営業が変わる!インバウンドマーケティングのやり方とメリット

インバウンドマーケティングはビジネスの成長に必要不可欠!

今や、ネットビジネス界において、当たり前のマーケティングとなっている、インバウンドマーケティング。
実はこれが、ビジネスを成長させるために、とても重要なマーケティングだということをご存知でしょうか。
今回は、このビジネスについて紹介していこうと思います。

インバウンドマーケティングとは

インバウンドマーケティングとは、自社のビジネスのターゲットになり得る人に対し、様々な有益な情報を提供する環境を作ることで、ターゲットが自社に興味を持ってもらえるようにするマーケティングです。

インバウンドマーケティングの特徴

インバウンドマーケティングの面白い点は何より、自分から相手に直接マーケティングを仕掛けないという点にあります。
例えば、ゴルフ関連の商品を取り扱う会社が、自社の商品を売るためには、まず自社の商品をたくさんの人に知ってもらわなくてはいけません。
商品の知名度がなければ、そもそも購入を検討してくれる人が現れないため、物を売るためには、宣伝を行う必要があります。
一昔前までは、テレビのCMやセールスの電話などを使って、ひたすら自社の商品を宣伝する必要がありましたが、これにはある欠点があります。
それは、自社のビジネスのターゲットになりえない相手にもマーケティングを仕掛けるということ。
ゴルフ関係の商品であれば、ゴルフに興味がある人でなければ、そもそも商品を宣伝 したところで、買ってくれる可能性はありません。
自宅で家事をこなす専業主婦や小さな子供に向けて、ゴルフ関係の商品を宣伝したところで、そもそも購入してくれる可能性は限りなく0に近いということです。
自社の商品を買ってもらうためには、自社の商品をたくさんの人に知ってもらうことが、利益を上げるための必須条件ではありますが、ターゲットになりえない相手に対しても、宣伝をしていては、時間やコストに無駄ができてしまいます。

インバウンドマーケティングは自社のビジネスのターゲットになる人を引き寄せる

そこで、インバウンドマーケティングの出番です。
自社のターゲットになり得る人が、自分から自社のことを知ってもらえるよう、ターゲットに対し、有益な情報を提供できる環境を用意しておくのです。
そうすることで、ターゲットになりえない人に対し宣伝を行う、無駄な時間やコストを削減することができるようになります。
一見、そんなことが現実的に可能なのかと、疑問に思う人も多くいるかもしれませんが、実はこのインバウンドマーケティング。
すでに、インターネットでビジネスをする人にとっては、当たり前のマーケティングであることにお気づきですか?
SEOにちなんだコンテンツを自社サイトにたくさん用意することで、ターゲットが自ら自社のホームページや商品を知りに来てくれるよう環境を整える。これがインバウンドマーケティングなのです。
一昔前とは異なり、今となっては、会社に留まることなく、ほとんどの人達がインターネットを当たり前に利用できる時代になりました。
そのため、人はいつでも自分が必要な情報を、ネットなどを通じて手に入れることができるようになったことをきっかけに、このようなマーケティングが成立するようになりました。
ユーザーがどのようなキーワードを使って、どんな情報を求めているのかを、明確に把握することで、有益な情報をターゲットへ提供し、信頼関係を築けるのが、このマーケティングの強みの1つだと考えられます。

顧客になり得るターゲットのニーズを明確に把握できる

インバウンドマーケティングを成功させるには、前提条件として、顧客に成り得るターゲットのニーズを明確に把握する必要があります。
ターゲットが求めているニーズを明確に把握し、有益な情報を用意しなければ、そもそもターゲットは、自社のホームページにたどり着くこともないのです。
自社の商品を自分で売り込めないからこそ、ターゲットのニーズを的確に把握する能力が求められます。
また、インバウンドマーケティングを通じて、ターゲットの分析ができるというのもメリットの1つです。
というのも、大量に用意したコンテンツの中で、どれが一番見られているのかを把握することができれば、今後どのように、力を入れればいいのかがわかるようになります。
ターゲットのニーズを把握しなければ、ビジネスそのものが成立しないスタイルだからこそ、ターゲットを細かく分析できるという特徴があるのです。

