【初心者向け】Google広告(旧アドワーズ)の設定方法について

Google広告を制する者はweb広告を制す!?初心者必読のGoogle広告入門


世の中にはさまざまな広告があり、テレビCM、ラジオCM新聞の広告、イベントプロモーション、交通広告、インターネット広告などさまざまな媒体が存在します。その中で、Google広告をご紹介します。
2018年にGoogle AdWordsからGoogleに変更されたばかりで、始めようと思い調べてもGoogle広告はなかなか出てこずにGoogle AdWordsの設定方法の解説ばかり表示されてしまいます。Google広告を使うと、Googleのネットワーク上に広告を出すことができ、Googleの何かを検索したときに表示される画面や、Gmailの画面、YouTubeの広告を出すことができます。
そこで、Google広告の設定方法、出向方法から活用方法までを広くご紹介していきます。

Googleアドワーズは現在「Google広告」という名前になっている


Google AdWordsは現在「Google広告」という名称になり、Googleが法人向けに提供する広告関連のサービスを整理し、名称の変更を2018年7月4日に適用されました。Google AdWordsの名称変更に伴って、請求書で送られてくる書類関係もすべてGoogle AdWordsから名義が変更され、URLも「ads.google.jp」に変更になり、ヘルプセンターもURLも「support.google.com/google-ads」に変更されています。

Google広告とは?

Google広告とは、Googleの検索エンジンで特定のキーワードで検索をした際に、広告主が設定した広告をGoogleのサービス上で、掲載することができる広告主向けの機能です。実際に企業や個人が商品やサービスをPRするためにGoogle広告を運用している方も多いです。Google広告は、ただ資金をかければ効果があるわけではなく、運用の方向性は正しいかどうか、やっている商品やサービスのPRの広告の見直しなどをしっかりと行わなければ効果はなかなか出ず、世の中の企業や個人がGoogle広告を出しては消えていく広告がたくさん存在しています。
なぜなら、Googleの経営方針の中には「ユーザーを最優先する」というものがあり、ユーザーというのは広告主ではなく、キーワードで何か検索をしている一人ひとりのユーザーを指しています。Googleの経営方針の通り、一人ひとりのユーザーを最優先した使いやすいサービスの設計をするというものが大前提にあるため、ただ広告費用をかけ、Google広告に臨んでも成果を上げることは難しいでしょう。

Google広告の種類

Google広告にはリスティング広告とディスプレイ広告があり、PRしたい商品やサービスはどちらの広告ツールが向いていて、効率の良い広告の運営ができるのかを知っておくと良いでしょう。ここでは両者の特徴を踏まえてご紹介します。

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!で検索した際に結果として表示されるテキスト広告の事を指し、あらかじめ設定したキーワードでユーザーが検索したときにだけ表示されるため、ターゲットを絞って効率的に広告配信を行うことができます。例えば「学習塾」というキーワードを設定しておくと、ユーザーが「学習塾」や「学習塾 価格」と検索した場合に設定した広告を表示することができます。キーワードはPRしたい商品やサービスに合わせて自由に設定可能で、掲載後に表示される場所では検索結果ページの上部と下部に数個、右側のサイドバーの一覧表に表示されている広告が、リスティング広告です。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、WEBサイトブログなどの上部分などの広告エリアに表示される動画や画像や文字の広告です。商品やサービスの購入よりも、認知度を上げるといった目的にさまざまなWEBサイトに広告が掲載されるディスプレイ広告が向いており、PRしたい商品やサービスの広告を繰り返し表示することで商品やサービスのアプローチをしやすい特徴があります。

Google広告の出稿方法(リスティング広告)


さっそく、Google広告の出稿方法を、アカウントの取得から、広告配信、支払方法の設定まで各ステップに分けてご紹介します。

Googleのアカウントを取得しよう

Google広告を始めるにあたりGoogle広告の公式ホームページにアクセス[https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/]し、青色の[今すぐ開始]ボタンをクリックします。
画面が切り替わり、Googleのログイン画面へ移行します。(ログイン中の場合は自動的にスキップします)メールアドレスとパスワードを入力してログインをすると、広告作成画面へ移行します。

利用目的の設定

次の画面では、広告の目的を次の3種類尋ねられますので、利用目的を回答します。
・電話問い合わせを増やす
・店舗の来客数を増やす
・ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす
とありますので、目的にあったものを選択します。目標を選択すると画面が切り替わります。

宣伝するビジネスの情報

次の画面では広告を出したいビジネス名(PRしたい商品やサービス)とWEBサイトのURLを記入します。記入を終え[次へ]ボタンをクリックすると画面が切り替わります。

