Googleキーワードプランナーとは?使い方と便利な機能

GoogleキーワードプランナーをマスターしてSEO対策で差をつける!


Webマーケティングを行う方であれば、SEMやSEOについて学んできたことでしょう。
SEMを学んでいく上で、必ず通る道が「キーワード」ではないでしょうか。
SEMを行うにしてもSEO対策を行うにしてもキーワードの設定が重要であることは言うまでもなく、そのキーワードの設定や、キーワードの選別がSEMやSEOを行うにあたって重要なポイントとなっています。
そんなキーワード設定に欠かせないのが、Googleが提供している「キーワードプランナー」ですが、今回はそのキーワードプランナーについてどのようなものなのか、設定方法はどのように行うのかなどをご紹介していきます。

キーワードプランナーとは


キーワードプランナーは、Googleが提供しているツールの一つで、無料で提供されています。
キーワードプランナーを利用してどのようなことが出来るかと言うと、Googleで検索されているキーワードの月間ボリュームを調べることや、Google広告を出稿した際に、どれくらいの価格で入札できるのかなどを調べることが出来るツールです。
キーワードプランナーを利用しなければ、Googleでユーザーがどのようなキーワードで検索しているのかを予想することしかできず、自分たちの感覚でキーワードを選定してしまいますが、実際に検索されているボリュームをGoogleに教えてもらうことが出来るため、キーワードの選定がしやすくなります。
キーワードプランナーを利用することは、Webマーケターにとっては必須のものと考えてよいのではないでしょうか。

キーワードプランナーを使うメリット・デメリット

ここからはキーワードプランナーを使うメリット・デメリットについて見ていきましょう。

キーワードプランナーを使うメリット

まずは、キーワードプランナーを使うメリットから見ていきましょう。
メリットとしては、以下のようなポイントがあります。

・対象としているキーワードの検索ボリュームが分かる
キーワードプランナーを利用することで、自社サイトやサービスサイトで狙っているキーワードがどの程度検索されているかを月間の検索ボリュームで知ることが出来ます。
対象となるキーワードが思ったほど検索ボリュームが無く、競合も多い場合には、自分たちのサイトを上位表示させていくためにはかなりの労力や分析が必要となります。
その反面、別のキーワードのボリュームが多く、競合も少ないものが探せられたら、そのキーワードで上位表示させて、多くのユーザーを自社サイトに誘導することが期待できるでしょう。
このように、キーワードの検索ボリュームを知ることで、Webマーケターとしてどのようなキーワードで戦っていけばよいのか、ある程度数字も見えるため、戦略を立てやすくなります。

・入札価格の目安が分かる
キーワードプランナーでは、入札額の目安が表示されるため、対象となるキーワードで戦う場合に、月間どれくらいのコストが掛かるのかが明確にわかります。
例えば、コストが1クリック当たり100円の場合には、ユーザーが100回クリックすれば10,000円となるため、コンバージョン率を1%と見たときに、ひとりの顧客を獲得するためには、このキーワードでは10,000円掛かるという仮説を立てることが出来ます。
実際には価格は目安となるため、その時々で変動はありますが、ざっくりとした目安が立てられるため、コストが大幅に高くなったということもないでしょう。

・ユーザーの心理が分かる
キーワードプランナーを利用することで、検索ボリュームや入札単価を知ることができ、その結果ユーザーの心理を知ることが出来ます。
どういうことかと言うと、検索ボリュームを比べていく中で、「札幌 みそラーメン」と「札幌 醤油ラーメン」で検索をした場合に、どちらの検索ボリュームが多いのかを見ることで、札幌でラーメンを検索する人はどちらのラーメンに興味があるのかを知ることが出来ます。
例えば、これは一つの例ですが、ラーメン店を作ろうとしたときに、このようなキーワードでの比較をしてみるだけでも、札幌でラーメンを食べる人の味の好みが見えてくるということになります。
このように、キーワードを知ることで、ユーザーの心理を知ることができ、結果的にビジネスを成功させていくためのヒントを得ることが出来ます。

・競合のことを知ることが出来る
また、キーワードごとの入札単価を見ていくことで、競合の有無が分かります。
例えば、対象となるキーワードの入札単価が30円となっている場合には、そこまで競合がおらず、単価も安い方と言えるでしょう。
しかし、「育毛」や「保険」などのキーワードでは、高いもので1,000円を超すものもあります。
そのようなキーワードは競合が多く、入札単価も高いためGoogle広告だけではなく、オーガニック検索としてのライバルも多いと考えて良いでしょう。
ちょっと副業程度でアフィリエイト広告を始めようとしている方はこのようなキーワードで戦おうとしても、大手企業が巨大な資金で戦っている場合が多いため、個人での勝負は難しいと考えられます。

