される仕組みとなっており、Yahoo!で閲覧しているウェブサイトや、検索されたキーワードをYahooディスプレイアドネットワークが判断を行い、広告配信に関する設定したキーワードに関連性の高い広告を配信してくれます。

サーチターゲティング
ユーザーが検索エンジンで検索したキーワードに連動して広告を出せる手法です。
例えば「新築 マンション」で検索をすると、マンションの広告がユーザーに表示されます。
広告の配信先はYahoo!知恵袋やYahoo!ニュースで配信されます。

・アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は、広告配信の表示やクリックだけでは広告費は発生せず、ユーザーが購入や、資料請求などの行動があった場合広告費が発生します。
ユーザーが自分のウェブサイトやブログを経由して、商品が購入されると、購入された件数に応じて報酬が決まります。物販系と情報系と呼ばれるアフィリエイトがあり、物販系であればウェブサイトやブログで商品を紹介したものをユーザーが購入した場合に報酬が発生します。楽天アフィリエイトや、Amazonアソシエイトなどが代表的です。
情報系であれば、ウェブサイトやブログで「ダイエット」や「株」、「ゲーム攻略」といった情報を扱ったものです。

・SNS広告

TwitterやFacebookといったSNSを使用した広告ですFacebook、Twitter、InstagramのそれぞれのSNS広告についてご紹介します。

Facebook広告
Facebookは、インターネット上で社会的なつながりを作ることができるサービスで、もともとの友人同士を繋ぐコミュニティを作るために始まったサービスです。実名登録で利用している方が多く、友達の投稿をほかの友達にも表示する「シェア」により情報を拡散することもできます。Facebook広告では、ターゲットを性別、年代、趣味、嗜好といった出稿前に条件を詳細に設定できるため、広告主は明確なターゲットに広告を配信できる可能性が高まります。
その他に、Facebookアプリのインストールを促す広告をタイムラインに配信することや、Facebook上でクーポンを発行することができる広告を配信することができます。

Twitter広告
Twitterは、匿名で利用されていることが多く、1つの投稿につき140文字までの制限があるというシンプルなものです。しかし、リツイートという機能により発信した投稿が他のユーザーに拡散されるという仕様があるため、情報の拡散性が非常に高いです。Twitter広告では、自分のアカウントをフォローしているユーザー(フォロワー)にだけ投稿したツイートが表示されますが、フォロワー以外に自分のツイートを届けることができます。
自分のツイートを広告として配信する際に、Twitter特有のターゲティングができ、例えば過去に「ダイエット」とツイートしたユーザーをターゲティング設定することができます。

Instagram広告
Instagram広告では、画像投稿をメインとしたSNSで、ハッシュタグという独自の文化があります。
広告ターゲティングは、Facebookユーザーの情報を基に設定ができ、年齢、性別、興味関心など細かな設定ができます。写真共有のSNSという特徴から魅力的な画像を投稿するための創造性やクリエイティビティが必要です。

顕在層向けのインターネット広告

・リスティング広告

リスティング広告は、インターネットを利用するユーザーが検索エンジンでキーワードを検索する際、検索されたキーワードに応じて検索結果の上部や下部の広告欄に配信される広告を指します。検索型連動広告と呼ばれ、広告をクリックすることで課金される仕組みで、少ない資金でも始められることから、インターネット広告を配信の際に多くの広告主の方が利用しています。Google広告やYahoo!プロモーション広告が代表に挙げられます。
Google広告では、Googleの検索結果に広告を出す方法で、世界的にシェアの高い検索エンジンで広告を出すことができるため非常に利用者が多いです。

・リマーケティング広告

自分のウェブサイトにユーザーが訪れたものの、何かしらの理由で商品の購入などに至らず去ってしまったユーザーを追いかける広告です。ウェブサイトに訪れてもらったということは、抱えている問題を自分の商品やサービスで解決できるかもしれないという検討の状態にあり、顧客に至らなかったユーザーをもう一度訪れてもらうことで、コンバージョンに繋げましょう。
リスティング広告と併用して使われることが多く、リスティング広告でユーザーをウェブサイトなどに誘導し、離脱してしまったユーザーをリマーケティングで追いかけるという戦略があります。
代表的なものではGoogle広告とYahoo!プロモーション広告でリマーケティング広告が使われますのでご紹介します。

GDNリマーケティング広告
Googleディスプレイ広告を使うもので、多彩なターゲティング機能があり、それらをうまく組み合わせて展開させることで広告の効果を高めることができます。年齢や地域、興味や関心など細かい設定ができます。

GCN類似ユーザーターゲティング
自分のウェブサイトに訪れたユーザーや商品購入に至ったユーザーと類似するユーザーに広告配信することができるターゲティング機能です。類似する行動をとったユーザーを自動でリスト作成をすることで、新規顧客の獲得の可能性をたかめることができます

YDN リターゲティング
こちらはGDNと同じようにウェブサイトの広告枠にリターゲティング広告を出稿することができますが、Yahoo!のサービスで出稿できるというサービスでの違いがあります。

YDN類似リターゲティング
GDN類似ユーザーリターゲティングと同じような仕様です。異なる仕様は、GDNでは自動で作成されたリストを、YDNでは自分で設定を行い、作成をします。

顧客に向けたインターネット広告

・メール広告

商品やサービスを利用している顧客層には、商品やサービスの購入の際に、ユーザーの登録をしているメールアドレスなどに広告メールを配信します。顧客に向けてキャンペーンなどタイミングを逃さずにアプローチできます。また、広告作成を行う際外注を行っている企業もあるため、大量の顧客を抱えている場合効果的に広告を配信する際は外注も検討してみると良いでしょう。

・アドレサブル広告

企業が持つ顧客データ(CRMデータ)を基に、特定のユーザーに広告を配信する方法で、顧客の行動や、傾向を分類してユーザー層を分けて広告を配信することで購入率を高めたり、リピーター育んだりすることができます。過去の購入の傾向や類似ユーザーのデータから広告の配信を行いやすいという特徴があります。

・リマーケティング広告

顕在層向けにもご紹介したリマーケティング広告ですが、顧客層向けにも有効な使い方をすることができます。
自分の商品やサービスを扱うウェブサイトに訪れたユーザーがコンバージョンに至った際、そのユーザーに対して再度商品やサービスの利用を促すために広告を表示することができます。この方法も、Google広告、Yahoo!プロモーション広告を使うことで広告を配信することができます。

まとめ

ここまで、インターネット広告で期待される効果やそれぞれ「低関心層」、「潜在層」、「顕在層」「顧客層」に分類して広告の効果や特徴をご紹介しました。
自分の商品やサービスはどんなユーザーを狙えば良いのかを明確にすることで、広告配信を正しく行うことができるでしょう。
また、インターネット広告は少ない資金からでも手軽に始めることができます。無料でGoogleやYahoo!のアカウントが作成できますので、出稿管理が比較的簡単なGoogleやYahoo!リスティング広告やディスプレイ広告の配信をおすすめします。