ターゲットとするユーザーの所在地

次の画面では、広告のターゲット地域を設定します。この設定では、広告を出したい地域の指定や、広告を出したくない地域の設定をすることができます。
国や地域を中心とした一定の範囲や選択した地域で広告を表維持できます。ここでは、ビジネスに合ったターゲットに設定しましょう。
2種類の選択方法があります。
・拠点からの半径で指定…PRしたい商品やサービスの対象地域を選択し、選択した拠点からの半径(km)を指定します。
・特定のエリアを指定…PRしたい商品やサービスの対象地域を指定します。初期設定で日本となっていますが、[地域を追加]の入力スペースに都道府県や都市を入力し、対象地域を追加することもできます。
どちらか選択をした後に[次へ]を選択します。

商品やサービスを指定する

次の画面では商品やサービスを指定します。
広告で使用する言語を選択し、『お客様の業種』という入力スペースがあるので、業種を入力します。
入力後に、『この広告で宣伝する商品やサービス』の入力スペースに宣伝したい商品やサービスを入力します。
入力を終えたら、[次へ]を選択します。

広告文を作成する

次の画面では、提供したい商品やサービスについての説明、セールスポイントをアピールしましょう。
広告見出し1、広告見出し2、説明文、URLの3か所の入力スペースがあり、広告見出し1には30文字、広告見出し2に30文字、説明文に90文字入力することができます。URLには、ユーザーに見てもらいたいリンク先のページのURLを指定します。
思い浮かばない場合は、Googleがヒントとして、サンプルを表示してくれますので参考にしておきましょう。サンプルはこのようなものでした。
広告見出し1「あなたの〇〇(サービス名)」
広告見出し2「最高なサービスを提供します」
説明文「本日も絶賛24時間営業中。今すぐお電話で20%の割引特典サービス付き。」
セールスポイントや特徴をアピールすると、クリック率がより上がります。入力後[次へ]ボタンを選択します。

広告予算の設定

次の画面では、広告の予算を設定します。予算と入札単価を設定することができますが、あとから変更できるため、適当な金額を入力して[次へ]ボタンを選択します。

キャンペーン設定の確認

次の画面では、今まで設定した内容すべてを確認することができます。
設定内容が正しければ[次へ]ボタンをクリックします。

支払い方法の設定

次の画面では支払方法の設定を行うことができます。注意をしながらゆっくりと確認しながら入力しましょう。
注意するポイントがあり、
請求先住所の国:日本
タイムゾーン:東京
この2つに関しては設定後変更できないようになっています。
確認後に住所、メインの連絡先(電話番号)の入力をします。
次にお支払いタイプを選択します。Google広告では自動支払いと手動支払いの2種類のタイプがあり、自動支払いはクレジットカードや銀行振込といった手段に対して自動的に費用が請求されます。利用限度額に達するか、前回の支払いから30日経過すると、その時点で自動的に請求が行われます。
手動支払いは前払いによって支払う設定で、クレジットカードや銀行振込などでアカウントに入金をしてから支払うという方法です。
お支払い方法は、振込、コンビニまたはPay Easy、クレジットカードの3種類で行うことができます。
最後に利用規約の同意のチェックボックスをクリックし、[送信]ボタンを押すことで登録が完了となります。

Google広告のメリット

Google広告のメリットや特徴をここでご紹介します。
1.世界中に広告を出すことができます。
Google広告は、リスティング広告、ディスプレイ広告の2種類あり、細かく分けると、Googleの検索結果、Googleと提携しているWEBサイト、YouTube、Gmailなど出すことができます。
Net Applicationから2019年1月のデスクトップ検索エンジンのシェアが発表され、Googleが78.2%ほどのシェアを確保しており、国内外を問わず世界中のユーザーに広告を見てもらえるという大きなメリットがあります。
2.ターゲットの設定
海外をターゲットにしているのであれば、海外にだけ広告を出すことができ、地域に密着したビジネスであれば、市町村などをターゲットに設定することができ、地域、性別、年齢、言語など広告を見てほしいユーザー層を設定することができます。
3.広告の表示のされ方が豊富
リスティング広告を出す際に、広告の表示に関する設定がとても豊富です。店舗の住所、電話番号を表示することができたり、アプリのリンクを表示したりとユーザーの興味を引き付ける広告を出すことができます。
4.Googleアナリティクスとの連携
Googleアナリティクスとは、Googleが提供するWEBサイトなどのアクセス解析ツールで、WEBサイトの訪問者や、訪問に使われた端末はスマートフォンなのか、パソコンなのか、といったデータを計測することができるサービスです。
Googleが提供するサービスを連携することができ、Googleアナリティクスを利用している方は、データを連携することで、Google広告からPRしたいWEBサイトに流入したユーザーの直帰率や滞在時間を知ることができます。
連携をすることで、Google広告の成果をより詳しく確認することができ、効果のなかった広告の改善に役に立ちます。