・コンテンツ作りのヒントになる
キーワードを知ることで、コンテンツ作りのヒントを得ることが出来ます。
コンテンツマーケティングと言う言葉が流行りましたが、コンテンツマーケティングの課題としては、コンテンツ作りのネタ集めや、キーワードの選定です。
コンテンツを作るときに、自分たちの発信したいものだけを作っていてもユーザーは集まりません。
ユーザーはどのようなキーワードで検索しており、どのような悩みを抱えているかを知ることで、ユーザーが求めるコンテンツ作りをすることが出来ます。
そういった意味では、コンテンツ作りはキーワードのボリュームなどを知ることから始める方が成功に近づける方法と言えるでしょう。

キーワードプランナーを使うデメリット

次に、キーワードプランナーを利用するデメリットを見ていきましょう。

・Google広告を利用していないと詳細が見られない
Google広告を利用していないユーザーは、キーワードプランナーで検索ボリュームを見たときに1万-10万といったようなざっくりとしたボリュームを見ることになります。
しかし、Google広告を利用しているユーザーは、45,200といったような細かな数字まで見ることが出来るため、Google広告を利用していないユーザーはデメリットに感じてしまうかもしれません。

・アカウントが必要となる
キーワードプランナーを利用するためには、Googleアカウントが必要となります。
Googleアカウントは無料で取得することが出来ますが、面倒と思う方もいるでしょう。

キーワードプランナーの重要性


ここからは、キーワードプランナーを利用する重要性を見ていきましょう。

SEOの観点から

キーワードプランナーを利用することで月間の検索ボリュームを知ることができ、さらには競合についても知ることが出来ます。
そのため、SEOの観点から見ると、キーワードと言う部分においては市場を知ることが出来るため、コンテンツを作ってSEO対策をする上では必ず見るべきものと言えるでしょう。
逆に、キーワードの検索ボリュームを知らずにコンテンツを作ったとしても、月間検索ボリュームが無い場合にはどんなに良いコンテンツを作ったとしてもユーザーを獲得することは出来ません。
逆に、検索ボリュームが多いキーワードを狙うのにコンテンツを作っても、サイト構築に莫大な費用をかけている大手に勝てない可能性もあるため、競合を知ることや検索ボリュームを知ることは、SEO対策にも欠かせないものと言えるでしょう。

リスティング広告でも

Google広告などのリスティング広告を利用してSEM対策を行っているWebマーケターの方にとっても、キーワードプランナーの利用は欠かせません。
キーワードの検索ボリュームを知ることと、キーワードごとの単価を知ることによって、目標値を設定させることが出来ます。
例えば、1名の顧客を獲得したいと思ったとき、以下の様な計算が出来ます。
ゴール:1名の顧客獲得
・1%のコンバージョンと想定した場合には100名のユーザーが必要
・100名のユーザーを獲得するためには、クリック率1%の場合には10,000名のインプレッションが必要
・10,000人のインプレッションをするためのキーワードはどのキーワードが良いのか調べる
・100名クリックしたときにクリック単価200円の場合には20,000円必要となる

このように、設計することで、1名の顧客に20,000円必要となり、そのためのキーワードにはどのようなものを利用したらよいか見えてきます。
そして、1名当たり20,000円かけても費用対効果として成立するのかを検討することが出来るため、無駄な広告費を使用することが無く、効果的に利用できると言えます。

キーワードプランナーの基本操作

ここからは、実際にキーワードプランナーを利用するためには、どのような操作方法となるのか見ていきましょう。

Googleアカウントを作る

キーワードプランナーを利用するためには、まずはGoogleアカウントを取得します。
Googleアカウントの取得には費用は掛かりません。Googleのサイトから新規登録をしてユーザーアカウントを取得しましょう。
この際、GoogleのGmailアドレスも付与されるため、今後のために控えておくと良いでしょう。

Google広告に入る

キーワードプランナーはGoogle広告の中で使用することが出来るツールです。
まずは、「Googleアドワーズ」や「Google広告」「Googleキーワードプランナー」などで検索をしてGoogle広告にログインしましょう。

キーワードプランナーを開く

Google広告に入ったら、右上のツールボタンをクリックして、キーワードプランナーを選択します。
キーワードプランナーを選択すると、検索ボリュームを調べるという内容のボタンが出てくるため、クリックして対象となるキーワードなどを設定します。
キーワードは複数選択することが出来るため、いくつかキーワードを入力して検索ボリュームを見てみましょう。