メディアの種類を上手に使い分ける重要性

インターネットビジネスの幅が広がっている今。
様々なメディアの特徴を把握したマーケティングを行うことが、ビジネスを大きく左右することをご存じですか。

動画を使ったマーケティング

自社のホームページに来た人に対し、いきなり商品紹介の動画を無理やり流せば、相手にストレスを与えてしまうことに繋がるため、自社の印象がマイナスになる恐れがあります。
SNSの場合はどうでしょう。
イラストも動画もない、文字だけのつぶやきは、あまり注意深く見られません。
ですが、動画を加えたSNSであれば、文章のみの情報の中で、強い存在感を放つことから、たくさんの人に見られるきっかけとなるのです。
ホームページでいきなり動画を流すのは、あまりおすすめできない動画ではありますが、SNSであれば積極的に使用することで、たくさんの人に宣伝することが可能になります。

イラストを使ったマーケティング

文章だけがただ書かれているホームページやSNSはあまり、面白くありません。
ですが、イラストを加えたコンテンツは、一目で自社が伝えたい内容を分かりやすく説明することができることができます。
SNSでは目立ちますし、ホームページの記事では、伝えたい文章のイメージをしてもらうことにも繋がります。
趣向を凝らすのであれば、自社の商品の4コマ漫画などをSNSでアップしてみるのもいいでしょう。商品の宣伝なのにも関わらず、楽しんでみてもらうことができますので、より効果的に商品を宣伝することができるようになります。
また、SNSでは簡単に面白い情報を周りの人と共有することができますので、高い広告費を出すことなく、自然に自社の情報があちこちに拡散され、宣伝されることに繋がるのも、一つの魅力です。

インバウンドマーケティングはホームページに留まらない

インバウンドマーケティングの基本は、自社のホームページにターゲットに対するコンテンツを充実させることでした。
ですが、インターネットビジネスが加速している今は、あらゆる方法がインバウンドマーケティングを成立させるのです。
自社のSNSを運用し、成長させていけば、それだけで随時、有益なターゲットに対し、自社が発したい情報を伝えることが可能です。
インターネットが復旧していない一昔前では、新商品を予約してもらうための事前告知や割引セールなどを瞬時に広めることは、難しかったのではないでしょうか。
ですが、SNSを利用すれば、広告費をかけることなく、瞬時にターゲットに有益な情報を発信することができるのです。
ブランディングが重要なビジネスにおいて、顧客との信頼関係を維持することは、ビジネスの生命線と言っても過言ではありません。
その点を、お金をかけることなく、クリアできるのは、継続してビジネスを成長させるという点において、大きなアドバンテージと言えるでしょう。
また、様々な商品や情報を取り扱えるビジネスをしているのであれば、自社のスマホアプリを開発し、自社の商品と有益な情報をいつでも、ターゲットが確認できるような環境を整えることも、合理的と言えるでしょう。

インバウンドマーケティングは今のネットビジネスでは当たり前になっている

さて、上記までの内容をみれば革新的なマーケティングに見えることでしょう。
ですが、このインバウンドマーケティング。言うまでもありませんが、今のインターネットビジネスでは、当たり前に行われていることです。
これだけのマーケティングが、今となっては会社だけにとどまらず、アフィリエイトを利用して利益を生み出す個人もが、当たり前に実践できているということは、とても素晴らしい事ではないでしょうか。

実は凄く効率的なインバウンドマーケティングが昔からあった

自社のホームページに有益なコンテンツを充実させることや、SNSを利用することは、現代ならではのマーケティングです。
ですが、これ以上にターゲットとの信頼関係を強く築きながら、ビジネスを進められるビジネスモデルがあることをご存知ですか。
それは、メルマガアフィリエイト。
アフィリエイトを取り入れたビジネスをしていない会社にとっては、馴染みのない単語かもしれません。
メルマガアフィリエイトとは、メールマガジンとステップメールを活用した、一つのビジネスモデルです。
ステップメールとは、メルマガを見てくれる人に対し、段階的にメールを送信できるシステムのこと。
つまり、登録後1日目、2日目、3日目に決まったメールを送信することができるのです。
これをゴルフのビジネスに取り入れた場合、以下のようなビジネスが可能になります。
ゴルフ関連の商品を取り扱う会社が自社のファンに対し、ゴルフを段階的に教えることができる。
1日目のメールには、ゴルフの基礎知識、2日目にはゴルフクラブの知識といった具合に、ステップメールを使いこなせば、ファンに対して、ゴルフ講座を用意することができるようになるのです。
これにより、ゴルフの腕が上がれば、自社とファンの間に強い信頼関係を作ることができます。
そのうえで、新しい新商品の宣伝を織り交ぜれば、効率的に自社のファンにマーケティングを仕掛けることが可能になります。
このメルマガアフィリエイト。実はあの与沢翼さんが実践していたという話は、ネットビジネス界では、当たり前の話。