キーワードの設定方法


Google広告で行うリスティング広告で最も大切なのが、キーワードの設定でしょう。効果的なキーワードを広告に使うことで、Google広告の効果は大きく変わってしまいます。そこで、キーワード設定にオススメの方法をご紹介します。

キーワードプランナーの使用

キーワードプランナーはGoogle提供しているサービスでGoogle広告を出す際にキーワードの検索ボリュームなどを詳しく調査することができるツールです。キーワードプランナーを使うと、狙いたいキーワードの検索需要を知ることができます。狙いたいキーワード以外にも需要のある関連キーワードを見つけることでき、設定したキーワードは集客効果が低いのか、高いのかを判断することができます。
さまざまなキーワードで自分のWEBサイト、ブログやホームページに集まる人を増やしたい、アクセス数を増やしたい、集客につながるキーワードを探したいといった方にオススメできる方法で、集客や売上に繋げて運用をしたいという方にとってキーワードプランナーをオススメします。
キーワードプランナーを使えば、集客につながる自分の考えたキーワード以外にも、一人ひとりのユーザーが実際に検索したデータをもとにたくさんの提案をしてくれます。

サーチコンソールの利用

サーチコンソールとはGoogleが提供するサイト解析サービスで、検索で表示される見え方、検索トラフィック(オーガニック検索)、Googleインデックス(インデックス登録状況)、クロール、セキュリティ、スパムなどさまざまな視点からサイトを管理することができ、サイトのパフォーマンスを向上することができます。
具体的には、ページのクリック数、クリック率、サイトの掲載順位、ユーザーが検索時に入力する単語を知ることができます。
これらのデータを知ることで、運営しているWEBサイトがGoogleからどのように認識されているのかを知ることができ、SEO対策やサイト改善へ繋げられます。また、Googleアナリティクスとサーチコンソールを連携させることもできます。

Goodkeywordの利用

Goodkeywordは、キーワード選定ツールという役割としてはGoogleキーワードプランナーとほとんど同じものですが、Goodkeywordは、Googleキーワードプランナーよりもキーワード検索に特化されたサービスで、キーワードのトレンドを知ることができるシンプルなものになっています。
また、キーワード検索で表示された際にGoogle、Bing、Yahooの検索エンジンからキーワードのトレンドを簡単にチェックすることができ、非常に扱いやすいサービスです。
Googleキーワードプランナーだけでは知りえない検索ワードを別の角度から調査することができます。

上手なGoogle広告の利用方法

Google広告の設定を、ステップを踏まえてご紹介しましたが、上手に活用していくにはどうしていけば良いのかご紹介します。
Google広告はキャンペーン、広告グループ、キーワードという構造によってできています。
キャンペーンが「塾」なら、広告グループが「〇×学習塾」といったPRしたい名称を設定し、キーワードで「塾 オススメ」「塾 東京」というように設定します。
これらの構造を、関連性を高めることで、広告としての役割が機能し、ユーザーが興味を引く広告を運営することができます。
Google広告には掲載順位というものがあり、掲載順位が上がると検索した広告が上位に表示されます。上位に表示された広告はクリック率が良く、集客に直結する可能性が高いです。Google広告の掲載順位は、広告が表示された回数、クリック率、キーワードとして設定した広告文が総合的に評価されます。
例えば、ユーザーが「塾について調べて表示された広告をクリックしたときに、料理教室の広告ページが表示されてしまった」ということが起こると、ページを閉じてしまいます。そうすると掲載順位を下げてしまいかねません。
広告を運営していくうちに、広告改善を行いたいので、設定を行ったキャンペーンを変更したいということも頻繁にあります。作成したキャンペーンは、管理画面から簡単に編集することができます。
キャンペーン名、ステータス、目標、地域、ネットワーク、言語、予算、入札単価、開始日と終了日の9つの内容を編集することができます。

まとめ

Google広告の特徴、設定方法、メリットやキーワード設定のサービスについてご紹介しました。
Google広告を使いこなすことで、PRしたい商品やサービスをリスティング広告やディスプレイ広告を出し、集客を見込める可能性をアップすることができ、キーワード検索のトレンドなどはキーワードプランナーやGoodkeywordを使って改善しましょう。掲載順位などが下がってきた場合には、キャンペーンと広告グループ、キーワードにしっかり関連性を持たせているかどうか、ユーザーにとってより良い広告かどうかを検討しておくことが大切です。
そして、Googleの経営方針である「ユーザーを最優先する」という前提から外れていては良い広告でもPR自体がうまくいかないこともありますので、これが前提にあるということをしっかりと認識した上で、これから広告を出すことの検討をオススメします。