キーワードの種類について

SEM対策やSEO対策をする上で、キーワードの種類について知っておきましょう。

ビッグワード

ビッグワードとは、誰もが知っており、検索するユーザーが多いボリュームのワードです。
例えば、「育毛」や「がん」などもビッグワードの一つで、検索ユーザーはとても多く、これらのキーワードで戦うためにはそれなりのコストを見る必要があります。
ビッグワードで検索順位が上位表示されれば、かなりの効果を生むことが出来るでしょう。

ミドルワード

ミドルワードは、ビッグワードとスモールワードの中間に位置しているもので、ビッグワードはその名の通り多くのユーザーが知っており、検索するボリュームのあるキーワードですが、ミドルワードは、そのキーワードに複合して何かのワードを付け足したようなものが一般的です。
例えば、「野球 ソックス」のようなワードで、野球だけではビッグワードですが、ソックスと入れることにより検索ボリュームはグンと下がります。
これらのような複合キーワードで使用されることが多いワードです。

スモールワード

スモールワードとは、検索ボリュームの少ないワードです。
ミドルワードよりも少なく、「ニッチ」なワードと言えるでしょう。
例えば、「釣り 石狩 カレイ」のようなピンポイントのワードのことを言います。
このようなワードは、検索ボリュームは少ないものの、競合も少ないためニッチなワードで検索しているユーザーの心をつかみやすく、狙えばヒットする可能性があるワードと言えます。
コンテンツマーケティングを行う場合には、このスモールワードをいくつも狙うという手法があります。

キーワードプランナーを利用した戦略


キーワードプランナーを利用してどのような戦略を立てていけばよいのか、見ていきましょう。

時期・季節でチェック

キーワードプランナーでキーワードを選定する場合には、時期や季節によってもチェックすると良いでしょう。
時期や季節によって、検索されるボリュームは異なります。
例えば、「花見」や「運動会」など、時期が限定されているものについては、通常の時期には検索ボリュームは少なく、ある一定の時期に検索ボリュームが上がるものです。
このような視点からも検討してみると良いでしょう。

デバイスでチェック

ユーザーが利用しているデバイスについても検討するとよいでしょう。
デバイスごとの検索ボリュームなども把握することが出来るため、検索されているワードがどのようなデバイスで検索されているかを知ることで、個人のユーザーなのか、法人なのかなども検討することが出来ます。
最近ではスマホがメインですが、法人からのアクセスの場合にはパソコンからの検索が多くなっています。

関連ワードをチェック

関連ワードを調べることも重要なポイントです。
関連ワードとは、サジェストワードとも呼ばれるものですが、検索されている対象のキーワードとは別に、関連するワードも調べることで、ユーザーの心理をより理解することが出来るでしょう。

キーワードプランナー以外に利用したいもの

最後に、キーワードプランナー以外で、キーワードについて調べられるツールをご紹介しておきます。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、キーワードプランナーとは違い、現在サイトに訪れているユーザーの検索キーワードについて調べることが出来ます。
キーワードプランナーは運営者側の「このキーワードで来ているのではないか」という予想のもとキーワードを選定して戦略を立てますが、サーチコンソールは「実際に来ている人」のキーワードを知ることが出来るため、予想に反して意外なキーワードで来ているというケースもよくあります。
そのため、キーワードプランナーだけではなく、サーチコンソールも利用することよって、ユーザーがどのようなキーワードで検索しているか、リアルなユーザーの心理を知ることが出来ます。

Goodkeyword

Googleから提供されているツールだけではなく、Goodkeywordというサイトを利用することによって、サジェストワードを知ることが出来ます。
サジェストワードは、関連するワードのことで、例えば「育毛」というキーワードが他にどのようなキーワードと関連して検索しているかを知ることが出来ます。
例えば、育毛であれば、「シャンプー」「サプリ」「効果」「ランキング」など様々なキーワードと組み合わせて検索されていることが分かるため、それらの対策をするコンテンツを作るなど役立てることが出来ます。
必要なのは、ユーザーの心理を知ることで、それにはユーザーが実際に検索している検索キーワードやボリュームを知ることが重要です。

まとめ

ここまで、キーワードプランナーの利用方法や、重要性などについてご紹介していきました。
Webマーケターの方であれば、SEM対策やSEO対策はWebサイトの運用では欠かせないものとなっており、その運用や販促活動においてはキーワードの選定や情報収集は欠かせない活動の一つと言えます。
Google以外にもYahooやBingなどがありますが、YahooはそもそもGoogleのアルゴリズムを使用しているためGoogleと同じような考えでよく、Bingに関しては日本においては数%としかユーザーがいないため、日本での検索エンジン対策をするためにはGoogleへの理解が欠かせないでしょう