インバウンドとアウトバウンドの魅力について

さて、ここで一昔前と今のマーケティングの違いを確認してみましょう。
一昔前:アウトバウンドマーケティング
現代:インバウンドマーケティング
一昔前のアウトバンドマーケティングとは、自社から人に対し、宣伝を行うマーケティングの事。
テレビCMやセールスの電話がこれに当たります。
対して、インバウンドマーケティングは、上記で紹介したマーケティングです。
一見、今の時代では、アウトバンドマーケティングよりインバウンドマーケティングの方が優れているのではないか。アウトバウンドマーケティングは時代遅れではないのかと疑問を抱えている人もいるでしょう。
ですが、ビジネスを大きく飛躍させるためには、この二種類のマーケティングを成長させることが重要だと私は考えます。
というのも、インバウンドとアウトバウンドには、それぞれ特徴があります。
インバウンドは、ターゲットを引き込むマーケティングであることから、確実性が高い反面。拡散力がアウトバウンドに比べ劣ります。
アウトバウンドは、ターゲットを細かく限定することなく、情報を発信することから、拡散力が高い反面。ターゲットを細かく絞らないため、コストや時間に無駄が生まれます。
このことから、ビジネスを飛躍的に成長させるには、以下のポイントを抑えることが重要だと私は考えます。
インバウンドでターゲットのニーズを明確に把握することで得た情報を活かして、アウトバウンドマーケティングで、たくさんの人に自社を宣伝する。
つまり、インバウンドとアウトバウンドの特徴を両方活かしながらビジネスを進めることで、リアルとネットの両方で自社の商品をより強く売り込むことができるようになるのです。

コンサルタントはこの二つのマーケティングをしっかりと意識することが大切

あなたが、会社の経営をサポートするお仕事をしているのであれば、この二つのマーケティングをしっかり意識したうえで、コンサルすることがとても重要です。
というのも、すでに自社の商品を売っている会社なのであれば、リアルとネットのいずれかでマーケティングをすでに行っているということです。
片方のマーケティングから得られた情報を、もう片方のマーケティングに活かすことが、会社のビジネスを効率よく成長させる方法に他なりません。
すでにネットを通じてインバウンドマーケティングを成立させているのであれば、自社の商品をどのように宣伝すれば、ターゲットの心を掴めるのか把握しているということになります。
そのため、アウトバウンドのマーケティングを行うことで、より広く自社の商品を宣伝することができるようになります。
逆にアウトバウンドの経営がうまくいかない会社であれば、インバウンドの戦略を取り入れてもらうことで、費用を抑えることが可能です。
同時に、インバウンドで得たターゲットの情報を、すでに実践しているアウトバンドに反映させることができるようになります。
相手の会社を成長させることで、利益を得るコンサルタントであれば、この両方を熟知したうえで、ビジネスをサポートすることがいかに重要か理解していただけると思います。

個人営業のお店のインバウンドコンサルをアウトバウンドに役立てる

例えば、地元で陶芸や農業をやっている人を相手にホームページを作り、ビジネスを広げませんかと提案したとしましょう。
ネットビジネスを成立させることで、全国にその人の商品を販売することは、具体的にどのような人に需要があるのか把握することに繋がります。
そこで得た情報を元に、地元の販売先を広げることや、新たな商品開発に広げることが可能になります。
ただホームページを作るだけでなく、このように二つのマーケティングを使いこなすコンサルをすることで、新たな可能性を提示することができるようになると私は考えます。
このような提案のやり方は、すでにアウトバウンドマーケティングを行っているからこそ、やりやすく実現できることなのではないでしょうか。
webコンサルタントは、ネットビジネスを通じながら、リアルのビジネスを支えることに力を入れることが大切だということです。
一つ一つの会社と強い関係を築くことができれば、あなたのコンサルビジネスも大きく成長させることができるでしょう。

インバウンドビジネスは革命的なマーケティング

インターネットが普及していない一昔前から考えると、自社にとって有益なターゲットが自ら来てくれるマーケティングなんて、想像できなかったのではないでしょうか。
自社からひたすら売り込みをかけなければいけない世界に、このような革新的なマーケティングが生まれたのは、ある意味革命と言っても間違いないかもしれません。

インバウンドマーケティングは自社のビジネスを見直すことに繋がる

インバウンドマーケティングはターゲットを把握することに特化したマーケティングであることから、自社のマーケティングを見直すとともに、ビジネスを成長させるきっかけとなるマーケティングなのではないでしょうか。